世の中にはいろいろ「悲劇」があるが

 今日「ルンバの悲劇」という言葉を目にして、検索してみた。ルンバとは、家の掃除ロボットの商標だ。

 すると2019年ころの外国の例がヒットした。ルンバで掃除中の部屋と、ペットがいる部屋をドアで仕切っておかないと、粗相したものをゴミと見なしてルンバが床に塗りまくるのだそうだ。
 だが、ドアを閉めていてもペットによっては自由に開けられる場合もあるので(ドアノブに前足が届く犬など)、なかなか根本的な対策にならない場合もあるのだとか。

 今年になってからの話題では、ルンバのほうがゴミと犬の糞を見分けられるようになったという新機能のお知らせもあるようだが、一般的に、人が新商品に買い替えるまで何年もかかるものなので、しばらく「ルンバの悲劇」に注意かもしれない。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください