行動範囲が狭い日々

 明日は数ヶ月ぶりに、薬の処方を受けるため隣駅へ。去年の春に「担当医がいる日なら電話で頼めば処方薬を薬局に手配してもらえるらしい」と聞いたが、度胸を出して出かけていた。

 だがそのころよりも何倍もの数で発表される陽性者と重症者の知らせに、昨今では感覚が麻痺したのか、「いったんそんな風に電話で頼んでも、次回が改善されているとは限らないから」と、明日もまた自分で出かけることに。

 というわけで、数ヶ月に一度の「やや都会」な場所へのお出かけである。最近は予約システムがしっかりしているので診察まで数時間も待つようなことはなくなり、病院にいることそのものが、会計も入れて1時間くらいになった。だからそのあとは少し界隈を歩くこともできる。

 あまり混雑していなかったら、買い物をしてこよう。可能ならアイスコーヒーの1杯くらい飲めるかもしれない。それを楽しみに出かけるとしよう。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください