製薬会社から医師への謝礼

 講演会の依頼など、さまざまな名目で製薬会社から医師へお金が流れている。すべてを問題視するべきではないのかもしれないが、やはり、かなりの部分はダークと呼べるのではないだろうか。
 たとえば患者や、病院内で立場がまだ確立していない若い医師の考えよりも上に、製薬会社と結びついた医師の意向というものがあれば、それはほんとうに患者のためになる薬の選択とは、言えないように思う。

 NGOが製薬会社から医師にお金が流れているかどうかを調べられるデータベース2016年版を提供しているとのこと( → ワセダクロニクル)。支援があれば2017年版も進めていく予定らしい。ありがたい存在である。

 さっそく自分の知る病院の何名かの医師を入力してみたが、やはりわたしのような庶民が知っている医師は、製薬会社にとって美味しい存在ではないらしく、結びつきはなさそうだった。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment