銀行手数料のこと

 もはや施設に移動したために同居していないとはいえ、義母が東京にやってきたときに開設した銀行口座の残高等を、オンラインで確認している。

 振り込みの手数料負担が変更になったらしいと聞いたので、説明を読みに行ってみた。すると、財産のほとんどをみずほ銀で運用している(他行をほとんど使わない)アクティブな方であればともかく、普通程度の運用であれば、他行宛ての振込手数料は220円ほどかかるらしいとわかった。

 いままでは、基準となる締め日に残高が何十万(あるいは100万以上)あるかどうか、などのざっくりしたランク分けだった。そのため、義母の口座からよそに振込をするにも月1回程度は無料のことがあったのだが、今年の春からは、ランクの分け方(基準)が変更になったのだ。

 口座に数十万以上残っていて、みずほマイレークラブを使っている「ほかに」、資産運用の実績があるか、あるいは、みずほマイレージクラブでおすすめのセゾンやUCのクレジットカードを使っているか、などなど(もちろんこれ以外にもあるが省略)に該当しないと、上の方のランクとしてみなされないらしい。そして他行宛ての銀行手数料が無料になるオプションがあるのは、最高のSランクらしい。あれま、即刻アウト〜(笑)。

 まあ、銀行もたいへんなのだろう。お察しする。だが庶民にとっての数百円もまた、けっこう大きく感じられるものだ。世知辛い世の中である。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.