ある意味で「忠臣蔵」な、米アカデミー賞

 俳優ウィル・スミスがアカデミー賞の発表の場でプレゼンターを平手打ち。直後から「あーこれは忠臣蔵になるか」と思ったのだが、1日様子を見ていたかぎりでは、実際にそうなってきたようだ。

 きっかけを作った側(浅野内匠頭は吉良上野介に粗末に扱われていたという説がある)に、手を出した側が罰せられる。それを我慢できない家臣らが敵討ちに出る。そして討ち入りののち、赤穂浪士らは切腹を命じられる——というものだ。

 プレゼンターをしていたクリス・ロックというコメディアンがどういう人物か、アドリブであんなきわどいジョークを言うほどウィル・スミスと親しかったのか、あるいは逆に仲が悪かったのか、そのあたりはわからない。わざわざ本番で出す意義があったとも思えず、むしろリスクが高いと考えなかったのは残念だ。

 だが、カメラがクリス・ロックを向いているあいだに、ウィル・スミスの側には、大きな気持ちの変遷と葛藤があったものと想像する。ジョークの瞬間、ウィル・スミスはそれを周囲の流れに合わせて笑おうとしたように見えた。だが隣のジェイダ・ピンケット・スミスはまったく笑っていなかった。おそらく彼は妻の表情を見て、これは何か言っておかねばと思ったのだろう(←そのときカメラはクリス・ロックを向いていたので詳細は不明)。

 そして彼は言葉よりも、思いあまったのか、手を出してしまった。

 赤穂浪士の討ち入りを、主君の仇として吉良上野介を討ち取ったと喝采する描き方は古くからある。そういう描き方をするテレビ番組等を、わたしは子供のころから見てきた。だが、実際に浅野内匠頭と吉良上野介のあいだに何があったのか公的な資料が残っていない以上、切りつけた方を罰するのは、妥当なことのように思える。もし、吉良の側にも落ち度はあったはずなので罰せよと願うならば、吉良家への討ち入りではなく、それを問題としなかった側にこそ刃を向けるのが一般的な考え方だ。

 結果として「屋敷を大勢で夜間に襲い、相手の側は死傷者多数で自分たちは負傷数名のみ」というのは、異常な事件である。これをもてはやす描き方には、わたしは賛成できない。

 さて、今回の件で「クリス・ロックにも罰を」というご意見があるようだ。
 これはアカデミー賞側に言っていただきたい。

 またアカデミー賞側にも、ひと言。
 当日すぐに、その場で「授賞式をいったん中断します」などの対応がとれなかったことで、傷を大きくしているように感じる。あれは大事件である。世界中の人々が、とくに日本時間のように昼間だった地域では生中継で見ていたというのに、生放送で有名人が人を殴り、ののしりの言葉を叫んだことは、かなりの問題だ。あれでよく、いったん普通に授賞式を終えたものだと思ってしまう。せめてウィル・スミスの該当する賞だけでも「この賞の発表だけはのちほど」と言えなかったことは、ことの重大性よりも「予定を優先」させた人がいるということになり、今後の賞のあり方に疑問を投げかけ、禍根を残すことになるだろう。

成人年齢の引き下げ

 生まれてこの方「成人は二十歳(はたち)以降」が変わるという想像はしていなかったため、選挙権などではそれが特例のように考えてしまっていた。だがまもなく4月から、飲酒や喫煙など一部を除き、多くが「18歳から成人」という扱いになる。

 これまで「二十歳」と考えてきた人たちにとって、たとえば親族間の取り決めで「現在○○歳のこの子供が成人になったときに、これこれがおこなわれる…」と念書など交わしていた場合は、どういうことになるのだろうか。もめそうである。それにからんだ調停や裁判が、増えるかもしれない。

 今回の成人年齢引き下げは、国にとってはとれる税金が増えるというメリットがあるだろうが、対象年齢の方々(18歳、19歳、つい最近まで19歳で成人になったばかりの層)が大量に増えることで、当事者や周囲にとって、しばらくは戸惑いや混乱があるかと思う。

東電と経産省に見る危機管理

 関東地方(東電管内)の深刻な電力逼迫だが、1時間に1回程度「でんき予報」を見ていて、おや…と思ったことがある。

 まず午前11時から午後1時くらいまでのあいだ、電力の使用が上限を超えて103〜107%と表示されていたこと。数字の調整が間に合わずに仕方ない状況であったかとは思うが、供給能力の100%を超えて表示させるのは、意味が通らない(←夜になって正式に「実際には100%は超えていなかった」旨のコメントが経産省の資源エネルギー庁から出された)。

 また、午後3時くらいから、あきらかに「供給可能」の電力が大きく増えていたこと。どこかから借りたのだろう、ありがたいと思っていたものの、Twitter上でも、テレビ等をを通じた公式コメントでも「このままでは午後8時過ぎに大規模停電」と発表をくり返した。

 電力を借りたことをいちいち語っては誰も節電してくれなくなるという思いがあったのかもしれないが、それならば数字を公開している意味がない。電力は借りたけれどそれでも節電をしてくれと、言えばいいのだ。
 数字を見ている側は「なぜ借りた分を発表しない」と不審に思い、数字に整合性がとれずに不安に思う人は「節電の効果で余裕が出たのか、やはり一致団結は大事だ」と間違ったメッセージを受けとってしまう(←実際には供給可能の数字が増えていたので、残念ながら個々人の家庭における節電が功を奏したわけではない)。

 そして夜の8時になってようやく「大規模停電は回避」と発表があった。

 これは、どうなのだろう。待たされた5時間のあいだ、不信感が募った。回避できそうなことはあきらかなのに、大規模停電、大規模停電と、煽られている思いだった。

 節電できるところはしている家庭がほとんどで、あとは大口の商業ビルなどで照明の明るさを落としてくれと頼むくらいしか、できることはなかったはずだ。それなのに5時間ものあいだ、脅されつづけた気がしてしまう。

 もう少し、一般民を信じたらどうか。電力は借りたけれど綱渡りですと正直に言えばよいのに、煽ったことが、わたしにはどうしても、納得がいかない。

(貸してくれた電力会社さん、ありがとうございます。たすかりました)

「地下鉄サリン事件」から27年

 あれから27年になる。あちこちに活動拠点があった教団だが、わたしが当時よく利用していたJR高円寺駅の近くにも、そして現在では馴染みが深くなった西武線野方駅の近くにも関連する場所があった。事件の報道がなされるたびに、表向きは普通の顔をしながら、あの団体は地域社会に店や施設を持っていたのだと気づかされた。

 お亡くなりになった方や、後遺症に苦しんだ方を思うと、いまも胸が苦しい。人生にとって何でもなかったはずの普通の日にあんなことが起こるなど、ご本人たちやその周囲に、想像できたはずもない。 

 まだ後継団体が存続していることにも注意すると同時に、あれを過去にしてはいけないと、毎年きちんと事件について報道がなされるべきだと切に願う。事件後に生まれた人たちにも、知っていただきたい。

「ロシア=悪でいいのか」と、いま書く人へ

 わたしは2月13日付けの当ブログで

ロシアとウクライナ関連報道

 アメリカ寄りの報道を他国がそのまま流してしまっては、冷静になれなくなることへの懸念を書いた。アメリカが騒げば「ロシアを煽る」ことになりかねない。他国までその方向付けに手を貸すことは危険だと。

 だが実際にロシアは、やってしまった。仮に煽られたことが要因の一部であったにせよ、やってしまったのはロシアだ。ウクライナに侵攻し、現地では人が死んでいる。また、ロシアの兵士も死んでいる。

 この段階においてなお、ロシアを悪と決めつけた報道はよくないと考える人がいることも、そしてその気持ちも、多少理解できる。より慎重でありたいのだろう。だが実質的に、現在はどちらの側も公平に取材することは無理である。ロシア内で「普通の取材」ができる状況にない。

 ロシア国内から他国メディアが報道をする際に、それをロシア側が虚偽と判断した場合は、情報を流したメディアを訴追すると脅しているのだ。BBCは数日間の中断ののちに報道を再開したが、そのまま活動を止めているメディアもある。
 中立に報道したいと考える人や団体の良心に訴えるのではなく、自分たちに不利な情報を虚偽と見なすと脅す態度に出た国に、これ以上の配慮が必要、あるいは可能だろうか。

 このところ「ロシア=悪の目で見るのはよくない」と書いている人たちが、以前から、わたしが懸念してきたようなことをずっと書いてきたのであれば、さほどの文句は言わない。だがこの段階に来てからそういうことを書きはじめた人がいるならば、もう少しだけ丁寧な説明も、添えていただきたいように思う。

 ただ、メディアに対して、ひとつ言えることは「あまりウクライナ大統領を持ち上げるな」である。アイドルでもスーパーヒーローでもなく、ゼレンスキー氏は政治家である。

深夜の地震

 3月16日23時36分ころ東北沖を震源とする地震があり、宮城県と福島県で震度6強の揺れを記録。東北地方や関東地方で地震による停電が生じているとのこと。

 東京23区西部のわが家は、停電は免れている。だがテレビやTwitterでの情報によれば、都内(新橋や大田区)、神奈川県では横浜市で停電している地域もあるという。

 長い揺れだった。Nerv防災のアプリをスマホに入れているため、揺れる前に予告があり心構えはあったつもりだが、それにしても、長かった。棚のものが落ちたり、揺れが収まるころには何度か部屋の灯りがチカチカした。

 その時間、いろいろなことを考えた。2011年のことも頭をよぎった。また3月か、またたいへんなことが起こるのかと、怖かった。東京でこれならば、東北地方はどれほど揺れて、どれほど怖い思いをしていることだろうか。

 揺れがおさまって、正直なところ、ほっとした。何十年を生きていても、地震はやはり慣れない。

 余震に注意したい。

 東北地方のみなさんの、被害が少しでも少ないことを、心の底から祈っている。

八王子で遺棄された猫「ノイ」ちゃん

 八王子の警察署員による、迷い猫の放置事件。高齢猫をいったん保護して写真まで撮っておきながら、なぜか河川敷に放したという事件である。

 2月16日に、ノイちゃんらしき猫の死骸は発見されたが、警察がノイちゃんかどうかを特定するまで、一部の人たちがネットで書いていたのみだった。

 1ヶ月待たせて、3月15日に、警察からノイちゃんだったと発表があったそうだ。東京新聞 → 八王子署が河川敷に放した迷い猫、死んで見つかる 20歳の愛猫、飼い主の懸念が現実に

 なぜ発表まで1ヶ月かけたのか。
 すると、飼い主さんは葬式などで見送ってあげることができなかったというわけか…。直後に発表して死骸を返してあげてば、荼毘に付すくらいはできただろうに。

 なぜ1ヶ月かけた。
 そのころには世間がノイちゃんの件を忘れてくれると思ったか。

 説明せよ、八王子署。

戦争は、ほんとうに馬鹿げている

 為政者の思惑や機嫌ひとつで兵が送られ、襲われた側は市民が犠牲となる。だが和平交渉だなんだと話し合う場の画像を見れば、普通にビジネスの会議をしているかのような光景。家も奪われず、家族も脅かされず、話し合いだけできる立場の人間がテーブルに着くのだ。

 明らかに民間人(しかも産科や小児科病棟を含む病院)を攻撃しておきながら、ウクライナを攻撃しておりませんと言い切る大臣まで出てくると、人が死んでいるんだぞという怒りを通り越して、異星人でも見ている気分になってくる。

 あまりに馬鹿げていて、何を考える気力も失ってしまう。感覚が麻痺してしまいそうだ。

 だが考えるまでもない事実は、ひとつだけ。ウクライナの方々、逃げられるところに、逃げてください。生き延びてください。まずは命を。家族を。守ってください。

ある意味で象徴的、「殺生石が割れた」日

 これには驚いた。栃木の、あの殺生石である。ほんとうに「九尾の狐が逃げたっぽく見える」割れっぷりだ。
 


 
 あまりのタイミングに、ロシアに出かけて大統領の枕元で説教でもしてくれるのかと思いたいところだが、あの狐はそういうキャラではないはずなので、逃げていっただけと考えよう。

 今後、那須としてはどうするんだろう。この現物の横に「以前はこうでした写真」を展示するのだろうか。このままの展示では「割れた岩」である。

ロシア人”への”ヘイトに、鈍感であってはならない

 軍事としては圧倒的に不利であったはずのウクライナが、コメディ俳優出身でメディアへの訴え方がうまい大統領の力もあって国際的に世論を動かし、大きく支持を集めている。滅多なことでは他国に介入しないスウェーデン、永世中立を謳っていたスイスまでもが、ウクライナに味方した。ロシアへの経済制裁は強まっている。

 だが、気になることがある。各国に住むロシア人への嫌がらせや迫害は、おそらく深刻なはずだ。アメリカの知人らは、早い段階から第二次大戦のときに日本人、日系人だけが強制収容された歴史に今回のロシア人を結びつけて考え、深く案じていることがうかがわれた。
 実際にアメリカの人たちがつづった何気ない表現、たとえば「街角でピロシキを売ってるロシア出身のおばあさんがウクライナを襲撃したわけではない」という言葉からも、おそらく事態は深刻なのではと感じさせられる。

 芸術、スポーツ、学術などの分野でも、ロシア人の参加をどう考えるかは、それぞれの主催団体が頭を抱えていることだろう。たとえばあきらかに国を背負ってやってきている立場の参加者(その人の活躍がロシアという国に利する)と、個人の活動として参加している人と、本来ならば一緒くたにはできないはずだ。だがトラブルを防ぐために厳しく判断していくことが、今後は増えてしまうかもしれない。

 心配なのは、日本語で「ロシア人へのヘイト」と検索しても、英語ほどには情報が出てこないこと。

 日本人の多くは親子何代も日本という国に暮らし、外国との交流も少なく、自分たちだけで固まっていれば安全のように感じて外部のことに無頓着な傾向がある。だがひとたび何かあれば、日本人がとことん嫌われて誰からも相手にされない、手を差し伸べてもらえないという事態は、起こりうるのだ。
 悪口を言われている国の人なら何かされてもいいかのような気持ち、見かけても軽く受け流すような態度は、きつく戒めておかねばならない。無頓着であってはならない。