Mac OSを、MojaveからCatalinaに

 iOSは13にするとゲームのFFBEでの動作確認がじゅうぶんではないらしいので見送るつもりでいた。だが、いつもなら半月くらい迷ってからバージョンを上げるMac OSを、何を思ったかお知らせが表示されるままに、素直に更新してしまった。

 Mojaveからでは8.09GB(8ギガバイト以上)をダウンロードしなければならないという。1〜2時間でできるかと思っていたのだが、昼間で混んでいたのか、そうもいかなかった。お知らせが出たのが午後3時過ぎくらいで、ダウンロードを開始してから画面を離れたり用事をこなしているうちに、どれくらいの時間が過ぎたことだろう。おそらく6時過ぎではないかと思うのだが、画面が進んでいることに気づいて再起動。

 すると、だ。。。改編内容が多すぎるのか、しばらく画面がカチャカチャと変わっていたかと思うと、次に「設定しましょう」的な画面に移動したころから挙動不審になった。最初は遅いなと思った程度だったのだが、ついにカクッと動きが止まり「Macを設定中」画面から動かない。フリーズはしていなくて、何も押せるようなメニューはないもののカーソルは動かせた。本体としては異音もしていないし極端な発熱もない。

 1時間くらい放置してから、ネットを見にいった。やはり今日「Macを設定中という画面で止まった」という人が何人もいたようだ。中にはリセットをかけたら普通に動いたという人もいたが、度胸がでないまま、さらに30分以上を待ち、また検索してみた。
 するとアップルのコミュニティで、サポートの人に聞いたら強制終了(電源ボタン押下)をしていいと言ってもらった人がいるとのこと。わたしもさっそくやってみると、Appleのクラウドで使うパスワードを入れなさいと言われたほかは、あまり設定画面もなく、終了した。

 使えないソフトはいくつか生じたが、それほど使っていないものだったか、あるいは代替となる類似ソフトがあるものなので、とくに困ることはなさそうだ。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment