謙虚な店主の店

 昔気質(むかしかたぎ)で、職人であり経営者といった人物がいる店がある。口にしなくてもわかる、味がよければ客に通じるといった人柄がにじみ出て好ましく思うのと同時に、「いまの世の中、法螺話すれすれの表現で宣伝する店が増えているのだが、こういった昔ながらの店主はそういった店に太刀打ちできるのか」と、心配になってしまうこともある。

 つい数日前、話しかけても「うちなんぞは普通の店で」、「たいしたことはありませんが」という謙虚すぎる店主に出会った。何十年もその場で商いをしているのだから、まさか人見知りということはないだろう。おそらくわたしが馴染み扱いされていない(わたしに対しては言葉数が少ない)ということなのだ。

 ネットで宣伝もしていない、電子マネーも使えないといった店は、今後は難しいかと思うが、そういう店があるうちは、わたしは探し出して買い物してみたいと思っている。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください