中腰の予防に、浴室掃除グッズを導入

 浴室の掃除は力を入れてしまうことが多く、気づくと腰が痛い。力を入れる回数を減らすためには、普段は楽に掃除して、たまに念入りにやる程度がよいだろう。そこで毎月のように日用品を買っているヨドバシで、柄を付けて長くできるブラシを注文してみた。注文の翌日到着。

 水に濡らして、浴室の床や壁などを拭きながら、同時に水もこまめにかける。それだけ。

風呂掃除グッズ

 このブラシ(化繊を撚った糸のようなもの)は水を含んでいる時間が短いので、たっぷり水に濡らして対象物を擦りながら同時に水をかけ、終わったら最後にも水をかけることで、普段のちょっとした汚れならとれるようだ。ちなみに目に見えて汚れていた窓枠部分は、これだけでだいぶきれいになった。
 汚れのつきやすい部分はときおり洗剤をつけたスポンジで洗うほか、普段はこれだけでいいだろう。力を入れる回数を減らさないと、すぐに体に響く年齢になってしまった。

 この1年ほどで、家電を買い足したり、買い替えたりすることが増えたのも「体に楽をさせたい」という思いからだ。無理をする回数を減らしたい。日本人の平均的な寿命を考えると、先はまだ長そうだから。

今回の商品
通販サイトでは1200円前後〜1400円くらいで売られていることが多く、楽天にもあります。
柄を付けない(手で持つだけ)の使い方をする場合は、同じ商品名で「ショート」というものを探すと、200円くらい安いようです。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。