不動産のサイトを見ていて思う

 この数年の住宅値上がりは半端ない。しかも新築の場合は、給湯システムや床暖房ほか、屋内に入れる予定だったシステム各種が新型コロナによる供給不足で部品調達が遅れるなどしているとも聞く。完成を待っているあいだに日数が過ぎ、あるいは以前なら検討対象ではなかったメーカーに変更するなど、いろいろな影響が出ているようだ。工期の遅れは価格で回収したいと考えるのが業界というものだろうが、価格に転嫁するにも人に買ってもらえないほどの金額は付けられない。

 界隈の物件だけを見ていても、供給しようとする量は多いようだが、はたして健全なタイミングで売れているのだろうか。新築なのに数ヶ月以上も売れていない家は、そこそこある。

 買う方の立場を想像しても、現在の高騰した時期に無理をして「数年後に売却しなければならなくなったとき、価格が下がって売れないのでは」という心配は、おそらくあるだろう。

 以前は新築と中古はかなり価格の開きがあった。だが現在に関して書けば新築と築浅中古物件は開きがなくなってきている。ならば築浅ではなくそこそこ古い物件を購入して少しずつ修繕するのはどうかと考えても、部品調達が難しいのは新築と条件が同じだろうし、以前よりもリフォーム代や期間がかかることは間違いないだろう。湿気の多い土地にある日本の家屋は、木造の場合はとくにだが、おそらく築30年弱が、売買のぎりぎりラインではないかと思われる。

 これで、東京都独自に「新築物件には太陽光発電を必須にする」というお達しを住宅メーカーに出した場合、価格がさらに上がる。住宅メーカーにしてみればそんなお達しが来る前に作ってしまったほうが気楽かもしれない。

 そろそろ、住宅情報サイトを頻繁に見るようになって、1年くらい経つように思うが、この1年のあいだでさえ、相場が数百万円くらい上がったように感じている。この高騰はいつまでつづくのか。

 いま住んでいる場所は好きだが、次の引っ越しについて頭を悩ませている。そろそろ賃貸を卒業したい気持ちは強いが、よほどの「訳あり」物件でもないかぎり持ち家も難しい。とくにこの数年は、手が出る金額ではない。

cuocaのオンラインショップが終了していた

 製菓製パンに感心のある方ならsば利用した(もしくは名前を知っていた)であろうcuoca。やや割高に感じられるものはあっても洗練された商品が揃い、眺めているだけでも楽しいサイトだった。ひさしぶりに見にいったところ、今年の6月末で、通販は富澤商店のサイトと統合したと書かれていた。

 2017年の9月から富澤商店の傘下にはいっていた。それでもオンラインショッピングはそれぞれが継続していたので、ちょっと不思議だなとは思ったのだが、おそらくcuocaという名前と長くつづいてきたブランドの矜持、そして昔からの社風や顧客など、あれこれ考えるところがあったのだろう。
 富澤商店のほうではcuocaブランドのものも扱っていたが、ざっと見たかぎりでは、cuocaのほうで富澤ブランドを強く押し出していたような記憶がない。トップページなどいたるところに富澤商店へのリンクが目立つように書かれていたので、あくまでそれまでの顧客を大切にしたいということだったのかもしれない。

 誰もまだパートフィロ(薄い皮)を使った菓子を家庭で作れると想像していなかったころ、クオカにはあった。店頭でも通販でも扱っていた。その後は海外からの輸入食材を扱う店が増えて、現在でこそフランスの冷凍食品を扱うピカールなどで買うこともできるが、当時のクオカは画期的だった。

 いまは新宿駅東口で「ビックカメラ」になってしまった旧三越の地下に店があり、そこに出かけて商品を眺めるのが好きだった。ビックカメラにユニクロが同居してビックロと呼ばれても、10年で賃借の期間が終わるのでまた食品を扱う店がもどってくれるのかと思っていたら、そのままビックカメラが残ってしまった。あの旧三越のフロアにあったパン屋のジョアンも好きだった。

セブンミールのネット注文が再開予定らしい

 このところ、セブンイレブン、イトーヨーカドー、西武・そごうのeデパートほかをまとめていたサイト Omni7 (オムニセブン)内部がめまぐるしくリニューアルをしている。この数ヶ月、正直なところ混乱しているし不便だし、またもやメニューを大幅に再編成かよ〜という気持ちになっている。

 なかでも、今年の2月からセブンミールの申し込みが止まっている件(ネットのみ休止で、各店頭では相談できるらしい)は気になっていた。秋ころ再開らしいと聞いていたが、ようやく9月1日に決まったようだ。

 セブンミールというのは、高齢者などの買い物や調理が難しいご家庭がm近くのセブンイレブンに頼んで弁当類を配達してもらうものだ。わが家は義母がいたころに、利用はしていなかったものの、いつお世話になるかわからないからと情報はチェックしていた。

 ネットを休んでいる現状では、利用したい人が自分で最寄りのセブンイレブンに行き、説明を受けて配達を申し込むスタイルらしい。だがそれだと事前に「どんなメニューがあるのか」などの細かい検討が難しく、わが家のように「情報だけでも知っておきたい」という人間にとっては、ネット通販でメニューが見られないのは不便だった。

盆の入りだが、関東は台風

 最近はあまり足腰がよくない田舎の実母から「盆の入りだから買い物に出た」という電話があった。驚いて「東京は雨だが、そちらは降っていなかったのか」と尋ねると、「車の外がよく見えないくらい降っていた」との返事。さらに頭が混乱したわたしは「車の中で待っていたのか」と尋ねたが、運転してもらい、杖などを使いながら店内にはいったという。

 大雨で滑りやすかったであろうスーパーの床を思うと、年寄りがそんな危ないことをと聞いていてはらはらしたが、無事に帰ってこられたようで何よりだ。

 東京も朝のうちの雨が強く、ゴミの日ではなかったのでのんびり寝ていようかと思ったが、それでも耳にはいってくる雨音だった。午後にいったん少し弱くなったが、夕方からはまた一段と激しく。仏壇に供える果物は前日に買ってあったので、ポケモンもピクミンもせずに、家にいることにした。

 数年前のブログやメモを見ると、8月のこの時期に「電車で座れた、びっくり」やら、「新宿で1車両に6人しか乗ってこなかった」やら、驚くようなことが書いてある。さすがに2年前からは、たいした人数が都内から減るわけではないので、スーパーなども普通の休日程度には混んでいるが、今後に関しては、やはり分散型の休日を取るようなゆとりがあったほうがいいように感じる。お盆の1週間程度だけ集中して移動したり店を一斉に閉めたりするよりも、1ヶ月くらいの長めの期間で、分散しながら休みをとったほうが、気楽でいいのではないだろうか、

楽天Payが認証方法を変更予定

 楽天Payからメールでお知らせがきた。

 おそらく楽天Payアプリをインストールしてすぐの、初回起動時の認証のことではないかと思うが、9月からそれを音声通話付きSIMが必要となる方式に変更予定だという。楽天Payはよく使っているが、アプリからはめったなことではログアウトしないので、おそらく毎回電話をしろというのではないと信じたいが、どうなのだろうか。

 アプリに表示された電話番号にかけて認証を済ませてから使用するという説明だった。データ通信のみで音声通話機能のないSIMの場合は使えなくなるという。

 メールを読んだ最初のうちはその内容が信じられず、公式サイトのトップページからまだリンクされていないURLが本文に含まれていたため、疑わしいメールなのかどうかクリックを躊躇していた。だがネット上でたくさんのみなさんが同じ話を書いていて、リンク先も正しいことがわかった。わたしと同様に驚いている人もいた。

 わたしは現在スマホを1台にまとめてデュアルSIMにしているし、どちらの回線も通話可能にしておいたため、今回の件は問題ない。だが、通話の用途として最低限の機能がついたスマホ(またはガラケー)を持ち歩き、ネットを見るときにはデータ通信だけできるタブレットと持つという人も、多いのではないだろうか。そういう人たちをすっぱり切ってしまっては、楽天Payのほうが利用者から切られてしまうことも考えられる。

 急すぎる。そして強引すぎる。
 これでもし楽天Payの利用者が減って、サービスの取扱店も減ったら、不便になるのは現状の利用者だ。

買い物や食レポは「自腹」が原則

 何年か前に書いたような気がして検索したら、10年以上前に1件。

「自腹を切って取り寄せる」ということ

 そして今年の2月に1件。

顧客を利用したマーケティングのもろさ

 わたしは食べ物についてネットに書くには、自腹での購入が原則という方針を持っている。あらかじめのリサーチはほどほどに、うまいかまずいか自腹で取り寄せて試してみる。うまかったらにんまりし、まずかったらがっかりする。それでいい。

 ありがたいことに、バウムクーヘンのサイトを10年以上運営していると、差し上げましょうかとお声をかけてくださる店がときおりある。その都度、お気持ちに感謝しつつも丁重に辞退している。可能ならば自分で買うが、レアものなどは通常ルートによって自分で手配できないため、あきらめる。順番待ちや抽選で心待ちにしている従来の顧客の脇から、こっそりいただくわけにはいかないし、買ったふりをしてそれをレポートすることはできない。

 このところあまり取り寄せをしていなかったが、この夏はいくつか、またバウムクーヘンを入手する機会がありそうだ。

コロナ禍と統一教会関連話題にまぎれて

 …さらっと内閣改造がおこなわれた。さらっとである。(2022.08.10 首相官邸のサイトで閣僚のみなさんの集合写真
 いまやることかと思う。やるのならば「統一教会がらみのスキャンダルがまったくない人を閣僚に選びました、ほんとにとんでもない話ですね、今後も与党として統一教会とはきっぱり手を切ります」とでも言ってもらいたかったが、岸田首相が発したのは「自分は関係していなかったです(し、自民党全体としても関係していません)」のみ。もっと具体的なことを言えないのか。

 新型コロナは8月になってから過去最高の陽性者数(発覚し保健所に連絡がいった数)を更新する日が何度もあり、以前は重症化しないとの話も聞かれた子供や年少者も含めて、重症者が増えこそすれ減っていない。お盆の移動シーズンにも何も手を打たず、内閣改造である。お盆が近づいて陽性者の前週比が減りつつあるが、これがほんとうに「減っている」のかどうか。
 もしや、お盆が終わって大勢が都市部にもどったとき、受診や検査を控えて往復した人がいた(あるいは大事をとってどこにも行かず家から動かなかった人もいた)可能性もゼロではない。お盆のあとで検査や医療機関へ駆け込む人がいるかどうか、それがわかるまで、ピークアウトしたのではと想像するのは希望的観測すぎる。

 7月末には、救急隊員が高齢者の家に到着し、100件以上の電話をかけても搬送先が見つけられなかった件が広く報道された。男性は在宅のまま亡くなった。

 2年半もあって、政府は何をしているのか。
 それに対して、もっと怒ってはいけないのか。

丁寧すぎる人

 数日前の炎天下、玄関のチャイムが鳴った。配達の予定はなかったので「セールスか、宗教か、それ以外か」とインターホンを取ると、60代くらいに聞こえる丁寧な男性の声。

「あの、わたしですね、○○と申しまして」と、名字から用件をはじめる。…いや、これはまずい。これが女性の声ならほぼ間違いなく「朝起き会」だ。

 はあ、と聞いていると「孫と一緒に○○方向からずっと歩いてきたのです」と、予備情報まで言う。これも相当まずい。用件がわからないうちは、こちらも警戒して、かなり怪しい予想をしてしまいそうになる。

 ところが最後まで聞くと、お孫さんと一緒に歩いていたのは自転車がパンクしたから(?)で、わが家のすぐ近くの路上に自転車の空気入れが見えたので貸してもらえないかということらしかった。思わず、テレビCMの松重豊ではないが「それ、早く言ってよ」である。

 その自転車の空気入れはわたしのものではなかったので、おそらく所有者はどこそこの人ですとお伝えすると、去っていった。無事に借りられただろうか。

 丁寧すぎる人を疑ってしまう世知辛い世の中ではあるが、せめて男性がお孫さんと無事に帰れたことを祈るのみ。

 

夕方は、中野へ。シャトレーゼは今日も列。

 月曜の夕方は中野ブロードウェイに用事があったので、行きは歩きながらポケモンGoとピクミン・ブルーム、そして帰りはバスで出かけてきた。

 相変わらずシャトレーゼの列がすごい。前回の訪問は「できて半月だし、お昼時で人が歩いているし」と思ったのだが、今回は平日の夕方だ。しかもレジが(故障かなにかで?)ひとつで対応していたらしく、客が動いているように見えない。
 対照的なのは向かいにある不二家で、洋菓子に関してはケーキなど似たような商品を扱っているというのに、ガラガラである。

 思わず笑ってしまったのが、わたしたちが通り過ぎるときにその列を見た女性ふたり。そのうちひとりが立ち止まって「なんだろう、この列は、シャトレーゼって書いてあるけれど」と言う。もうひとりが(おそらくはこの界隈の人ではないのだろうが)「普通のシャトレーゼだよ、なんで並んでいるかわからないけど——ほら見なくていいよ、普通のシャトレーゼだってば」と、けっこうどや顔。

 …いや、東京23区西部には、ほとんどシャトレーゼは存在しないのだ。大きめスーパーの一部に間借りのように売り場がある事例を見た人もいるが、シャトレーゼだけで単独の店舗、しかもそれが「最近になってできた」となれば、人は並ぶのである。あの「見なくていいよ」の方は、もしや東京都下または23区東部にお住まいかもしれない。

 中野ブロードウェイにあのような明るい店ができて、正直なところ驚いているし、今後に期待もしている。客層も厚くなるのではないだろうか。
 いままではわたしも、商店街を歩いたらブロードウェイの手前を左折し中野通に出て、サンクオーレの中にある書店やヨークフーズを見て終わりにしていたが、今後はおそらく「ブロードウェイでちょっとシャトレーゼを見ていくか」という気分になる日が増えるはずだ。

家具のレンタル(サブスク)があるらしい

 1ヶ月ほど前になるが、田舎の家に日帰りした。50年くらい前から使っていそうな食卓がそのままあった。途中で一度は建て替えがあったはずだが、その際にどこかにしまって、建て替えが済むとまた並べたのだろう。壊れないかぎりはそれを使う、捨てる理由もないからということなのだろうが、物持ちのよさに驚いた。

 さて、家具のサブスクというものがあるそうだ。引っ越しが多い世帯にはよいかもしれない。数年で引っ越しする場合には、社宅などで家具付きという場合は別だろうが、その家にあったサイズの家具を揃えるのはたいへんである。

 数百円〜数千円の月額料金と、家具そのもののレンタル月額料金がかかるのだそうだが、説明を読んでいるかぎりでは、到着するのはほぼ新品らしい。テーブルやベッドなど大きなものは1年くらい使う人も多いだろうから、それである程度の元が取れるのだろう。また、最低でも数ヶ月はその商品を使ってくれという約束があるようなので、頻繁に納品しては持ち帰る(あるいは交換する)という手間が、軽減できるのだろう。

 使ってみて、けっきょく「このまま買い取れませんか、これ気に入っているので」という人も出てくるのではないかと思うが、そういったことも対応しているのだろうか。

 そういえば小さなお子さんのいるご家庭向けに、おもちゃのサブスクというのもあるらしい。子供が同じおもちゃで遊ぶのは数ヶ月のみと仮定すれば、次から次にレンタルできるのはほんとうにありがたいことだろう。所有すると手放すタイミングが難しいが、最初からレンタルならば、収納の悩みが軽減されるに違いない。