クロイツカムのバウムクーヘン各種(感想編)

いよいよ、お待ちかねのクロイツカム(個別の感想)。
関連記事 → ドイツのクロイツカムからバウム到着 / クロイツカムのバウムクーヘン各種(原材料編)

まずは、シュガー1段の写真を4枚。

重さ 223g / 直径13.5cm / 中心円 5cm / 高さ 3.5cm弱

周囲は植物油脂と砂糖などを中心としたコーティング(原材料については昨日の記事をどうぞ)

噂には聞いていたが、ほんとに水分がない(^^;。固くて、ややクッキーに近い。味はすさまじく感動があるわけではないし、スパイスもさほど感じないのだが、なんだか気持ちのよい口触り。食べた直後から、たしかめたくて、またひとくち…と、つづきそうになる。あぶないあぶない、1個しかないというのに。

冷やしてみたが、食感はさほど変わらず。ほんの少しだけ水分が感じられたか、あるいは気のせいか…といった程度。そしてその冷やしたものを軽く電子レンジにかけたら、なんと、冷やす前の口触りにもどった。素晴らしいまでの、この可逆性。こんな些細なことに感動したのは、初めてだ(ぷっ)。

まだ半分残っているが、滅多に食べられるものではないので、かみしめて食べたいと思う。

販売時にはサイトに日持ち4週間と書かれていたが、発送時から逆算して2ヶ月くらいのものが到着した。

こちらはバウムシュピッツ。箱から出して袋ごと計ったら、264gだった。粒が何個はいっているかは数えていないが、ひとつがほぼ10gなので、20個以上だろう。

冷やす前と冷やしたあとと、両方食べてみた。さほど違わないが、時節柄、冷たいほうが美味しく感じるし、手にもべたつかないので気楽。

どちらかといえばわたしはリング型のシュガーより、こちらのバウムシュピッツのほうが美味しく感じられた。ドイツのバウムは黒チョコが合う。そしてチョコのせいか、スパイスがとてもよい塩梅。

パッと見、このバウムシュピッツの中はしましまに見えなかったのだが、気のせいだろうか。生地がバウムと同じものというだけなのか、わたしが食べたものがたまたまそうだったのかは、まだわからない。あと何個か割ってみたら、そのときわかるだろう。

こちらも、賞味期限は7月だった。

海外から食べ物を通販したのは、たぶん初めてだと思う。書籍や、何週間かかっても問題ないようなものなら通販経験があるが、今回はよい経験になった。

夏は気温が高いからもう注文できないが、秋になったら、黒チョコのバウムをまた頼んでみたいなぁと、ちょっと思ってみたりして。。。

(通販におつきあいくださったみなさま、ありがとうございました)

参考リンク:
○ クロイツカム(ドイツ語サイトだが英語メニューあり)
○ 楽天市場で、バター使用のバウムクーヘンを見る

○ バウムの書 – バウム選びの参考に

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

「クロイツカムのバウムクーヘン各種(感想編)」への2件のフィードバック

  1. クロイツカムのバウムクーヘン バニラ、思いがけず松江経由で我が家にも届きました。
    大変お世話になりまして、有り難うございました。m(_ _)m

    ひとくち、またひとくち、、、ってわかる〜!
    ずっとカジカジしてたくなりました。(^o^)

  2. ドイツから東京、松江を経て、また東京へもどるとは、長旅でしたね。

    最初のひとくちのインパクトは強くなかったけれど、日々ちょっとずつ食べていたら、しみじみ美味しかったです。スパイスもだんだんと強く感じられるようになってきて(冷蔵保管していたから?)、最後は名残惜しかった。

    もしかしたら、秋にまた買い物しちゃうかも〜?

コメントは受け付けていません。