自宅の階段でコケた話

 外階段でなくてまだよかったのかもしれないと、思うことにしよう。昼ころに郵便の配達があり、郵便受けにはいらないサイズであるため、チャイムが鳴った。外国からの本のようだった。そして玄関に出ようとして2階から降りていく途中で、滑ってコケた。

 尾骶骨周辺を強く打った。

 幸いなことに直後から激痛というわけではなく、あとになって痛くなるとは思ったが普通に郵便を受けとり、部屋にもどってしばし座る。あとで湿布を貼ったり鎮痛剤が必要になるだろうが、ひとまず休みたかった。

 引っ越してきてから何度か「この階段、危ない」と感じていた。実際になにかのはずみによろけてバランスを崩し、壁に体を打ちつけたことが1〜2回あったし、考え事をしながら降りていて踏み外しそうになったこともある。とくに下から3〜4段目のあたりでなにかが起こりやすいと自覚していて、数年前からはねんのために階段に貼りつけるマットを設置していたのだが、それで安心してはいけなかった。スリッパの裏が摩耗していた可能性もあるが、とにかく気をつけねば。

 午後と夕方に、お気に入りの鎮痛剤を計2回服用。バファリンよりは強いはずのものだが、それでも痛みはかなり強いまま夜まで継続している。だが歩くことはできるので(さすがに今日の散歩は中止したものの)、骨折などではないと思われる。
 湿布もしている。

 このまま痛みが薄れるようにと、願わずにいられない。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください