2019年の映画「マッドハウス(原題: 1BR)」

 家族が映画を録画したというので、昨日はこれを見てみた。日本では2020年夏に公開されたらしい。

 わたしは「怖い」とか、いわゆる「ホラー」なものには目がないのだが、これはひたすら「気持ちが悪い」系である。内部で描かれる暴力は、理不尽を通り越し、これを映像化しようと考えた人たちにかすかな怒りを覚えるほど(つまり「これを見させられてろくなオチでもなかったら金返せレベルだ」という、憤慨すれすれ)のものだった。

 主人公の女性はある大きな共同住宅に空室ができたということで、見学にやってきた。当日の訪問客は多く、抽選の倍率は高そうに感じたが、女性は無事に選ばれて、住めることになった。
 だがその家は、住んだら二度と出られないものだった——

 いちおう、見終えたが、カタルシスのようなものはないし、中盤まであれだけ暴力描写がひどかった割には、主人公の内面的な葛藤や、周囲の人々の掘り下げも足らず、何やら中途半端な印象だった。

 見終わったあとで検索してみたところ、かつてアメリカで活動していたカルト「シナノン」(スペルは Synanon)を元ネタとして使っているのだそうだ。
 その団体はもともと薬物乱用など何らかの中毒になっている人々を社会復帰させるとの触れ込みで、リハビリテーションとして人を集めていた。のちに宗教団体となったが、だんだんと行為がエスカレートし、殺人未遂ほかが発覚。最終的には「犯罪集団として認定されたので宗教団体の免除が受けられなくなり、金銭的な理由で解散」ということになったようだ。日本語Wikipediaは見あたらなかったが、英語版はこちら

 ゴールデンウィーク中は、もう少し、明るい映画が見たい。ほかも探してみよう。

 ちなみに原題の1BR(ワンビーアール)とは、寝室がひとつの間取りということ。だが日本の感覚の1DKとは異なる。寝室がひとつでも、台所やそれ以外の部屋がある。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください