百恵ちゃん本と餃子に思う、検索システムの揺らぎ

 山口百恵が好きだった。40年ぶりに本を出版したというので検索をかけていたが、なぜかe-hon.ne.jpでは新作が検索できない。おかしいな、なぜだろうと思っていたところ、なんとe-honでは旧字体の「三浦百惠」を入れないと、「三浦百恵」で検索させないというオチだった。ちなみに平仮名で「みうらももえ」なら検索させてくれたが、誰がいったい平仮名で「みうらももえ」と入力するのか。

 百恵と百惠は、どちらでも検索できるようにしておかないと、確実に売り上げを落とすと思う。e-honの人がこんな弱小ブログを見てくれているとは思わないが、とにかく両方に対応してもらいたい。

 イトーヨーカドーのネットスーパーにも、このような件で以前にメールしたが、紋切り型の返事で軽くスルーされた。たとえば以下のような例では、同じものは出てこないので、注文時にわたしが3回入力して確認している(苦笑)。

  • ギョウザ
  • ぎょうざ
  • 餃子
  •  もしかすると「ギョーザ」もあるかもしれない。
     さらに混乱するのは小籠包で、イトーヨーカドーはなぜか社員さんがあまり一般的ではない「小龍包」(龍に竹冠なし)で入力しているようだ。竹冠があるほうが普通だと思うのだが、竹冠があると検索させてくれないので理由がわからず、まじまじと画面を見てようやく気づいた。

     イトーヨーカドーがこのブログを見ることがないのはもちろんだが、メールまでしても意味をわかってくれたとは思えない。わたしはこれからも検索で苦労するのだろう。

    Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

    Comments

    No comments yet.

    Leave a comment