ベニグノ・アキノ氏のニュースに、どきり

 日本では歌舞伎など伝統芸能の面で「襲名」があるが、外国では親子(とくに父から息子)が同じ姓名を引き継ぐ場合がある。通称のレベルでは、姓名ののあとにシニア、ジュニアなどをつけて、親子であって同一人物ではないことを周囲にわかってもらうことが可能だし、姓名の変更システムが日本ほどガチガチに固まっていないアメリカでは、おそらくジュニアやシニアを正式に名前の一部としている人もいるのだろう。

 たとえばフランスの名著「三銃士」の作者「アレクサンドル・デュマ」の息子であり作家は、「アレクサンドル・デュマ・フィス」だが、フィスは息子という意味である。

 さて、今日は驚くことがあった。フィリピンのベニグノ・アキノ前大統領死去のニュースだが、最初にネットで見たとき「それって80年代にお亡くなりになっている人だ。しかも政治家ではあったが大統領ではなかった」と頭が混乱した。見なかったことにしようと思ったら、数時間後に家族が「ベニグノ・アキノが亡くなった」と、今度はすぐ近くで言った。
 いや、待て。ベニグノ・アキノは80年代に殺害されたはずだ。その死を悲しみ、悪政に我慢がならなくなった国民が、数年後にマラカニアン宮殿に大挙してマルコス夫妻を追い出すきっかけとなったのだ。

 そうだ。それはぜったいに記憶違いではない。その後に妻のコラソン・アキノが大統領になり…えっ、じゃあ、亡くなったベニグノ・アキノさんというのは、どういう血縁関係なのか!?

 …検索してみると、息子さんだったらしい。

 同じ名前だと気づいておらず、かなり混乱した。正式にはベニグノ・シメオン・コファンコ・アキノ3世という伯母前で、80年代に殺害された政治家の父は、正式には “ニノイ”ベニグノ・シメオン・アキノ・ジュニア(ニノイは通称)さんであるとのこと。

 東京に暮らしながら、高校時代まではさして関心が高くなかった時事問題に少しずつ親しむようになっていた時期と、テレビのニュースでベニグノ・アキノ氏暗殺(最初は暗殺とは断言されておらず、フィリピン政府としては空港職員を装った一部の人間による犯罪としていた)を知り、のちにマルコス政権が終わっていくまでの数年間は、ちょうど一致していた。
 わたしにとって、ニュースでもドラマでも自分ひとりでテレビのチャンネルを選べるようになった時期だ。そのころ関心を持った大きな時事問題ということで、ベニグノ・アキノ暗殺については、かなりの情報がいまも頭に残っている。

 だが、コラソン・アキノの時代から少しずつ関心が薄れてしまった。さらに、数年前まで大統領をしていたというベニグノ・アキノ3世については、名前が父親と同じだということも気づかずにいた。

 名前が同じ親と間違えて混乱するのは、わたしのように一部の人間かもしれないが、今後もこういうことは、起こるのだろう。

(ベニグノ・アキノ3世氏のご冥福をお祈りします)

ある行方不明事件のこと

 今日、あるきっかけで「失踪事件」という単語を検索していた。すると、日本の失踪事件を紹介したサイトがあった。見ているうちに「あれ、この事件はいつ解決したのか…?」と、驚いたのが、1996年に発生した坪野鉱泉の行方不明事件だ。テレビや活字でも話題になっていて、よく覚えていた。

 それは19歳女性ふたりが、夜に「肝試しに行く」と言い残して車で出かけ、車も本人たちも発見されないまま、20年以上が経過していた富山の事件である。坪野鉱泉に出かけた可能性が高いということで、坪野鉱泉の行方不明事件と、呼ばれてきた。それが2020年に、乗っていた車が富山湾の海中で発見され、車内には人骨があったという。

 文春オンライン 2020.04.11 心霊スポットに出掛けた“少女2人”が謎の失踪……伝説の廃墟・坪野鉱泉を巡る「神隠し事件」24年目の真実

 これがもし事実ならば、とても憤ろしい話だ。男3人が富山湾で駐車中の女性ふたりに声をかけた。それを疎ましく思ったか恐怖を感じたのかは不明だが、女性たちの車は後方に進んで、海に転落したという。それを誰も通報しなかったのだ。
 その証言の通りであるならば、すぐ救助を呼んでいればたすかったかもしれない。それをせずに20年以上も黙っているというのは、それ以上に何かあった(車が落ちた原因にもっと深く関わっていたか、そもそも話に虚飾が含まれていた)可能性も、捨てきれない。

 しかも、事情を知っていそうな男3人を特定してから話を引き出すまでに、県警がかけた時間というのが年単位で、あまりに長すぎる。

 これでは、見殺しにされた被害者は浮かばれない。ご家族もさぞ無念だろう。

訃報: 松山樹子氏

 98歳でいらしたという松山樹子氏。松山バレエ団の創設者で、日本のバレエ界の草分け的な存在だった。

 2021.05.22 朝日新聞 日本バレリーナの草分け松山樹子さん死去 松山バレエ団

 わたしがバレエを見ていた時期(80年代後半から90年代前半)は、松山バレエ団が自主公演を年に数回もおこなっていた黄金期だったのではないかと思われる。あのころ購入するパンフレットにはいつも松山氏と、夫であり同じく創設者の清水正夫氏のお姿があった。

 松山樹子氏の、ご冥福をお祈りします。

 

 

ヘビの行方不明事件といえば

 毎日たくさんの人が探しているという横浜市戸塚区のヘビだが、どうなるのだろう。ヘビの気持ちになってみると、なんとも哀れだ。日本に連れてこられて、狭いところで飼われて、逃げ出したら何十人体制(最初は10人だったらしいが)で、日々追いかけられている。どこにいるのだろう。

 住民の方はとても心配だろうし、わたしもまた自宅近くに大きな生き物がいると言われたら落ち着かない気分になるのだろうとは思うが——。ついつい、ヘビについても、気の毒だと考えてしまう。

 そういえば、1990年に青森のデパートで爬虫類展からいなくなったニシキヘビを、木村藤子さんという方が場所を言い当てて見つけたという話を聞いている。それまでは地元でのみ(占いや霊能力で)有名だった木村さんは、その後は全国的に知られるようになったのだそうだが…そのとき、ヘビはどこにいたのか。

 検索したら、いなくなった場所から近い駐車場にいたようだと書いている人がいた(これは「木村藤子 ヘビ どこにいた」で検索したら上のほうに出てきたので、よろしかったら検索を)。
 今回の件で、ネットでは「木村さんに聞けば」と書いている人もいるようだが、当時の木村さんの言葉は(書いてあることが実際にものであればだが)かなり常識的だ。「遠くには行っていない、車が動くと怖がって出てこない」というのは、人生経験のある人の推察としては、「あり」なのではないかと思う。

 やはり、今回のヘビも、「近い場所」にいるのではないかという気がする。警察や関係者が、元飼い主(現在は引っ越して別の爬虫類らも譲渡済み)の自宅のあった建物を、何度も捜索したというのは、かなり妥当と思われる。残念ながら発見には至っていないわけだが、動けば目立つ大きさであるため、近くにいるのではないだろうか。

 行方不明のヘビが早く見つかりますように。

生活必需品は、人によって違う

 25日からの緊急事態宣言では、東京都は大規模な場所(たとえば百貨店など)では食品と生活必需品以外の売り場を「休業要請」し、広くない場所(たとえば小売店など)では、同様の業種に「協力を依頼」するのだそうだ。

 だが、不思議なのは、こちら。読売新聞の記事によれば… 2021.04.24 → 「古書店」は対象で「書店」は対象外?…休業要請「線引きわかりにくい」

 混雑するしないで考えれば、どちらの店も空いている。あちこちの娯楽が利用できなくなれば書店が混雑する可能性も否めないが、それにしてもたかがしれている。その上、新刊を売る店と古書を売る店で休業のお願いを出すかどうかに差があるのは、納得がいかない。

 そもそも、生活必需品とは、なんなのだろう。なければ困るものは、人によって違う。線引きは難しいはずだ。
 まずもって肝心なこととして、できるだけ人々に自宅にいてほしいということであれば、最低限の食品や生活に直結する物資を、買い物弱者(たとえば高齢者のみの世帯)に、公的な機関からの依頼で配達ができるシステムを構築しておかないと、弱者はなおのこと不便になるばかりだ。だがどうも話の流れが、「好き勝手に歩きまわらせない、娯楽や楽しみはあきらめてもらいたい」といった、日々のうるおいを奪う方向でばかり検討されているように、感じられてならない。

 この1年、国や自治体、とくに東京のような大都市は、何をしてきたのだろう。何か少しでも対策で前進しただろうか。自粛をお願いしてもだめだった、だからもっと厳しく「要請」すると、そんなことのくり返しだ。現状について、一般人が悪いとでもいうのだろうか。

 昨夏にいったん落ちついたかに見えたコロナ禍が、初秋からぶり返す気配を見せたとき、GoToトラベルだGoToイートだとやっていた、そのツケが一般人をずっと圧迫しつづけている。そして最近はオリンピック聖火リレーだ。オリンピックのムードを盛り上げるために、緊急事態宣言を(首都圏で)取りやめてから、1ヶ月でこの騒ぎ。

 それなのに、オリンピックをやめるとは、政府も関係者も、誰も言わない。
 どうかしているとしか、思えない。

贋作版画の件

 何週間か前から、デパートの公式サイトを見ると、目立つところに「贋作版画の問題に関する対応」といった表現が見られることがあり、いったいなんの話だろうと思っていた。

 大阪の「かとう美術」という会社が、不正な手段で版画を販売していたようだ。

 2021.04.16 asahi.com 偽版画が流通した問題で告発状 美術商団体の調査委

 不正な手段と書いたが、つまり、権利を持つ人の許可を得ていない作品ではあるが、正規の仕事を受け持った経験のある腕のよい職人に頼んだので、真贋の見分けがつきにくい出来ということだそうだ。発覚のきっかけは、目利きの人が違和感を覚え、高名な作家3氏の作品の流通枚数が不自然に多いと疑問を持ったことだったという。 →
デイリー新潮 2021.02.12 大手百貨店が“贋作”美術品を販売 制作者「画商でも99%は本物と間違える」

 それにしても、版画というのは、これほど高いものだったのか。
 まったく知らない世界で、驚いてしまった。

 

10年前の、あの日

 何を書いたらいいのかわからないと、毎年この日には悩む。ここで無理に書かないときは、Facebook等で、言葉少なに、苦しさや悲しさをつぶやいてきたようだ。

 心が乱れる。10年目ということもあってか、以前なら数日前と当日にネットやテレビで話題が出ていた記憶だが、今年は1週間くらい前から特集がはじまっていた。気持ちがざわざわと、落ちつきがなく、この数日はおろおろしてしまうことがあった。

 このブログで東日本大震災で検索をかけても、そういう名前を使うようになるまでにタイムラグがあったため、初期の数日間については引っかからなかった。

 これは、当日の分。

東北地方太平洋沖地震(追記あり)

 この日は、ブログを「ですます」調で書いていた。このブログにしてから10年以上で、おそらく数回しかない「ですます」だろう。

 あの日から、電気炊飯器を使わなくなった。
 あの日がきっかけになって、義父の寿命は、おそらく縮まった。
 いろいろなことが、あの日につながっている。

 事前の情報が多かったから今年はとくに気持ちが乱れたのか、あるいは、年齢を重ねるにつれて、あの日の重みが増してきているのか。どちらなのかはわからない。

 あの年の夏を最後に、東北方向への新幹線に乗っていない。
 次に利用するときは、明るい気分になっていられるようにと、願っている。

エスカレーターを歩かない条例、埼玉県議会で可決

 これはちょっと、今後のなりゆきに興味がある → 東京新聞 2021.03.08 全国初の「エスカレーターを歩かない条例」案 埼玉県議会が可決へ 

 エスカレーターの片側を開けて乗る習慣をつけることで、エスカレーターが壊れやすくなったり、どちらかの側にしか立てない(逆の側では手すりにつかまれない)立場の人が、とても怖い思いをしているという話を、聞いたことがある。

 さらに、これは個人的に思うのだが、どちらか側に乗りたいと希望することでエスカレーターの手前に人の停滞する時間が発生し、けっきょく利用者全体の利用時間としては、長くなることはないのだろうか。もし多くの人が両側に立って動かず乗ったら、その人たちは同じスピードで移動できる。だが歩く側に立つ人を作るために歩かない側に並ぶ人が出れば、その人たちは少なくとも遅くなる。そして歩く側の人は、場合によってはプレッシャーを感じて「走る」に近い状態になるかもしれず、危険性が増す。いいことがあまりない。

 ただ、こうした問題は、自治体の条例がひとつできたからということでは変化に直接は結びつかず、同時発生的にほかの自治体の追随があるか、またはエスカレーターを有している駅や大手商業施設などが人員を配置してでも、声かけを長期間(数ヶ月以上)つづけるなどの努力が必要なのではと思う。

 実は、これまで何度か「歩かない方がいい」と考えてきたというのに、両側に立つ度胸がない。交通機関の場合は、とくにだ。デパートなど商業施設では好きな側に乗っているが(ごくまれに何で立っているんだという顔をされることもあるものの)、駅では人がかなり多く、殺伐としているので、怖くてできない。

 この件の、今後に注目。

マイナンバーカード普及率

 今月頭の段階で、マイナンバーカードの全国普及率は26%だと読んだが → NHK 2021.03.07 マイナンバーカード 健康保険証としても利用可に 本格運用へ

 去年の1年間でだいぶ増えたらしいとはいえ、まだ3割に届かず。

 普及のための予算のかけ方が、気になる。半端な金額ではない。さらに、中にはカードとしては使わないがマイナポイントのために取得するという人もいるらしく、そのポイントの原資が税金であることを思うと、気持ちがもやもやする。GoToトラベル/イートなどに通じる「もやもや」である。

 わたしは写真付きの身分証明書が手元にない関係で、いつかは取得せねばならないかと思っていたものの、今年の頭に別の事情が生じて、予想していたよりも早く、取得することになった。
 申請から3週間で連絡がきて、受け取りの予約をするまでに(電話が通じるまでに)時間がかかったため、申請して実際に手にするまでが、だいたい5週間という計算になる。

 申請はスマホでおこなった。郵送だともう少しかかるのだろう。

ぼちぼち、1年か

 去年は2月の中旬くらいから「ほんとうにマスクなどが店頭にないな」と、少しずつ焦りが出ていた。別件で買ってあった無水エタノールを精製水で割れば消毒に使えるので、エタノールについてはそれほど心配していなかったが、とにかくマスク。

 まだ、ハンカチにキッチンペーパーを挟んで使う人もほとんどいなかった。それは3月や4月になってから一般的になったように記憶している。

 SNSに載せた写真を見ていたら、去年の2月末に「アルコールにも使えるスプレーボトルが1個買えた」と、うれしそうに書いていた。そうだった。そのときは偶然に1本買えたが、その後は何ヶ月も同製品は見かけなかったと思う。
 そのとき買ったボトルをくり返し使っているが、ねんのためにもう1本買っておいて、まだ手元にある。

 あのころは、買い占めということはしなかった(できなかった)が、なんだか店に行くたびにマスクや紙類の商品棚を見るのが、習慣になってしまった。ないとわかっていても目が行ってしまったものだ。

 マスクは、かなり高い時期に50枚入りをネットで1箱、その後、やや高い時期にもう1箱。その後は国産の商品(シャープなど)の抽選販売、チャリティを兼ねた商品(おすそわけしマスク)の購入、そして値段が落ちついてきてからのものを何種類か購入して、現在に至る。

 この1年で、いろいろなことが変わった。マスクやアルコール製品の流通は潤沢になったが、人と会って話すことがなくなったし、気軽に「会おうよ」とも声を掛けづらくなった。