小型の衣類乾燥機

 毎年7月上旬ころに「気持ちがどうにかなりそうだ、限界だ」と叫んでいるのが、洗濯物。部屋のいたるところに洗濯物があってじめじめし、気分が悪い。調べていたらFacebookでこの時期よく書いていた。今年は7月6日、去年は7月7日だ。

 というわけで、どうにかなってしまう前に今年こそはと、衣類乾燥機を調達。

小型の衣類乾燥機

 隣に写っているのが中サイズの洗濯機(45リットルくらい)なので、比較して考えるとかなり小ぶり。だがそれでじゅうぶんである。こういった時期に部屋中が洗濯物に占領されるのを防ぐ程度の量(日々の洗濯のうち4割程度)を乾燥機にかけるようにすれば、あとはどうにかなる。

 さらには、いったん干して生乾きになったものを中心に乾燥機にかければ時間も短くて済むので、周辺が暑くなることも緩和できるだろうと計算。洗った直後のものをすべて乾燥機にかけようとすれば、電気の場合は2時間以上かかるだろうが、その場合は周辺の気温が上がるだけでなく、ほかの部屋でエアコンを使う際に心配で仕方ない——。容量を超過してブレーカーが落ちたらパソコンが危険であるため、使う時間は短いほうがいい。

 きょうはそのつもりで、生乾きのもので実験してみた。快適だ。明日からも少なめの量+生乾き状態のもので、使おうと思う。

 これで、明日からハッピーである。

 ちなみにこの商品はわたしが7月6日の午前に「どうにかなってしまうーっ」と叫び、その日のうちに家族が楽天で探したものだが、本日8日の夕方には設置が終わった。発送元は広島だが、ありがたいことである。配達業者さんも、ありがとう。

参考リンク:
今回の商品(楽天)
送料も税もコミで、21900円だった。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。