食べ物の旬

 これまで、11月下旬くらいを目安にシュトレンを焼き、12月のクリスマスころにケーキとローストチキン、年末ぎりぎりにおせちを作り、1月6日ころピティビエ(ガレットデロワのフェーブ抜き)を焼いている程度で、何月だからこれを作ろうなどを、あまり意識してこなかった。
 強いていえば、たまたま店で見かければ筍ご飯、栗おこわを作ることはあっても、何月だから作らねばと思ってやっているわけではない。

 だが先日、たまたま美瑛産のアスパラガスの通販を目にした。数時間のみ悩んで「美味しいらしいから」と注文したところ、その日が予約最終日だった。あと半日以上迷っていたらもう買えないところだったが、昨日無事にわが家に到着。1kgもあるので二日連続で食べているが、まだ終わらない。早めにゆでてしまい、タッパーで保存するのが無難かもしれない。明日はそうしよう。

 そしてこれは昨日の日曜日だったと思うのだが、スーパーで青梅と氷砂糖が売られていて「梅酒を作るのは楽しいかもしれないが、梅を食べるのがめんどくさい」と、通過して帰宅したときのこと。ネットを見ていると目の前で知人Aが「梅シロップを仕込んだ」と書いている。うらやましいなと思っていると、つづいて知人Bが「ラム酒で梅を仕込んだ」と書いている。うらやましいが、やはり梅を食べるのが面倒だからと家の者に言うと、ぼりぼり食べればいいのではと、即答された。

 そして今日、出先で別のスーパーに寄った際に目の前に青梅が。そして氷砂糖も。
 だがその売り場では、容器が売り切れていた。家には密封できない普通の広口瓶ならいくつかあるし、密封できるが素材がプラスチックのものもある、だがアルコールを入れるのだからプラスチックはちょっと問題ではと迷いつつ、梅と砂糖だけ買って帰宅。

 けっきょく、家にあるラム酒もあまり量が多くなかったため、お手頃価格のラム酒1本と、果実酒ができそうな容器をヨドバシに注文。明日には届くだろう。

 注文した分はお試しサイズなので、買った梅の全量には使えないはずだ。
 明日あたり、別の容器と別の酒を、ねんのため近所で探してみる。工夫して、梅を漬けてみようと思う。

 

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください