昨日、宅急便の営業所で

 荷物を出しに出かける前に、ちょうど「箱のサイズが60cm以内なのはわかっているけれど、重いな。でもヤマト運輸で、重さで別料金を取られたことはたぶんないから、見逃してくれるかも」と話していたところだったが、そんなときに限って重さが微妙だったらしい。

 営業所でタブレットから予約伝票を発行し、窓口で「いま印刷した分の荷物ですので、お願いします」と出した。プリンターから伝票をとり、箱に貼ったあとの係員さんが、そこで秤を見ながらじーっと立ち尽くしてしまった。

 以前によく出かけていた営業所ならば顔なじみの人が何人もいて、わたしが60cmサイズにまとめてきたはずという思いもあってか、梱包を見ただけで「はい、では60cmのサイズで」と言ってもらえることがあった。だがその営業所が午前だけの営業になってしまい、最近は散歩も兼ねて、大型営業所に行くようになったのだ。

 じーっと立って考えている係員さんが口を開き「び、びみょーなところなんです」と言う。どうも2kgの先、100g行くか行かないかのところを針が動いているらしい。
 だがわたしとしても自分から「おまけしてください」というべき立場ではないし、この人はどちらにするのだろうと、待っていた。こういう無言の視線が、いまにして思えばかなりプレッシャーになるのだろう。近くにいた別の係員さんも口を出すことなく、ちらちらこちらを見ているだけで、けっきょくその人は60cmサイズで荷物を受けてくれた。
 断じて、わたしの口からはおまけしてくれと言ったことも、あるいはそういう視線を送ったということも、ない(笑)。何も態度には出していないはずだが、なにやらラッキーだった。

 1回の料金チャージも3000円から対応になっていて(以前は5000円以上)、お得な気分になって帰ってきた。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.