第3回「バウムの会」が終了 (2)

 昨日は画像の整理が間に合わず、今日になってしまった。撮影した写真は完全ではないし、さらにすべてはここに掲載していないかもしれない。だが、だいたい全体の8割くらいは、網羅しているかと思う。

 3枚の画像にまとめてみた。

第3回「バウムの会」まとめ画像

 右下は開封前の全体像(だが一部は枠外で含まれていないかもしれない)。
 ほかは、コトブスのバウムクーヘン(板状)、バレンタイン時期のみ製造されていたバウムと、オーボンヴュータン。

第3回「バウムの会」まとめ画像
 右下は、三木製菓。ほかはバウムウントバウム、レザネフォール中野店、菊野屋製菓舗、早川ベーカリー、引網香月堂(画像は抹茶だが、チョコレートもご持参いただいた)。

第3回「バウムの会」まとめ画像

 右下は切り分け画像(みなさんで持ち帰る前の集合)、それ以外は左側が丸屋本店の円筒埴輪バウムと通常リング型、上が北海道の「北いち輪」さん(旧店名「年輪舎」さん)のバター餅、プレーンの耳、そしてカフェモカ。

 バウムは事前にわかっていた分だけで14種類あり、当日の開催までに参加者さんがお買い物してきたものも、全体画像に含まれている。

 新型コロナウィルスのことで開催を1時間短くしたのだが、その判断をしたのが火曜日ころだった。以前から予告していたように一部はトーチ型バーナーを持ち込んでブリュレするなどを考えていたのだが、会場のレンタルスペースさん(中野コミュニティ広場)に無理をお願いして、2時間に変更してもらい、参加者にはブリュレ中止で「原則として、撮影して切ってそれを持ち帰るだけになる」とお話をした。
 するとみなさん、いつもよりも多めのナイフや手袋をご持参くださり、次々にカットしてくださった。わたしがひとりでやっていたら2時間で間に合わないかもしれないところだったと、あらためてチームワークに感謝している。

 実は、わたしは下の画像(楽天の馬嶋屋菓子道具店さん)にあるような、菓子の上に当てて傷をつけることで10分割または12分割ができる器具を持っている。今回よほどこれを持っていこうかと思ったのだが、これは21センチくらいあるケーキでも対応できるような器具で、15cmくらいのバウムが多いのに、かさばるだけで大げさだろうと、考えてしまった。それにけっこうプラスチックとはいえ鋭利で、バッグに入れているほかのものを傷つけるかも、と。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【分割器】10分割12分割器【プラスチック】
価格:550円(税込、送料別) (2020/3/3時点)

 わたしは「カットするときバウムの下に敷く紙があればいい」と、10分割用の紙を印刷していったのだが、なんと1枚しか用意しなかった(なぜ3枚くらい印刷していかなかったのか)ため、きっちりとした大きさにできなかった場面もあった。次回は紙をたくさん印刷していくか、かさばってしまうが上のような器具を持っていくか、工夫したいと思う。
(おっと、いつになるかわからないのに、もう次回があるかのような… ^^;)

 これまでほぼ4ヶ月に1回で開催してきた「バウムの会」だが、気温が高い時期は開催できない上、今回の新型コロナウィルスの件がどうなるかわからないので、開催時期は未定。
 ご関心のある方は、バウムの書Facebook版Twitter日々バウムなどをチェックしていただければ幸いである。

参考リンク:
○ バウムの書and日々バウム → https://baum.daynight.jp/

○ Amazon.co.jpで見る → バウムクーヘン

○ 西武・そごうのe.デパートで見る → バウムクーヘン

○ 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment