明るい短編に仕上げたい

 思うところあり、ある場所に短編小説めいたものを出そうと考え、文章を書いている。
 題材は指定されており、その性質からして、先行きに暗さを持つものである。その通りに暗く綴る短編なら誰でも書けるだろうが、書いていて面白くない。読む人もまた「ああ、これも暗いのか」とうんざりするはずである。

 明るく仕上げろという規定があるわけではない。だが明るく書きたい。おもしろくしろとか、感動させろという決まりもないが、文章においては、書き手と読み手のあいだに「相手に誠実であれ」といった暗黙の礼儀はあるように思うので、やはり何らかの含みがあるものを目指したい。

 今回の件に関して、わたしはどうしても書きたいことがあるというよりは、書くことに費やすその「時間」が楽しくて好きなのだろうと思う。

 そして、今日もパソコンの画面に向かっている。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.