家庭用のソーラーパネル(自作キット)を購入

 数年前から、真夏のベランダでソーラー発電をやってみたいと思っていたが、どんなものを買えばいいのかわからずにいた。あまりにも簡単なものだと耐久性も心配だったし、かといって本格的なものは賃貸住宅では難しいだろう、と。

 そして今年の春から「夏になったらこれを買う」と、ブックマークしておいたのが、こちら。楽天の「工具広場」という店の商品である。

 7月になったときに注文したら、やはり世の中の人が考えることは同じなのか、品薄だったようだ。9月中旬までお待ちくださいとのことだったので、注文はそのままで待機。だがそのときキャンセルなどをしなくてよかった。その直後に2000円値上がりしたので!!

 9月中旬に到着したのがこちら。
 左側が到着時(パネルは別梱包)、右側が設置時。

ソーラーDIYキット
 奥の黒いものがバッテリー。ここに蓄電する。中央のブルーのものがインバーター。家庭用の電圧に変換するもの。手前の小さめパネルは、充電中かどうかを光って知らせる。

 こちらがパネル。右側の正面を向いているのが到着時で、室内が映りこんでいる。左側は窓際(室内)設置時で、外の物干し竿が映りこんでいる。
ソーラーDIYキット

 ほとんどすべてのものがセットになっていて、同梱の説明書を見ながら組み立てるが、おそらくほとんどの家になさそうなものが、こちら。インバーターから家庭用のテーブルタップにつなぐ際に必要なアダプタだ。
(購入したのはヨドバシだが、楽天の画像をリンク)

 賃貸住宅なので壁に穴を開けることができないため、パネルは室内に置いた。朝になれば勝手に日が差す(雨戸をしない)場所があれば、屋外よりこのほうが安心かと思う。カーテンと窓のあいだに倒れないように設置し、窓とパネルのあいだの床に、除湿のシリカゲルを置いた。冬の結露で、万が一にもパネルに影響があってはならない。

 シリカゲル製品は、こちら。(こちらも購入したのはヨドバシだが、楽天の画像をリンク)

 部品等を確認してから設置となったので、到着から少し日数がかかったが、昨日からようやく使用開始。
 ただ、到着したバッテリー内部にけっこう残量があったようで、何回かスマホ充電などに利用したものの、まだ自分の発電ではなくその残量を使っているのではないかと思われる。
 これは最安セットだったので、充電中かどうかをランプで知らせるが、もっと細かく液晶で数字として残量を見せてくれるものは、別の商品に付属しているらしい。
 初回なので、数値が見えなくても、まあよしとしよう。

 秋の日差しをたっぷり浴びて、発電してもらいたいものだ。楽しみ。

Children of Dune (2003) を録画で鑑賞

 8月下旬に、おそらくはWOWOWプラスだったと思うが、デューン砂の惑星にちなんだ作品を放映していた。カイル・マクラクラン主演の映画版、テレビ版(2000年)と、テレビ版の続編(2003年)であるが、2000年のものの途中で気づいて残りを録画しておいた。

 ポール・アトレイデス(のちのムアディブ)が、正妻ではないが愛し合っているフレメンのチャニとのあいだに双子をもうけ、この2003年版では、そのふたりが主役となっている。

 息子を演じるのはなんと若き日のジェームズ・マカヴォイ。

 画像としては少しものたりない部分もあるが、それは20年前であることとテレビ版の予算を考えれば無理もないことで、むしろ話が丁寧に描かれているところには好感が持てた。

 ソフト化もされているらしいので、関心のある方は検索されたし。

 ところで、唯一の「これがなかったら〜」というポイントは、スーザン・サランドン。
 名優ではあるが、格式の高い家を取り仕切る奥方様の役はまったく似合わない。衣装もおそらく豪華であったり装飾品も付けているのだろうが、なにやら安っぽく見えてしまう。スーザン・サランドンといえば、庶民から這い上がって上に行くとか、気っぷのよい姉御として周囲を取り仕切るイメージであり、皇帝の座を争えるような名門の家の主には見えないのだ。
 それを言ってしまえばその父(前皇帝)を演じたジャンカルロ・ジャンニーにもまた同じで「え、この人が皇帝の役に」と、そのときも驚いたものだった。庶民の役とか、身を持ち崩してしまったが昔は金持ちだったとか、そういうものを演じると似合う人である。1974年の映画「流されて…」での演技が印象深い。

猫の夢を見た

 たまには可愛いものも夢に出てくる。もっとも、その猫が出てくるシーン以外はよく覚えていないが、全体としては暗い夢だったかもしれない。

 昼間に2階のベランダを開けると、目の前(つまり上空ということになるが)に誰かがいた。1階の草むらを見るようにと、ニコニコしながら合図している。そこで下を見ると、小さいのに茶色くてふさふさした猫が、わたしがいる2階のベランダまでジャンプしようとして、助走のようにお尻をふるふるさせているところだった。

 その茶色い(ポケモン風に表現するならイーヴィ風)猫は、往年のドラマ「バイオニック・ジェミー」でもあるまいし、お尻をふるふるさせただけで、1回のジャンプで飛んできた。なんという跳躍力。わたしはキャッチして、両前足の付け根部分(つまり両肩)をうしろからかかえ、家の中にいる家族に「猫が来た」と伝えた。
 家族も猫が好きなので、にっこり笑っている。

 どうも猫の世界でも不景気らしく、ツンデレしている場合ではなくて、人間に愛想よくして餌をもらうほうが得策ということになったらしい。何やらひっきりなしに愛想よくしてきたので、なでたり、何か食べ物を出した。
 こちらは借家なので完璧に飼うことができないのだが「夜だけ外でおしっこしたり、軒下で寝てくれるなら、昼間はベランダでご飯をあげるし、ちょっとなら中で休んでもいいけれど、それでいいか」と尋ねると、背に腹は代えられない様子で、猫は真顔で了解した。

 猫の世界もたいへんなんだなと、そんな風に思った夢だった。

ココカラファインのクーポン付きくじ

 ドラッグストアは散歩ルートに大きめのツルハがあるため、だいたいそこで買い物をしている。以前はココカラファインやマツキヨも使っていたが、マツキヨで買っていたものが経営統合でココカラファインでも買えるようになり、行かなくなった。

 ココカラファインは高円寺にも都立家政にもあるが、まあ、店舗の大きさからしてツルハだよな〜と思っていたところに…!!

 いつまでやるのかは不明だが、ココカラファインがアプリで1日2回引かせてくれるくじを用意するようになった。そのくじは、外れることもあるものの、1日に2回引けるためだいたいはどちらかが当たる。ものによっては10%オフ、あるいは15%オフというクーポンが出るのだ。

(ただし、うまいことできていて、そのクーポンはくじを引いた時間から48時間以内に利用しないと消える)

 しょっちゅう当たりが出るのでいつでもいいやと思ったものの、ツルハ以外の散歩ルートのときにそのクーポンを使うべくココカラファインに入店すると、やはりけっこう買ってしまう。買う予定があったのは額に貼る冷却剤くらいだったのだが、ゴミ袋、入浴剤、トイレ用洗剤など、あれよというまに2200円以上の表示された。ただしクーポンのおかげで250円〜300円くらいは、引いてもらえたと思う。

 おかげでアプリを立ち上げる回数が増えたし、実際にこうして買ってしまうし、ビジネスとしてどうなっているのか収支は不明だが、客としては楽しい。

 そういえば、半年くらい前だったか、Amazonでちょっとしたキャンペーンにより4000円分のポイントをもらって座椅子を買った。そして先週は1年に1回使うかどうかのPayPalに1500円のクーポンが来て、部屋着を買った。こういうカネはどこから出るのか、素人が考えても仕方がないことだが、マーケティングを兼ねた何らかの実験なのだろう。

“How It Ends” ほか、パニック映画

 だいぶ前にNetflixで見たのだが、2018年のアメリカ映画で、How It Ends(邦題は「すべての終わり」)というものがあった。災害パニックなのか、なにかが起こっているのだがそれが何なのかが、最後までよくわからないまま。とにかく、心がすさんだり病んだりしている人たちをかき分けて、主人公の男性が婚約者の女性を長旅の果てに探しあてて、最後にやっと一緒になる…話なのだが。

 日本語のWikipediaには細部まで書いてしまっているので、ねんのため英語のIMDBをリンクしておく → How It Ends (2018)

 これがだね、話はわからないし、ほんとうに「すべてが終わる」のか、あるいはもしや「はじまってもいないんじゃないか」とか、考えさせられるのだ。まさかの夢オチとか、主人公たちもう死んでいるのかとか、あれこれと。だがそんなことを考えるだけ損で、話はブツッと終わる。

 同じパニック系でも、何が起こったかはだいたいわかるのが、2020年のグリーンランド -地球最後の2日間- (こちらは最後まであらすじが書かれていないのでリンクしておくが、これから書かれたら申し訳ない)

 地球に彗星(の破片)が降りそそぐ。運と体力を使いまくり、暴力や策略をかいくぐって、巨大シェルターがあるというグリーンランドに移動する夫婦とその子供の話。これも汚い人たちがけっこう出てくる。

 別の意味で「こりゃ、すがすがしいぞ」と感じたのが、Netflixで2021年に公開された「AWAKE/アウェイク」。これはリンクを張るとネタバレがけっこう引っかかるので、ご自身で注意しながら検索されたし。

 どうすがすがしいかと言うと——世の中の誰も眠れなくなってしまったという世界を描くのだが、見る側の多くが「どうしたらみんな眠れるようになるか」という方向に話が行くのだろうと予測するものの、そうではないのだ。自分の子供が寝られる体質だとバレてしまった母親が、研究所に連れ去られてしまった子供を取りもどすために奮闘する話。その途中経過として、優秀な人たちにもわからなかった「こうすれば寝られるのでは」がわかるのだが、主人公親子らは、別に世の中をよくしようとか誰かを助けようというわけではなく、怖い場所から逃げたいだけという、単純明快な流れである。

 ちなみにわたしは、いきなり世界が壊されて人が逃げまくる映画として、けっこう「スカイライン -征服-」が好きであると、書いておく。

台風が連続でやってきて

 少しの間隔で台風がつづいたせいか、どうやら今日は低気圧の影響を受けたらしく、動くのがつらかった。

 昼から「首が痛い」、「少し頭痛もあるか」と感じていたが、雨が弱い合間を縫って散歩に行けたらおそらく気分転換で治るだろうと期待していたところ、雨は大粒になり、首や肩の重さはおんぶお化けでも乗っているかのよう。首に湿布、額に冷却剤、バファリンを服用して様子を見ていたが、ついに夕方の4時近くになって雨が激しい雷雨になったころ、めまいまで起こしそうになった。

 仕方なく外出をあきらめて横になっているうちに、薬が効いたのか楽になった。

 今回の連続した台風では交通機関や住宅への被害もあった人が多いだろうが、わたしのように普段はあまり低気圧と頭痛の関係を意識していない人間でさえこれほどの影響を受けたので、普段から低気圧の予想におびえている方々は、さぞかしご苦労があったのではと考える。

散歩を兼ねて、中野マルイへ

 はたして散歩と呼べるのかどうか疑問だが、夕方は中野マルイへ。いつも中野や阿佐ヶ谷には行きが徒歩、帰りは交通機関を利用なのだが、途中で小雨が降ったので、どちらも交通機関を使ってしまった。まあ、それでも6000歩くらいは歩いただろうか。

 中野マルイは、1階の北側(以前にサーティワンアイスクリームがあった場所)が催事スペースになっていたことに気づかず、先日ぶらりと立ち寄った際に「聞いていたほどには催事の店が多くないな、日付を間違えたかな」と帰ってしまったのだが、今日そこを見たらプレスバターサンドなどのスイーツが来ていた。

 たしか「銀座あけぼの」の隣は、DHCか何か、化粧品があったような気がするのだが、そこも短期間の貸し出しスペースになっているようで、今日は服が出ていたようだ。

 この短期開催イベントや貸し出しスペースが増えたことで、予定が埋まれば客としては賑やかでいいのだが、埋まらないとマルイとしては店内がすかすかに見えてしまうリスクもあるだろう。平均すると月に2回くらいは前を歩くが、ときおり玄関脇の催事スペース(屋外)に何もない日があると、テンションが下がってしまい入店しないことがある。

 以前にボンジュールボンのパンがあったころは、催事がなくてもふらふらと入店したものだったが…。

 2階(カルディ前、太子堂の脇)も、短期のテナントがはいる場所になっており、数ヶ月ほどあったメルカリステーションが9月いっぱいで去るそうだ。そのあとはどうなるのだろう。

 なにかがはいってくれる分には、客は楽しくていいので、ぜひマルイにはがんばっていただきたい。

さほど昔ではないのに、古さを感じる言葉

 先日あるブログを読んでいた。その中で、英語と日本語で「待ち受け画面」について書いていたのだが…いや、う〜ん、待ち受けというのは、ガラケー時代の言葉ではないだろうか。かといってスマホ風に何と呼ぶのか、とっさに出てこない。しばらく考えてみたが、iPhoneならばロック画面か? ほかにも何かありそうな気がするが、出てこない。

 そういえばスマホで写真を撮影することを「写メする」という人も、まだそこそこの数いらっしゃるようだ。これもガラケー時代の言葉。写メールという言葉があって、その略だったと思う。

 時代としてはガラケーと同じくらいの古さだが、おそらく現在は通じないのではと思うのが、ソフトウェアを「インストする」、「レジストする」だ。とくにインストするは、検索の上位に出たのはインストゥルメンタルだった。

 とりとめもなく書いているが、こうしたものはいずれも、日本国内にいても使用する立場や年齢で古いかどうかの温度差があるものだ。たとえば10年も外国に住んでいるとか、親が日本語ネイティブだが外国に生まれ育っているといった場合には、この微妙な感覚というのは、なかなか共有が困難なものかもしれない。

ワクチンの夢を見た

 ねんのために書いておくが、わたしはよく悪夢を見る。とくに昼間に疲れて目を閉じたときの夢がすごい。今日も配達の予定が2件あったのでできるだけ目を開けていようとしたものの、座椅子でうとうとしていたところ予定外の「エホバの証人」までやってきて、短時間に3回もチャイムが鳴った。

 さて、ワクチンの夢である。

 実は先日「まだ60歳以下だが、そのうち接種推奨年齢が低くなって、呼ばれるのだろうか」と考えていた。
 わたしは副反応が強めに出る。実際に新型コロナにも罹患したことがあるが、ワクチン接種の3回とも、副反応は実際の罹患と近い程度に不快だった。発熱と平熱が交互にやってきて調節ができず、突然に起き上がれないほど体がつらくなることもあり、二日ほどは不安で予定が何も入れられない。3回目のとき「もう、4回目はやりたくない」と、かなりまじめに考えた。

 気が乗らないと思っているうちに、60歳以下でも4回目の話が出てくるかもなぁと、そんなことを考えていたところだが、それが夢に出た。

 わたしは現実社会での医療関係者や、認可を受けた製薬会社の製品を信頼しているし、それぞれが高い職業意識で従事してくれていることを疑ってはないのだが、以下は夢である。

 接種会場を探していたわたしが迷いこんだのは、まるで普通の事務所のような雑然とした場所、なぜか勧められたハーブティには小さななにかが浮いていて(上澄みをうっかり飲んでしまったが底の方はさらにすごいものがはいっていた)、説明を求めたところ医師らしい男性が「最新式のワクチンですから、事前にそれを飲んでいる人のほうが効き目は抜群なのでお茶をだしました。おそらく詳細を説明してもわからないくらいの技術なんですが——あ、そうそう、接種から4〜5日は、蛇口からしたたり落ちる水がドロンとした液体に見えたり異物に見えたり、とにかく精神的におかしいことがありますが、気にしないでください」

 ——気にするよ、それ。

 とにかくこんなヤバい人の前からは消えなければいけないのだが、どうやって逃げようかと身構えていたら、玄関のチャイムが鳴った。それが佐川急便だったのかエホバの証人だったのかは忘れたが、とにかく起きることができた。

 ほっとした。だが、同時に感じた。

 ワクチンが怖いと思っている人(副反応がどうのという具体的な意味ではなく、なんだか得体が知れなくて怖いと感じている人)は、もしやこれくらい、怖いのではと。わけがわからず、納得ができず、それでもせかされるのが怖いのではと。

 そういう人たちが、陰謀論の話をする人たちに耳を傾けてしまうのか、あるいはせかされながらも自分の考えをまとめられるのかは、微妙なきっかけで左右されていくことかもしれないが、それにしてもこの「不安」は、社会全体として緩和の努力をしたほうがいいだろうと、自分の夢で考えさせられた。

窓用のフィルム

 冬が近づくと結露の心配がはじまる。窓ガラスの下に置くと湿気を吸ってジェル状になるシリカゲル製品があるらしく、それを検索していたところ、別のものに目を引かれた。

 窓に貼れるフィルムだ。貼ると外から中が見えにくくなる曇りガラス効果があるものや、はっきりと模様がついて見えるもの、あるいは日光や紫外線を軽減するものなどがあるらしい。また、防犯用のものを貼れば、空き巣が窓を割ろうとしても時間がかかるので途中であきらめてくれるという利点も。

(種類はいろいろあるが、この画像は楽天でたまたま目にはいった店のもの)

 現在の家ではそれほど必要ではないのだが、今後は「ああ、こういうのがあるのか」と知っておくことで、気が楽になる。というのも、人は南向きの家を好むものだが、1階の窓は怖くて開けられないお宅がけっこうあるのも事実。実際にご近所でも、家に人の気配はするのに1階は窓シャッターを閉めたままということもあるのだ。

 わたしも将来の引っ越しにそなえて間取りをネットで検索しているが、人通りのある道に面している家ならば、1階の窓は、覗かれるのではないかと気が気ではないはず。現在わが家は道に面しているのが南ではないため、南向きの窓もそれほど神経質にならずに済んでいるが、今後はこうしたフィルムと薄いカーテンを併用する方法があると、覚えておきたい。