暑さがもどり、夏バテ

 毎日が35℃以上の予報だと、気を引き締めているらしい。7月は毎日大騒ぎしていたが、この数日は30℃前後の日がつづいて、油断していたようだ。そして今日はひさしぶりに暑いと感じた、その途端に体に影響が。

 朝が少し早かったので、午前10時くらいまでには、普段は午前いっぱいかかるような用事が終わっていた。そこで弱くエアコンをかけた部屋で、少しだけのつもりで目を閉じると…おそらく30分か1時間弱だったと思うが、全身に恐ろしいほどの寝汗。これは室温のせいというよりは体調が悪いのだろうと、急いで着替えて、水分をとり、なんとか落ち着こうとするが、起きていられない。それは大昔に経験した低血糖状態にも近い気がして、手近なチョコレートを食べてみもしたが、すぐには効果が出ず。
 起きていようとしても、10分もすると横になりたくてたまらなくなる。体も節々が痛い。

 体調が悪いときにありがちだが、目を閉じるとわずかな時間でもひどい夢を見る。それを見たくないためにさらに目をこじ開けるのだが、せいぜい15分しか持たない。このままでは1日寝ていなければならないだろうかとも考えた。

 午後になって、家族が温かい食事を用意してくれた。それを食べたところ、だいぶ落ち着いたようだ。夏だろうと高気温だろうと、やはり疲れた体には、温かい食べ物はよいと思う。さほどの量を食べないうちから、体が内側からしっかりしてきた。

 夕方には近所のスーパーに、溜まりに溜まったペットボトルを持っていった。粉砕機に入れると1本につきわずかずつポイントがもらえるので、たまに持参している。

 残暑にも、じゅうぶん気をつけねばならない。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.