ノルウェーの景色を楽しむはずだった

 Netflixで、「ラグナロク」というノルウェー発ドラマがシーズン2からおもしろくなった。すっかり影響され「あ〜、景色いいなー」、「やっぱ夏に出かけたら、白夜なんだろうな」などなど、どうせこのご時世で海外旅行は無理とわかっていたものの、なんとなくノルウェーの観光情報サイトを眺めていた。

 美しい景色の画像を楽しみ、観光スポットの説明を読んでいたわたしの目の前に、そこでとんでもない文章が現れた。

お土産には、ムンクの叫びチョコも人気です」

 …ムンクの叫びチョコ!?

 あの、ムンクの叫びといえば、映画スクリームのシリーズに出てくる被り物のモデルなのだろうと思うが、まさかチョコまであったとは。

 検索すると、以前に日本の通販サイトでも、氷やチョコレートを作るとあの細長い顔をかたどったものが出来るシリコン型の輸入品があったようだ。グラスに飲み物を入れて、あの顔の氷をたくさん入れたり、チョコレートを作って人にプレゼントをするなどのおすすめ写真が、通販サイトに掲載されていた。

 すごいな、あれはさすがに外国では「ムンクの叫び型」とは呼んでいないようだが(Fredというブランドの “Ice Screams Ice Tray” という商品名)、日本語では通称「ムンクの叫び型」で、じゅうぶん通じる。

 これらの単語でGoogleにつづきTwitterでも検索したところ、2019年にエポック社さんが発売したカプセルトイの試作品が登場。

 ちなみに右上に見えるのは、ムンクの叫びではなく、ラッコとのこと。

 エポック社さん、なかなかのセンスである。

 ここまで書いていて「景色を見るはずが、スクリームのお面検索で終わってしまった」との思いがある。ちょっと残念だが、まあ、気を取り直して明日また調べよう。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください