梨でパン酵母

以前のブログにはバナナ酵母の写真を載せたと思うが、今回は梨の酵母。
酵母液をとるまでの数日間を毎日撮影していたが、違いがわかりやすい初日と3日目を掲載。

このあと、昨日(5日目)まで待って、液をガーゼでしぼって冷蔵庫に入れた。

初日の写真。水と梨を同じ瓶に入れただけ。梨はもっと細かく切れば早く発酵するかと思うが、わたしは別に急いでいなかったので、こうしてみた。

これは3日目。白濁して、泡も大きいのが出ている。
この翌日と翌々日は、細かい泡が少し出る程度だったが、匂いは完全に南国フルーツのような熟した発酵臭だった。

後日、冷蔵庫に入れた液を少しずつ粉と合わせてパン種づくりにはいるが、現在のところはヨーグルト種が3回分くらいあるので、のんびりと作業しようと思う。

参考リンク:
●  酵母の本 → 自家製酵母のおいしいパン
● パンづくり – mikimaru.netリンク集、パンのカテゴリ

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。