エスカレーターを歩かない条例、埼玉県議会で可決

 これはちょっと、今後のなりゆきに興味がある → 東京新聞 2021.03.08 全国初の「エスカレーターを歩かない条例」案 埼玉県議会が可決へ 

 エスカレーターの片側を開けて乗る習慣をつけることで、エスカレーターが壊れやすくなったり、どちらかの側にしか立てない(逆の側では手すりにつかまれない)立場の人が、とても怖い思いをしているという話を、聞いたことがある。

 さらに、これは個人的に思うのだが、どちらか側に乗りたいと希望することでエスカレーターの手前に人の停滞する時間が発生し、けっきょく利用者全体の利用時間としては、長くなることはないのだろうか。もし多くの人が両側に立って動かず乗ったら、その人たちは同じスピードで移動できる。だが歩く側に立つ人を作るために歩かない側に並ぶ人が出れば、その人たちは少なくとも遅くなる。そして歩く側の人は、場合によってはプレッシャーを感じて「走る」に近い状態になるかもしれず、危険性が増す。いいことがあまりない。

 ただ、こうした問題は、自治体の条例がひとつできたからということでは変化に直接は結びつかず、同時発生的にほかの自治体の追随があるか、またはエスカレーターを有している駅や大手商業施設などが人員を配置してでも、声かけを長期間(数ヶ月以上)つづけるなどの努力が必要なのではと思う。

 実は、これまで何度か「歩かない方がいい」と考えてきたというのに、両側に立つ度胸がない。交通機関の場合は、とくにだ。デパートなど商業施設では好きな側に乗っているが(ごくまれに何で立っているんだという顔をされることもあるものの)、駅では人がかなり多く、殺伐としているので、怖くてできない。

 この件の、今後に注目。

マイナンバーカード普及率

 今月頭の段階で、マイナンバーカードの全国普及率は26%だと読んだが → NHK 2021.03.07 マイナンバーカード 健康保険証としても利用可に 本格運用へ

 去年の1年間でだいぶ増えたらしいとはいえ、まだ3割に届かず。

 普及のための予算のかけ方が、気になる。半端な金額ではない。さらに、中にはカードとしては使わないがマイナポイントのために取得するという人もいるらしく、そのポイントの原資が税金であることを思うと、気持ちがもやもやする。GoToトラベル/イートなどに通じる「もやもや」である。

 わたしは写真付きの身分証明書が手元にない関係で、いつかは取得せねばならないかと思っていたものの、今年の頭に別の事情が生じて、予想していたよりも早く、取得することになった。
 申請から3週間で連絡がきて、受け取りの予約をするまでに(電話が通じるまでに)時間がかかったため、申請して実際に手にするまでが、だいたい5週間という計算になる。

 申請はスマホでおこなった。郵送だともう少しかかるのだろう。

アンケートの選択肢について

 昨日だが、Netflixから「アンケートにご協力を」と案内メールが来た。質問数は多そうだったが、意見を書く欄もあるだろうし、ちょっとやってみようかと、中を見てみた。

 だが、質問の選択肢に「該当しない」または「その他」がないとわかり、途中でやめてしまった。

 世の中には字幕作品は見ない/吹き替え作品は見ない、という人が少なからずいる。そして、家の中に小さな子供がいるとはかぎらない。だがそれらの設問では、字幕や吹き替えの満足度、子供向け作品の充実度について「該当なし」がなかった。わが家のような字幕専門の中高年には無縁の設問であるが、それらを飛ばして次に行くことができない。

 できるだけどれかに当てはめてほしい、その他を選ばないでほしいという気持ちが働くのかもしれないが、はっきり言って、ダメダメのアンケートである。

 途中まで記述欄にまじめなことも書いたのだが、終えることができなくて残念だった。

パワーポイントを触ってみるか(追記あり)

 さっき「思い描いているものは簡単そうな気がするが、どうやって作るのかがわからない」というものに遭遇した。たとえば、動画で縦書きの文章を左から右へ、何行かずつの単位で、流れるように移動させる動画が作りたかったのだ。

 検索してみたところ、そういう動作はパワーポイントなどのプレゼン用ソフトでアニメーションとして処理するとよいらしい。
 MacにインストールされているKeynoteもプレゼン用ソフトではあるらしいが、そもそも縦書きのための作業が面倒そうだった。テキストボックスを範囲指定してその中に縦書きで文章貼りつけてどうのこうのと読んだ段階で、とりあえずあとでいいやと、回れ右した。

 Office365は、年額いくらのサブスクリプション制になってしまってから、縁遠くなって、ほとんど使っていない。ただ有料会員になっているDropbox経由で、提携しているソフトとしてOffice365が使えるため、練習してみるには、いい機会となるかもしれない。

 わたしは表計算ソフトやデータベースは以前から好きで、かつてはそこそこ高額なソフトも含めて何社かを使ってきたが、プレゼン系は、まったく経験がない。

 さて、明日からちょっと触ってみよう。もう少し簡単そうなものを思いついたら、そちらを試してみればいいのだから。

 翌日追記:
 ご覧になっていた方から、せっかくMacユーザなのだからKeynoteを使いましょうという励ましの言葉をいただいたので、あらためて調べてみると、わたしが昨日読んでいた記事はけっこう古いものだったようだ。最近はKeynoteでも縦書きが簡単だし、わたしがやろうとしていることも、実現できるものだとわかった。

 最近になって書かれたブログ記事を検索してみると、keynoteはけっこう楽しそう、便利そうである。

 しばらく、勉強してみよう。

マイクを買った話

 いま、音声の録音に凝っている。
 マイクが3000円前後で買えるなどと知らなかった人間としては「1年の遅れをこれから取り返すぞ」の気分である。

 以前から何度か書いているかと思うが、去年の4月か5月ころに、童話など著作権切れの話を朗読して、ネットに載せようかと考えた。
 そのとき…

  •  雑音除去の問題で引っかかったこと(音声ファイル形式やソフトの問題、そして音のいいマイクは高いから買えないと思いこんでいたハードの問題ともに)
  •  当時わたしが利用を考えていた音声配信のプラットフォームが、録音のインポート機能なし(つまりその配信サイトのメニューで録音を開始し、生でしゃべったものを簡単な編集をして配信する)だったので「そんなんいくらなんでも無理っしょ〜」と思ったこと
  •  …で、結果として、話が塩漬けになってしまった。

     ところが、つい先日マイクの話をFacebookで書くと、20年以上も前から知り合いの知人が「安いのもあるんだよね」と話をはじめた。安いマイクを比較している動画もあるからYouTube見てみれば、と。
     動画を見て、改めてマイクを検索すると、たしかに3000円台から買えるらしい。しかもWi-Fiのヘッドセットではなくて置き型タイプでも、それくらいからあるのだ。

     そして、マイクが音を一方向から拾うものであれば、多くの問題が解決する。周囲の覆いを以前より強固な段ボールで作れば、雑音除去のソフトについて心配しなくても、なんとかなるような気がしてきた。さらに、最初に考えていたものと別の配信サービスを使えば、作っておいた音声ファイルをそのサイトにインポートできることもわかった。

     すっかりやる気になって、たった半日の検討後、Amazonでポチッ。そして翌日これが家にやってきた。

     到着後、ただ広げてみたところ。これがすべて付属で2980円。
    Amazon限定品のマイク(マランツ)

     組み立ててみたところ。
    Amazon限定品のマイク(マランツ)

     ここには付属していないが、アダプタに接続するイヤホンまたはヘッドフォンは、あったほうがいい。挿す穴の数はその分だけ余裕がある。
     イヤホンは家に余っていたので、ほとんど何も買わずに使用を開始することができた。

     なお、付属のアダプタケーブルは、type-cのパソコンやタブレットにつなげるものなので、それ以外のものにつなげたい場合は、買いに行く必要があるかもしれない。

     数日ほど実験してみて、いまのところ問題なし。音声はクリア。よほどのこと——たとえば家の前を石焼き芋屋でも通らないかぎりは、なんとかなりそうな気がする。ほとんど雑音除去のソフトにもお世話になっていない。

     今回購入したのは…

     Amazonの、この商品。
     なお、よく似た名前で6000円のものもあるので、注意。

     というわけで、現在のところ音声のテスト中である。目指せ、朗読。 

    (それにしても、その知人とはずっといろいろな話をしてきたつもりだが、なぜ20年以上ものあいだ安いマイクの話が出なかったのか、その謎は残る…)

    中野駅の西口(予定)は

     何年か前から、いろいろ作業が進んできているのかと思っていたが(たとえば周辺のバス停が大移動)、なんと中野駅の西口改札完成と、駅の上をブリッジのようにつなぐ建物(商業施設も含む)がお目見えするのは、2026年以降らしい。

     ネットで検索したところ、2016年ころまでの予測では、今年(2021年)くらいにはほぼできているのではとのことだったが、その後に、遅れが正式発表されたとのこと。

     なんとなくこれまで、西口改札ができる場所というのは現在バス停が移動してきているロータリーのあたり(つまり線路の北側)かと思っていたところ、完成予想図を見ると、南側だった。ビルらが立ち並んでいた一画を解体工事している、線路沿い南側が予定地らしい。

     改札ができたら、駅全体を覆うように南北通路を兼ねた建物ができて、その翌年に商業施設オープンなのだとか。

    (もっとも、今日わたしが書いているこの内容も2019年ころに発表された区の情報とネット上のまとめ記事からの推測なので、最新というわけではない)

     北口の改札を出てすぐにあったバスロータリーが、現在は中野通を挟んでサンプラザ近くの位置(線路寄りのロータリーと、サンプラザ周辺)に分散されたことだけ考えても、歩く距離を減らしたいご高齢の方々には、不便になっているはず。わたしも実は西口の早期開設を期待していただけに、2026年というのは、ちょっと残念である。とほほ。

     ともあれ、楽しみにしときます、中野区長さん(←なんとも偉そうだっ)。

    Facebookでの動画保存

     今日、稼働中のバウムクーヘン焼成機の前を通りかかり、動画撮影してくださった方が、Facebookページのほうへメッセージでご連絡くださった。その動画をもらってもいいですかと尋ね、すぐに許可をいただいたので、ダウンロードしようと思ったが…あれ、Facebookは、動画ダウンロードのメニューって、なかったのか?

     作品として一般公開されている動画に対して、ダウンロード用のボタンがないのは当然と思うが(Facebookやネット上で、正規の方法でシェアをしてもらいたいという意図)、個人的にメッセージに添付されていた動画なのだから、いいのではという気がする。もしや、好ましからざる動画の拡散を手助けしてしまうことへの、懸念なのだろうか。

     画像に関しては、もちろん長押しで保存できる。だが、動画での長押しは何も起こらなかった。

     悩んでいても仕方ないので、まずはメッセージを読んでいたiPhoneのメニューから、画面収録を使ってみた。だがこれはけっこう面倒だ。自分のiPhone画面の上下がはいるから、あとでトリミングの編集しなければならない。
     そこで、Macから同じメッセージを開いて、おなじみの「Shift + Command + 5」で動画の位置を選択し、画面の取り込みではなくて「画面収録」を押して、保存した。めでたしめでたし。

     今回の動画は15秒前後の、音なし(多少の音はあっただろうが消させていただいた)状態。これならばこの方法がうまくいく。

     音ありのものであれば、以前に書いたこちらをどうぞ。 → Macでの録画方法

    ぼちぼち、1年か

     去年は2月の中旬くらいから「ほんとうにマスクなどが店頭にないな」と、少しずつ焦りが出ていた。別件で買ってあった無水エタノールを精製水で割れば消毒に使えるので、エタノールについてはそれほど心配していなかったが、とにかくマスク。

     まだ、ハンカチにキッチンペーパーを挟んで使う人もほとんどいなかった。それは3月や4月になってから一般的になったように記憶している。

     SNSに載せた写真を見ていたら、去年の2月末に「アルコールにも使えるスプレーボトルが1個買えた」と、うれしそうに書いていた。そうだった。そのときは偶然に1本買えたが、その後は何ヶ月も同製品は見かけなかったと思う。
     そのとき買ったボトルをくり返し使っているが、ねんのためにもう1本買っておいて、まだ手元にある。

     あのころは、買い占めということはしなかった(できなかった)が、なんだか店に行くたびにマスクや紙類の商品棚を見るのが、習慣になってしまった。ないとわかっていても目が行ってしまったものだ。

     マスクは、かなり高い時期に50枚入りをネットで1箱、その後、やや高い時期にもう1箱。その後は国産の商品(シャープなど)の抽選販売、チャリティを兼ねた商品(おすそわけしマスク)の購入、そして値段が落ちついてきてからのものを何種類か購入して、現在に至る。

     この1年で、いろいろなことが変わった。マスクやアルコール製品の流通は潤沢になったが、人と会って話すことがなくなったし、気軽に「会おうよ」とも声を掛けづらくなった。

    モバイルTカードと、電子マネーの話

     モバイルTカードのほうがポイントが高くなる店があった。出かける前にその店の情報を見ていたので、呼び出しやすいように、その店のアプリからモバイルTカードをクリックできるようにしたら「本人確認のためナビダイヤルに登録番号から電話をしてください」とのこと。

     わたしはナビダイヤルというのが苦手で、なぜ個々人が登録しているであろう電話代の定額プランや割引の対象にしてくれないのかと不満だ。わたしは10分以内に電話を切れば通話無料というプランだが、ナビダイヤルは通話が1分でも数十円の料金がかかる。

     ——まあ、その話は本質ではないので、つづきを書くとしよう。

     店のアプリからモバイルTカード情報が呼び出せるようになったわけだが、もともとモバイルTカードアプリはインストールしてあるほか、PayPay画面からも呼べるようになっている。

     まさかと思い、その二つを見ると、なんとどちらも「ナビダイヤルで本人確認をしてください」だそうだ。モバイルTカード公式アプリは、番号だけは表示されていて一部のメニューさえ押さなければ使えるのだが、PayPayからは電話をかけて認証が必要という。

     同じ端末の中にモバイルTカードのアプリ(公式アプリひとつと、Tカード情報呼び出しアプリがふたつ)がはいっていて、もしそれらをスムーズに使いたかったら3回電話をしろだとーっ。許せん〜。
     …ということで、電話はしないことにした。会員バーコードさえわかればいいなら公式アプリを別に立ち上げておいて、支払時に見せればよいのだから。

     さて、今日の目撃。電子マネーについて。

     現金、ごく一部のクレジットカード、PayPayしか使えない店が近所にある。いちおうチェーン店だが、チェーンすべてがその方針らしいと聞いている。

     若い女性が、レジで支払いをしようとしてクレジットカードを出した。店員さんが「○○カード以外は、使えないのです。ほかは現金か、PayPayだけです」と言うと、女性は絶句して、財布の中をちらっと見てから、「じゃあ、いいです」と、レジに商品をおいたまま帰った。店員さんは謝っていた。

     たしかに若い世代では、支払いが現金かPayPayのみと言われたら、困る人もいるかと思う。以前に聞いた話では、若い世代はLinePay利用者が多く、年齢層が上がるに従って楽天PayとPayPayが増えるのだとか。

     電子マネーやカードに何種類も対応するのは店としてたいへんと思うが(手数料だけを考えても)、取り扱いカードを増やすことが無理ならば、せめてQRコード系でもうひとつくらい用意してあげたらどうだろうかと、そんな風に考えた。

    訳せるジョークばかりではない

     先日Facebookで「これはけっこう引っかかる人がいるのでは」と思う、すばらしいジョークを見つけた。
     実はコメント欄を見て笑い合っている人たちを見ても、わたしにはしばらく意味がわからなかった。かなり遅れて、ようやく頭が追いついた。

     いちおうこのジョークは、訳せないことはない。ではお目にかけよう。

     ちなみに家族にも読ませたが、引っかけ問題だということは承知しているからか、丁寧に音読している本人の横で「あ〜、やっぱり引っかかった」と、にんまり。つまり読み上げれば気づける可能性が、あるものだ。

     

     
    =====
     ペニーには5人の子がいた。最初の子は1月と名付けられた。次の子は2月。その次の子は3月だ。そして4番目は4月。

     5番目の子の名は、何。
    =====

     たいへん聡明な読者のみなさんは、おわかりかと思う。ではごきげんよう。