モバイルTカードと、電子マネーの話

 モバイルTカードのほうがポイントが高くなる店があった。出かける前にその店の情報を見ていたので、呼び出しやすいように、その店のアプリからモバイルTカードをクリックできるようにしたら「本人確認のためナビダイヤルに登録番号から電話をしてください」とのこと。

 わたしはナビダイヤルというのが苦手で、なぜ個々人が登録しているであろう電話代の定額プランや割引の対象にしてくれないのかと不満だ。わたしは10分以内に電話を切れば通話無料というプランだが、ナビダイヤルは通話が1分でも数十円の料金がかかる。

 ——まあ、その話は本質ではないので、つづきを書くとしよう。

 店のアプリからモバイルTカード情報が呼び出せるようになったわけだが、もともとモバイルTカードアプリはインストールしてあるほか、PayPay画面からも呼べるようになっている。

 まさかと思い、その二つを見ると、なんとどちらも「ナビダイヤルで本人確認をしてください」だそうだ。モバイルTカード公式アプリは、番号だけは表示されていて一部のメニューさえ押さなければ使えるのだが、PayPayからは電話をかけて認証が必要という。

 同じ端末の中にモバイルTカードのアプリ(公式アプリひとつと、Tカード情報呼び出しアプリがふたつ)がはいっていて、もしそれらをスムーズに使いたかったら3回電話をしろだとーっ。許せん〜。
 …ということで、電話はしないことにした。会員バーコードさえわかればいいなら公式アプリを別に立ち上げておいて、支払時に見せればよいのだから。

 さて、今日の目撃。電子マネーについて。

 現金、ごく一部のクレジットカード、PayPayしか使えない店が近所にある。いちおうチェーン店だが、チェーンすべてがその方針らしいと聞いている。

 若い女性が、レジで支払いをしようとしてクレジットカードを出した。店員さんが「○○カード以外は、使えないのです。ほかは現金か、PayPayだけです」と言うと、女性は絶句して、財布の中をちらっと見てから、「じゃあ、いいです」と、レジに商品をおいたまま帰った。店員さんは謝っていた。

 たしかに若い世代では、支払いが現金かPayPayのみと言われたら、困る人もいるかと思う。以前に聞いた話では、若い世代はLinePay利用者が多く、年齢層が上がるに従って楽天PayとPayPayが増えるのだとか。

 電子マネーやカードに何種類も対応するのは店としてたいへんと思うが(手数料だけを考えても)、取り扱いカードを増やすことが無理ならば、せめてQRコード系でもうひとつくらい用意してあげたらどうだろうかと、そんな風に考えた。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください