Instagramのフィードを貼りたい人へ

 昨日の記事にも追記したが、英語のサービスで無料のものを見つけたので、そのうちひとつをご紹介する。

 ○ Instagramについては、貼りつけられるのは、自分のタイムラインか、ハッシュタグ。
 ○ 無料版は、1日1回の更新なので、載せたものをすぐウェブにも表示させたいという人には不向き。
 ○ WordPressならばプラグインがあるので、それらを使えば楽らしい。このサービスは不要。

 サイトは、こちら → juicer.io

 まず、アカウントを作る。SNS経由でも、メールアドレス登録でも、お好きな方法で。

juicer.io 登録画面

 アカウントをとると、メールで「本人に間違いないですか」という確認がくるので、クリック。
 そのあとは「どのプラットフォームを使いたいですか」と尋ねられる。参考画面はたまたまキャプチャしたものなので、実際にはもうちょっと選べる(Vimeoとか、Pinterestなどを入れて10くらい)。ただ、選べる候補が多くても、無料の人はふたつまでしか利用できない。
 今回は迷わずInstagram Usernameを選択。

juicer.io 設定できるメディア

 このとき気をつけないといけないのは、そのjuicer.ioにログインしているブラウザが普段からログインしているInstagramアカウントに反応し「このアカウントですね」と、候補を出してくること。ほかにもアカウントがある場合は、いったんそのブラウザではInstagramからログアウトしておいて、好みのアカウントでログインし直しておく。
(翌日追加: パソコンのブラウザ上からInstagramのアカウントを切り替える件については、姉妹サイト → mikimarcheにも記載)

 もし、普段はスマホ上の切替メニューで使っているなどの理由で、メインアカウントと別アカウントにそれぞれのパスワードがない場合は、別アカウントを見ているときのスマホ画面で、パスワード設定というメニューを選び、そのアカウント専用のパスワードを作成しておく。
 そこまでできたら、juicer.ioを見ているブラウザ(Instagramを設定しようとしているブラウザ)において、そのInstagramアカウントでログインしておく。

 するとInstagram Usernameを設定しようとしたときに、ブラウザでログインしているアカウントを見たjuicer.ioのほうから「これこれのアカウントですね」と聞いてくるので、続行。

 タイルのように写真だけ貼りつけるのが好みか、くるくるまわっていくウィジェットのようなものがよいかを、設定画面で選び…
 juicer.io 設定画面
 embedのメニューからHTMLコードをコピーしてきて、好きなウェブサイトに貼りつける、それで終了。

 ただ、これはどこででも動くかというと、場所によっては、そうでもない。スクリプトを貼りつけても動いてくれるレンタルサーバなどで可能。
 

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください