ひさびさに隣駅へ

 何週間ぶりか不明だが、隣駅まで電車に乗ってみた。通院のためだ。
 2ヶ月前は混雑が怖くて病院まで歩いた。今回は人づてに、かつての通勤時間帯よりは人が少ないと聞いたために勇気を出したのだが、なるほど平日の昼間と同じような雰囲気だった。

 昼ころバスに乗って帰ってきたが、そちらは多少の混雑だった。なぜかといえば運転席に近い席をふたつ使用禁止にしていたことと、車内に「詰め合うことは推奨されていない(つまり詰めなくてもいい)」という雰囲気が形成されていて、みんながゆったりすわっていたため、途中から乗った人は数名ほど立っていたためだ。また今日にかぎっていえばだが、同乗した高齢者らにころころ転がすタイプのバッグ(歩行のバランスをとりやすいのだろう)を持つ人が多く、それも車内を狭く感じさせる一因だったかもしれない。

 マルイ2階のカルディは、平日の昼だったが入場制限があり、入り口で数分ほど待たされた。ここは阿佐ヶ谷駅ビル内と違ってずっと休んでいたので、やはり人気なのだろう。

 今後、町や日常はどうなっていくのか、多くの業種や消費者側も手探り状態だが、推移を見守っていきたい。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Leave a comment