悪い予感は当たる…Netflix「カトラ」

 1年くらい前から、1話と半分だけを見て「この暗さに耐えられない」と放置していたのが、Netflix「カトラ」。アイスランドを舞台にした「噴火で灰まみれになった土地に起こる不思議な出来事」の話である。

 1年くらい放置したのだが、なにかのはずみに残りを少しずつ見てみようという気になった。

 ネタバレにはならないだろうという範囲で、内容を書いてみる。
 大きな噴火から1年で、地元に長く暮らす住人たちと火山研究の科学者たちを除き、観光客などはやってこない「ど〜んよりとした静かな街」に、灰のような泥土のようなものにまみれた真っ黒な人間たちが、ひとり、またひとりと、やってくる話である。

 死人が蘇った系の話ならば、この10年くらいはとくに、各国のドラマでよく描かれている題材である。だがこの話では、死人ともいいきれない立場の人が含まれる。そういう点ではイタリアのドラマ「鐘の音が聞こえたら」のような話の流れにも近いももがあるかもしれない。

 全8話なので、長い中断ののちに5話まではゆっくり見てみたのだが、5話のラストで「あ、これはまとめて見てみようかな、わけがわからなすぎる」と考え、半日で残りの3話を見てみることに。

 謎がどこまで解説されるのかを期待していたのだが、それ以前の問題として、出てくる人間たち(とくに男性)で、いい人がいないことが気になりはじめる。なんなのだこいつらと思いたくなるような人間が終盤以降は増えてきて、目に余る。さらには、アメリカのドラマならこれはなかなかないかと思うような子供の犯罪と、最後にその子供がどうなるかが、ざっくり書くと過激な分類。「よく子供にこれやらせたなあ、撮影のあいだにカウンセリングとかしたんだろうな」と考えさせられた。

 で、謎解きなのだが…いや、これ、う〜ん。わかったような、わからないような。
 地元の伝承を聞いた科学者が事態を解明しようと関連ありそうな場所を再調査し、不思議なものを実際に見て「これこれこういうことではないか」と自説を披露するのだが、ドラマ全体の雰囲気や世界観と、その「科学で突き止める」という登場人物の姿勢は、うまく調和していないような気がした。

 ネタバレになってしまうので具体的には書けないが、ひと言だけ。ラストで「もっとたくさん出てくる」ことを匂わせているけれども、上述の科学者の説や主人公のひとりであるグリマの解釈が正しいとするなら、たくさんは出てこられないはずで、街の人口より多くは出てくることが難しいだろう。住人がもどってきたり観光などで賑わいが増した場合はわからないが。

 最初の予感「やたらと暗そう」は、最後までその通りで、当たっていた。だが見なければよかったのかというと、妙な描写や登場人物により「いちおう次を見てみようか」という気にさせられたのは自分であり、それがおそらく制作側の思うつぼなのだろう。

 それにしても、つくづく「いい人がほとんど出ない」ドラマだった。

全員が同じことをしないほうが安心ではあるが

 認証について、考える機会があった。というのも、近い時期に別々の会社から逆方向への変更が通知されてきたからだ。

 ゆうちょ銀は、送金時のメールによるワンタイムパスワードをやめて、アプリまたはトークンによる認証に変更する(4月から)とお知らせが来ていた。いっぽうJCBは、今後アプリによる認証をやめてメールまたはSMSでのパスワード発行にするとのこと。

 どちらにもそれなりに理由があってのことなのだろう。また、それまで使っていたシステムを変更するのにはそれなりにカネがかかるとはいっても、慣れて同じものを使いつづけるとどこかに穴が生まれやすいため、対策も必要だ。ソフトウェアやシステムの運営をどこに委託するかなどの切替タイミングなどで、何らかの大きな変化が定期的に発生するのは自然のことと思う。
 それに全社が一斉に「これがトレンド」とばかりに同じ認証方法に飛びついたら、危険性はかなり高くなる。

 もっとも利用者にしてみれば「使い方に慣れたところで変更か」という不満につながる可能性もあるが。

 そういえば——
 いい加減にやめればいいのになぜ使いつづけるのか不思議だが、一部の「お堅い系」の企業では、いまだに「1通目のメールで本文と添付ファイル、つづく2通目で添付ファイルを開くパスワード」というものを、送ってくることがある。別のメルアドにではなく、時間をあけるでもなく、直後に「先ほどのメールのパスワードは」と送ってくるのは、意味がわからなすぎる。
 誰かにメールの内容を傍受されている危険性を考えての措置ならば、2通目は別のメルアドに送ってくるか、あるいは会員制のサイトで個人的なやりとりの欄にパスワードを書けばよいのだ。メールアドレスとその会員制の場所との関連性が把握されていないならば、そこそこ安全であるはず。

 いろいろなことがオンラインでできるようになってきた昨今、利用者がパスワードの使い分けに苦労するのも事実で、人によっては紙に書いて保管したり、すべて同じパスワードで押し通したりする可能性もある。利用者のそうした油断から広がるリスクを低減するために、企業としては利用者にとって「適度にめんどくさい」ものを、あれこれ考えつづけていくのだろうな。

中谷美紀がすごい

 WOWOWで、中谷美紀主演のサスペンスドラマ「ギバーテイカー」が放送開始になった。警察ものだと思っていたが最初がホームドラマのような内容で「あれ、犯罪を追う話じゃなかったんだ」と、どこで勘違いしたのかと見ていたら、そこで話がガラッと変わった。

 平和な家庭で、幼い娘が殺害された。殺したのは顔見知りだが、少年ということで世間的には名前も伏せられたまま、本人は医療少年院に送られた。
 それから12年。教師だった母親は警察に転職。するとそこに別れた元夫から、少年が出所したと連絡がはいる。

 かつて娘を殺した男(現在は成人)を許すか許さないか、そういう展開なのかと思っていたら、そこでも予想は裏切られた。男のほうが、自分が手にかけた子供の母を追いはじめるのだ。もともと男を許す気のない母(であり現在は警察官)は、それにどう立ち向かうのか。

 …このプロットだけでもかなりおもしろいのだが、それ以上に、約20年前に中谷美紀が主役を演じて大ヒットしたドラマ
 「ケイゾク」とからめて考えると、ひとりの女優を通じて関連作品を見ているような惑いがあり、それがさらなる趣につながる。

 ケイゾクでは、キャリア組で頭はよいがどこかズレている警察官「柴田純」と、高校生の妹を集団暴行で自殺に追いこんだ主犯格の元少年を執拗に追いつめる警察官「真山徹」が主役。柴田を中谷美紀、真山を渡部篤郎が演じた。真山が追う相手は底知れぬ力を持ち、周囲の人間を扇動したり操ったり、他人と入れ替わったりもしながら、ふたりを翻弄する。

 今回のこの「ギバーテイカー」は、あの「ケイゾク」のころのコミカルさのある柴田淳ではなく、どこまでも相手を追いつめる復讐のかたまりであった真山徹の気持ちを引きずったままの存在として、中谷美紀が20年後にもどってきたような気がしてしまうのだ。もちろんこの作品は作者と原作があると聞いているので、作者がそう意図したのでないかぎりは「ただの偶然」だろうが、わたしのように思い出す人間も多いかと思う。

 それにしても、40代後半と聞いているが、中谷美紀の凜とした美しさには圧倒される。
 あるシーンでは橋の下から上を見上げるだけなのだが、「立っているだけなのにかっこよすぎる」と、ため息が出た。おそらくその感想を狙って撮っているし本人も自覚しているだろうが、立っているだけなのになんだこれはと、驚いた次第である。

 さて、WOWOWオンデマンドでは2話まではいっているようなので、のちほど2話も見てみなくては。

「入管」も、ところ変われば

 連続強盗事件の指示役とされる「ルフィ」なる人物は、報道によればなんとフィリピンの入管収容施設にいる日本人だそうである。そこだけ聞くと「すげーな、日本の入管と違って電話なんか使い放題なんだ、へー」となるのだが…どうもそうでもないらしい。

 毎日新聞のこちらの記事によれば(2023.01.27 強盗指示役「ルフィ」収容? フィリピンのビクタン入管収容所とは)、地獄の沙汰も金次第のような場所で、手持ちのカネがあればそれなりの待遇が得られるのだろうが、全体として環境はかなり劣悪なのだとか。

 そんな場所に数年もいながら、強盗の指示が出せているのだから、それなりに稼いでいて本人にとっては居心地がよい可能性がある。さっさと日本に送還してもらうよう、警察は外交ルートを駆使してもらいたい。

食洗機を購入

 2年くらい前から、機会があったら買いたいと思っていたのが食洗機。置く場所の問題などで悩んでいたが、ちょっとしたきっかけ(意外な臨時収入が数万円)があったために、購入することに。

 以前から考えていたのは…
○ ぜったいに「中が見える」もの(つまり前面がガラス)
○ 水はタンク式(数リットルを本体に入れておいて使う)
○ コンパクトなもの

 この3点だった。そこで、候補として考えていたサンコー「ラクア mini plus」を購入することに。

(下記の画像はAmazonから引いているが、購入はサンコーの公式サイト)

 サンコーの公式サイトでは、以前から狙っている手動式脱水機「ミズキリスピナー」も販売されている。今回これを購入する際に会員登録をすればポイントがもらえるとわかったので、ゆくゆくはミズキリスピナーを買うときにポイントを充当できればと、買ってみることにした。

 さて、まだ1回しか使っていないのだが、使用感としては満足。

食洗機 ラクア mini plus

 今回は家にあった過炭酸ナトリウムの粉末で洗ってみたが、食洗機用でガラスがきれいになる市販洗剤が出ているそうなので、明日はそれを買いに行く予定。なお、マニュアルによれば食洗機には「強化ガラス」はだめだそうで、そのいっぽう普通のガラスや耐熱ガラスは何も書かれていなかった。わが家はたくさん強化ガラスがあるので困ってしまったが、強化ガラスのブランドDuralexの販売サイトで(置き方を工夫するなどが必要だが)食洗機に使えると書かれていたので、ひと安心。

近所で見た英語表現で、思い出したこと

 散歩していたらゴミの集積所に「不法投棄はダメ」という案内が、英語と日本語で書かれていた。日本語は漢字があるので少ない文字数で書けるのだろうが、英語の方はそうはいかずにかなり長い表現(しかも大きめフォント)で書かれていた。

 あれではまるで日本人なら小さなフォントでもいいが外国人なら大きく書かなければと(不法投棄しているのは英語が読める外国人ではないかと)書いた人が思っているような、不思議な感覚に陥った。考えすぎだとよいのだが。

 さて、それはそれとして。「5年以下の懲役」だが、多くの人の頭にすぐさま浮かぶ英語は less than 5 years かもしれない。そのゴミ集積所の注意書きでは not more than 5 years (5年を超えない)だったし、英語関連の質問サイトや DeepL などの翻訳サービスでは up to 5 years (5年まで)という表現を使っている。

 なぜそうなるかというと、日本語の「5年以下」は5年も含むが、英語でlessを使ってしまうと5年を含まないからだ。これはmoreでも同じことが言える。つまり、それを含むことを明示するためには up to 5 years (5年まで)などと表現を変えなければ、正確ではなくなってしまうのだ。

 また「20歳以上にならないと酒は買えません」という場合の「以上」も、You have to be 20 years old and over. などにして「20が含まれる」ことを強調するか、you have to be at least 20 years old. (最低でも20歳)などにしておく必要がある。

 こうしたことはわたしもとっさのとき混乱するので何度も思い出すようにしているし、以前にもここで書いたことかもしれないが、ふたたび書いてくことにした。

エアコンの掃除

 このところエアコンではなく電気のヒーターで寒さをしのいでいたが、大寒波ということである。とてつもなく冷える可能性を考え、ヒルのうちにエアコン内部にスプレーをして、フィルタに掃除機をかけておいた。

 夜遅く、いちおうエアコンに。暖房のエアコンはほんとうに音がうるさいが、何時間も前から風の音が大きく、周囲もこのところ夜間に同じようにエアコンを使っているので、まあよしとしよう。

 夜になってからの室内の冷え方がいつもと異なり、入浴時に浴室がなんだか寒く感じられたほどで、明け方あたりはかなり冷えるのだろうなと想像。東京の借家では石油系などのヒーターで事故があってはならないので、わが家だけでなく多くのご家庭で電気で対応しているかと思う。近年の新築で持ち家であれば床暖房もあるだろうし、窓のガラスが複層になっている家も増えてきているので、熱効率が高いはずだ。

 次は熱効率の高い家に住んでみたいものであるが、どうなることやら。

最初に作った銀行口座は「太陽神戸」

 三菱UFJだけは紙の通帳をやめてオンラインのみの「エコ通帳」というものにしたのだが、みずほ銀、ゆうちょなどは、ときおり紙の通帳に記帳している。オンラインで残高を見るようになったし現金をあまり下ろさないので、うっかりすると1年に1回くらいしか記帳しない。

 今日は散歩がてら鷺ノ宮駅すぐの場所にある「みずほ銀」へ。自分のもののほか、義母の分まで記帳することができてよかった。

 手持ちの現金を少額ながら入金したのだが、入金という作業がひさしぶりだったせいか「あっ、入金て暗証番号が要らないんだ」など、新鮮な発見があった。まあ、普通は赤の他人のキャッシュカードと現金をセットにしてATMに入れる人もいないと思うので、たいした問題はないのだろう。ただ、家族の代理で記帳をしたついでに間違える可能性は、ゼロではないかも。

 そういえばCITIBANKが日本から撤退したときに業務を受け継いだSMBC信託銀行(ブランド名「プレスティア」)も、通帳というものがない。手元にあるのはキャッシュカード(タッチ決済VISA付き)だけだ。ときおり残高が郵送で届くが、人によってはオンラインのみという場合もあるらしい。

 東京に出てきた最初に自分で銀行口座を作ったのは、いまはなき「太陽神戸銀行」だった。高円寺の南口すぐに支店があったのだ。あの口座は統廃合の末にいったい何銀になったのだろう。ネットで見ると三井住友系になったようだが、そういえば高円寺北口にあった平和相互銀行(現在のサンドラッグの建物)がのちに住友銀行になったとき、わたしはそこを使っていた記憶もあるので、しばらくはその口座を利用していたのかもしれない。
 あのころ、平和相互だった住友銀行は平和相互のころのまま窓口が遅くまで開いていて、のともと住友系列だった銀行は午後3時で窓口終了という、ちょっとちぐはぐなことがあっておもしろかった。

 社会人になってからは、転職やアルバイトなどをするとその会社の取引銀行で口座を作らされるので、どんどんと口座が増えて、最初の太陽神戸銀行に由来する銀行(おそらくは住友銀行)は、やがて使わなくなってしまったのだろうと思う。

 現在のみずほ銀は、最後に会社員をしていたころのもの(第一勧銀の銀座一丁目支店)と、高円寺北口の(もともと富士銀行だった)みずほである。前者のキャッシュカードはいまだに「第一勧銀のハートカード」で、30年以上前に作成したものであるのに、今日はATMでの入金に使えた。すばらしい物持ちの良さである。

気を取り直して

 午前にちょっとしたことがあり心が乱された。昨日から予感していたのだが、やはり実際にそうであったと確認した場合には、威力が違う。ゆっくりとだがずっしりと、内側に薄暗い雲のようなものが立ちこめる感覚だ。

 だが少しして、気を取り直した。
 そして家族と話し合い、以前からほしかった家電を注文することになった。いまほしい生活用品がふたつあり、そのうちのひとつを先に検討したのだ。いったん別に設置していた買い物ブログもこちらで継続することにしたので、今後は買ったものもこちらのmikimarulogで紹介していきたい。

 このところ新型コロナ(への日本政府の対策)やウクライナのことで、前向きに考えることが難しくなってきている。社会に閉塞感がただよっているのは気のせいではなく、わたし以外でも明るくなれない人はいるように感じる。

 これから先の数日で、北陸などで例を見ないほどの大寒波だそうだ。関東も寒くなるだろう。
 とりあえず、春を待つ。

関東で3人組の強盗事件が相次ぐ

 ニュースなどによると、2023年になってからだけでも、関東地方で同一犯(または同一の手口で誰かに雇われた)による強盗事件が、7件程度あるという。盗むといってもその手口は空き巣でも居空きでもなく(←居空きとは居住者に気づかれないように盗むこと)、あくまで強盗である。

 捕まれば他の窃盗に比べて格段に罪が重いのが強盗だ。留守を狙わず家の人間を脅したり暴行して金を持ち去るのだから、覚悟してきている。そんな相手には、事前に侵入しづらい工夫とか狙われにくくするといった「思いとどまらせる心理的な歯止め」は効果がない——おそらく「この家」と決めたら、あとはタイミングを待つだけなのだろうから。

 つまり、狙われてからでは、事件発生の回避は困難なのだ。こんな恐ろしいことがあるだろうか。

 この数年の新築家屋の傾向として、外から見られたくないからと1階はとくに窓をかなり減らし、2階以上でもベランダを狭くして窓も減らす(小さな窓を何カ所かに配置して太陽の光はある程度まで採りいれる)というデザインが増えてきているように思うが、これまでわたしは「息苦しそう」という印象しか持たなかった。見られたくないという気持ちが強すぎると、外を見たいという気持ちに制限がかかるはずだ。
 だが、息苦しいかどうか以上に、いったん屋内で異常(たとえば強盗に縛り上げられるような状況)が発生したら、周囲にも気づかれにくいことになりかねないと、あらためて考えた。

 現在たまたま住んでいる借家が、角度の関係で内部はさほど見えないものの、玄関だけは周辺のお宅からよく見える状況であり、最初は気づかなかったが住むうちに得た安心感と恩恵に浴している。何時にどんな人がやってきたか人に丸見えというのは、逆に言えば安心感だ。間違った情報で資産家という誤解を受けないかぎり、狙われる順位は低いかと思う。

 それに外出時も、SNS等ではかならず「帰宅してから」どこそこへ行ったと書くようにしている。

 ただ、気にかかることがある。

 強盗グループに誤った資産情報が流れていて金持ちと勘違いされたり、当日どれほど脅されても現金が数万円程度しかない場合に(現金は自分の財布の中にしか持っていない人も多い昨今)、腹いせで暴力が増したりするのだろうか。狛江市の90歳女性が亡くなったのも同じ指示役の事件らしいと報道されているが、高齢女性を手にかけるなど、許しがたい。さぞかし苦しく、ご無念であったはうzだ。

 犯行グループの一日も早い検挙を願ってやまない。