そういえばFacebook主導の通貨

 リブラという名前で仮想通貨を発行すると予定されていたFacebookだが、つい最近のニュースによれば、Diemという名前になったらしい。
 だが、わたしが以前に想像していた「Facebook内でちょっとした用途のカネを投げ合う」的なものではなく、おそらくもっと大々的なものなのになるのだろう。

 Bitcoinもそうだったが、最初の最初、その後の価値が見通せない段階で通貨を入手した人は、もしかしたら大金持ちなのか、あるいは初期のころに手放してしまったのか——そんな、考えても仕方ないことを、あれこれ考えてしまう。

 ネット上で仲間内の銭投げツールとして使える程度ならば参加したいが、大がかりなものであれば、おそらく手は出さないかと思う。日本国内ならPayPayで送金ができるが、外国が相手だとそれも難しいので、財布代わりにできるようなサービスが何か登場してくれるとよいとは思うが。

 さて、もうひとつ。いつ実現するかはわからないが、ずっと楽しみにしているのが、Apple Cardだ。Apple Payではなくて、名前が書いてある程度のクレジットカード。アメリカでは1年以上前から使っている人がいるらしい。
 デザインがかっこよい。本人の名前、リンゴのマーク程度で、あとはほとんど何もないらしい。もっとも、iPhoneなどにアプリとして入れて、カードはおまけという扱いらしいが、それにしても、すばらしい。

 日本にはいってくるのが遅れているうちに、セゾンカードが「セゾンカードデジタル」とかいう、見た目が似たコンセプトのものを出してしまった。

 Apple Cardがほしい。たんに「ほしい」だけだが。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください