フェルダーシェフのバウムクーヘン(限定:レモンフォンダンがけ)

先日、日本橋三越の週替わりの催事に広島のフェルダーシェフが登場。ちょうどその週に日本橋に出かけることができたので、その他の焼き菓子とともに購入した。

レモンフォンダンがけは、その際の出店での限定商品だそうだ。

おなじみのパッケージ。リボンは、いつもは黄色かった…かな?

重さ 183g / 直径 13cm / 中心円 6cm / 高さ 3cm
値段は 1365円だったと思う。

いつもながらのきれいなフォルム。暑いのでフォンダンはすっかり染みこんでしまっていたが、レモンの香りはじゅうぶんだった。

色合いの上品な断面図。なめらか。

広島はレモン栽培の盛んなところで、これから秋冬を中心に「瀬戸田レモン」など国産レモンを店頭で見かけることも増えてくるかと思うが、レモンの菓子類はそれより少し早く、真夏に出まわりはじめる。

試食でいただいたレモンのパウンドケーキは、レモンをかなり強く感じたが、こちらはあくまでフォンダンにレモンを利かせているだけで、控えめなおいしさ。バウムのほかレモンのケーキや焼き菓子を買うと「少し割れてしまって見栄えが悪いのですが」と、担当の方がクッキー類をおまけにつけてくださった。ありがたや。

冷やして食べてみたら、なおのことなめらかさアップ。
これからもフェルダーシェフからは目が離せない。

賞味期限は、約10日くらいだったかと思う。

原材料:
卵、砂糖、バター、小麦粉、はちみつ、生クリーム、マジパン、レモン汁、ラム酒

参考リンク:
○ フェルダーシェフ
○ バウムの書 – バウム選びの参考にどうぞ。
○ 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを見る

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.