ユリ・ゲラーが小説を書いていた

 昨日たまたまある本を読んでいたら、ユリ・ゲラーは4作ほど小説を書いたことがあり、処女作のEllaはそこそこ売れたらしいという話が載っていた。

 Kindle版はUnlimitedで0円、購入で300円らしい。いちおうUnlimitedの枠が残っているので、ダウンロードしてみた。まだ冒頭のみしか読んでいない。

 ユリ・ゲラーといえばスプーン曲げ。そして初期はスプーン曲げの人だったのに、いつしかリモート・ビューイングもできますよやら、日本の宜保愛子と一緒に外国ロケをするやら、さまざまな展開でお茶の間を楽しませてくれた。そして昨年(2020年)だったかと思うが、ポケモンに出てくるモンスター「ユンゲラー」がスプーンを持っていることから、自分を揶揄または侮辱されたと考え、米国で任天堂に対して訴訟を起こした(という過去があった)ことが、話題になったことでも知られている。

(翌日注: 起こしていた訴訟を取り下げて話題になったのが2020年。以下のTweetがそのときの表明)

 自分個人としては、氏の当時の活動で損害を受けていないが、あの超能力ブームのころに多感な時期を過ごした方々は、少しは影響を受けている人もいるはずである。そしてあのころは、つのだじろう著「うしろの百太郎」などもあり、心霊がどうの、超能力がどうのということは、たいへんな話題になっていた。
 そういう意味では、氏が社会に何らかの好ましからざる影響を与えたのではと問われれば、自分にさほど認識がなくとも、それはありうると答えるべきなのだろう。

 さて、ひとまず、小説を読んでみるとしよう。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください