創業から96年にして近日閉店: 丸十ベーカリー ヒロセ

 2025年で100周年になるはずだった高円寺駅近くのパン屋「ヒロセ」が、11月いっぱいで閉店とのこと。経営状態のほか、3代目店主である廣瀬主税(ひろせちから)氏の体調がすぐれないことが大きな理由であるようだ。昨日はせっかく退院したというのに無理をしてシベリアを作ってしまい、翌日また入院されたそうだ。

 100年近い店の3代目となれば、ご自分の代で店の灯火が消えてしまうのをどれほどにかつらくとらえていらっしゃるはずだ。だが、いまにして思えば、ご無理が多かった。

 わたしが店のすぐ近くに住んでいたのは30年以上前だが、朝は品数が少なめとはいえ通勤通学の人を考えてサンドイッチなどを売り、昼近くには品を増やして地元の客用に販売、そして夜には学校帰りや勤め帰りの人が買えるような商品があった。遅くまでやっていた。夜の10時過ぎでも開いていたと思う。さらに、当時の店舗(現在の店舗より2軒ほど駅寄り)では、菓子やケーキ類も種類が選べるほどあった。従業員が何人いるのか、どういうシフトなのかはわからなかったが、朝から晩までとは、まさにこの店のためにあるような言葉だった。

 たまに買っていただけだが顔を覚えてもらっていたようで、店主さんに話しかけてもらったこともある。

 その後、商店街入り口近くに移転されたが、また数年後に現在の場所へ。それから少しして、改装のため短期間だが店を閉めた。ちょっとした工事がはいって模様替えがおこなわれたが、早稲田通りにあった本店のビルを手放して、商店街の「駅前店」のほうでパンを焼くことになったらしい。

 かつて本店のビルでは杉並区の学校給食を担当していたらしかった。その焼く量が半端ないため、かなり離れた場所でもパンの香りがしたものだったが、手放すことになるだいぶ前から1階にあった売り場を開けなくなって、工場のみが稼働していた。
 その場所はすで更地になり、工事がはいっている。

 96年つづいたというのは、すばらしいことだ。だがこの先ずっと無理をして「名前」を残すよりも、無理をせずに休み、人々の心に残る存在となることは、どれほどつらくても、必要かつ価値ある決断であろう。

 ヒロセさん、ずっと高円寺にいてくれて、ありがとう。

高円寺の西友がある場所は、かつて映画館だった

 高円寺に映画館があったと聞いて、北口のほうの話だと思ったが、違っていた。
 北口の映画館(現在は自転車置き場)のほうは記憶していたが、南口のパル商店街の最後のほうでエトアール通りに曲がったところにある現在の西友が、かつて映画館があった場所だと初めて知った。

 というのも、先日たまたま書店で買ったこの本にあったからだ。

 電車網があまり発達していなかったころの名残で、阿佐ヶ谷、高円寺、荻窪あたりから伸びるバス路線が長かったという話も、バス好きとしては興味津々。2時間以上かかる路線もあったのだという。
 かつて野方駅と新宿伊勢丹を結ぶ「宿04」があったというのは耳にしているが、ほかにも経由地または目的地として新宿伊勢丹の人気は高かったようだ。

 30年以上も前だが、晴海の見本市会場で、イベントがあると通訳を兼ねた雑務のアルバイトをしていた。あのころは新宿駅西口から晴海までつづくバスがあって、とても楽しかったのを覚えている。皇居は通る、日比谷は通る、銀座、築地、かちどき、そして最後に晴海である。混雑によっては到着が当てにならないこともあったが、なんとも贅沢な時間だった。

「米粉」とは…(粗いのか細かいのか)

 米粉という名称で販売されているものが、粉の細かさがよくわからなくて悩んでしまうことがある。

 これまでは、だんごなどの一般的な用件で「上新粉」を買い、きめの細かいものでは「上用粉(じょうようこ)」あるいは、同じものだが薯蕷饅頭を作るときの粉という意味で「薯蕷粉(じょうよこ)」という区別だった。これらは、うるち米で作られている。

 餅粉、白玉粉は、糯米から作る。餅粉は洗って乾燥させた糯米を挽いたもの、白玉粉は水に浸してやわらかくなった糯米を水に漬けながら挽き、沈殿したものを乾燥させたもの。(参考:埼玉県 御菓子司せきねさんの解説が詳しい

 だが、気になるのは、昨今の「米粉」である。これは人によっては粗いものを連想するだろう。たとえば天ぷらの衣に使うようなものは上新粉だ。だが人によっては、米粉パンという言葉があるのだからかなりきめ細やかな状態の粉に違いないと思うだろう。薯蕷粉レベルのものを期待して、米粉を買い求めるかもしれない。

 そして、ネットで検索しても、細かさについては各店の宣伝文句を参考にするしかないようだ。パンにどうぞと書いているお店や、クッキーにどうぞ、天ぷら粉にどうぞ。ううむ、悩ましい。しかも値段がまたピンキリである。

 実は昨日から実験で上新粉配合のパンを焼いている。上新粉のレベルでもかなりなめらかで、こねていて気持ちのよい手触りだ。だがたしか以前に出かけた製菓実習では、製パンには薯蕷粉を推奨していた。理由はわからない。よりなめらかなのだろうか。

 明日も米粉配合のパンを焼くが、今日の段階で言えることとしては、仕上がりの色合いが明るくて、端っこを食べてみたかぎりでは、美味である。今後もたまに焼いてみたいと考えているところだ。
 わたしは上新粉の細かさで十分なので、上新粉と同程度とわかるもので高すぎないものが見つかれば、購入してみたい。

高円寺にモスバーガーふたたび

 以前は北口の、駅に近いとはいえ狭い路地に面していたモスバーガー。閉店してから2年くらい経つかと思うが、このたび南口のパル商店街(ルック商店街にさしかかる最後のあたり)に、復活したらしい。

 モスバーガーの公式サイトにある地図など基本情報は、こちら → モスバーガー高円寺パル店

 この店の位置は、もともとはなんだっただろうかとGoogleストリートビューで調べたら、焼き鳥屋さんだったようだ。
 あまり南口方向に歩かなくなって1年になるが、以前はこのあたりまでは頻繁に歩いていた。時間があればさらに南下して大通りのクイーンズ伊勢丹まで出かけることがあった。

 ルック商店街にあった三平ストア2階の100円ショップ「シルク」が好きだったのだが、昨年の三平ストア閉店にともない、なくなってしまった。シルクはこのところ、会社の方針によるものか、同系列の別ブランドへの変更で、店舗が減ってきている。さらに減ってさみしいかぎりだ。

 さて、最近はもう、1年自分を甘やかしたあまりに体力がなくなってきているので、近いうちにこのモスバーガーのあたりまででも、散歩がてら出かけてみることにしよう。

中野駅の西口(予定)は

 何年か前から、いろいろ作業が進んできているのかと思っていたが(たとえば周辺のバス停が大移動)、なんと中野駅の西口改札完成と、駅の上をブリッジのようにつなぐ建物(商業施設も含む)がお目見えするのは、2026年以降らしい。

 ネットで検索したところ、2016年ころまでの予測では、今年(2021年)くらいにはほぼできているのではとのことだったが、その後に、遅れが正式発表されたとのこと。

 なんとなくこれまで、西口改札ができる場所というのは現在バス停が移動してきているロータリーのあたり(つまり線路の北側)かと思っていたところ、完成予想図を見ると、南側だった。ビルらが立ち並んでいた一画を解体工事している、線路沿い南側が予定地らしい。

 改札ができたら、駅全体を覆うように南北通路を兼ねた建物ができて、その翌年に商業施設オープンなのだとか。

(もっとも、今日わたしが書いているこの内容も2019年ころに発表された区の情報とネット上のまとめ記事からの推測なので、最新というわけではない)

 北口の改札を出てすぐにあったバスロータリーが、現在は中野通を挟んでサンプラザ近くの位置(線路寄りのロータリーと、サンプラザ周辺)に分散されたことだけ考えても、歩く距離を減らしたいご高齢の方々には、不便になっているはず。わたしも実は西口の早期開設を期待していただけに、2026年というのは、ちょっと残念である。とほほ。

 ともあれ、楽しみにしときます、中野区長さん(←なんとも偉そうだっ)。

高円寺駅近くで火事

 買い物はできるだけ家のすぐ近くで済ませたいとは思っているが、やはり年の瀬なのでおせちの具材などを高円寺の駅前まで…と思って歩いていたら、北口の中通り商店街で、建物の中を片づけているのが見えた。

 あまり注意を払わず通り過ぎようとしたところ、ふと「この店つい最近まであったけれど、急に閉じたんだな、それになんだかすごくススっぽい色合いだけれど…って、あっ、これ火事の片付けか?」と気づき、あたりを見まわす。たしかここは洋風の立ち飲み屋で、その隣が、昔からある洋食屋の薔薇亭だ(その2軒はおそらく同じ建物の1階を分けている)。
 その周辺の店は、幸いなことにあまり消火の放水をかぶらずに済んだのか、営業しているものもあった。

 少しだけ離れたパン屋のヒロセも、パンはあまり見あたらずに品数は少ないものの、プリンなど菓子類などで営業をしていたので、あとから思うと、あまりたくさん商品を用意できる状況ではなかったのかもしれない。

 わたしが通りかかったのは午後4時過ぎだったが、火事の匂いはほとんど消えていた。帰宅後にネットで調べると、ちょうど12時間くらいが経過していたようだ。
 妙な書き方ではあるが、飲食店などが多いあの商店街で、よく延焼が防げたものだ。運がよかった。

 年末にこんなことになるとは、関係者の方々、周辺の方々はどれほどのご苦労だろうか。

高円寺の「まねきや」

 北口の商店街を早稲田通りまで歩く途中にある「まねきや」。数年前まではテスコ系列の「つるかめ」で、安い食品を売っていた。
 つるかめがなくなるとき、いったい何ができるのかと思ったら、なぜか雰囲気がそっくりで、在庫処分品のようなお買い得の食品を扱う「まねきや」に。消費者としては大助かりだが、検索してもほかに同じような店がないので、親会社もわからない。関西の方にある漢字まじりの「まねき屋」という店とは、おそらく別なのではないかと思う。

 日によって何が置いてあるかわからない…どころの話ではなく、時間でも変わる。たとえば数時間前に安売り品が並ぶ軒下を見て「今日はドリップコーヒーがないな」と、これなら帰りは見なくてもいいやと思ったもののねんのために寄ってみると店員さんがドリップコーヒーや個包装のインスタントコーヒーを積んでいる最中であり、あわてて入店する。その前にそこにあったものは、おそらく売れたということなのだろう。逆もまたしかりで、わたしが通ったときにコーヒーがなくても、直前まではあったのかもしれない。

 ドリップコーヒーや飲み物は、期限がまだ来ていない物でも、パッケージのデザインが変わりそうだとか、冬なのに夏のデザインであるという事情で、格安になる。わりとちゃんとしたメーカーの商品で、スーパーなら400円以上もしそうなものに、250円の値札がついたりする。ペットボトル飲料で50円前後ということもある。いつだったか、ギフトシーズン直後だろうと思うが、ドトールのドリップコーヒーが50袋入り500円で売られていたこともあって即買いした。

 ドリップコーヒーやペットボトル飲料がけっこう節約になっているような気もするし、あるいはもともと強くいだいていなかった需要を、掘り起こされた(そんな安く売られることがなかったら買わずにいた)可能性も、ないではない。

 ともかく、秀に1回程度は買っているまねきやには、今後もがんばってもらいたい。

阿佐ヶ谷にCan★Doが復活していた

 最近わたしが好きな100円ショップSilkが減ってきてしまい(高円寺の三平ストア内にあったものが一番好きだったが三平ストアが終了)、ダイソーは大きめ店舗が近くになく、阿佐ヶ谷のパールセンター入り口にあったCan★Doも閉店…と嘆いていたところ、先月パールセンターの中ほどに、別のCan★Doが開店したという噂を聞いた。

 ずっと行く機会がなかったのだが、今日は阿佐ヶ谷へ出かけるついでがあった。あの長い商店街のどのあたりかにもよるが、あまり歩かない程度の「中ほど」なら、見てみようかと、キョロキョロしながら歩いていたところ、無事に発見。

 通路もそこそこ広いし、奥行きがあるので、品揃えはけっこうある。
 インスタントコーヒーと調理器具などを買ってみた。

 パールセンターは、ずっと歩けばダイソーもあるが、けっこう長い商店街で、曜日や時間帯によっては混雑が激しい。手前に100円ショップができてよかった。

高円寺に、なんとブルーシールアイス

 昨日の夕方に気づいた。まだ公式サイトの店舗一覧にも載っていないので、おそらくつい最近できたのではと思われるが、高円寺駅すぐ(中通り商店街)に、ブルーシールアイスができていて、けっこう驚いた。あれは沖縄の店で、関東にはほとんどないのだと思っていた。それがいきなり高円寺である。

 北口を出て左側にマクドナルドが見える方向に進み、上島珈琲の次の次くらいで、場所としてはほとんど定食の赤城屋と隣接だったかと思う。

 ご関心のある方は、ぜひ。

 

三平ストア高円寺店、閉店かぁ…

 あまり三平ストアでは買い物する機会が多くなかったが、2階の100円ショップ(シルク)は好きで、以前は頻繁に出かけていた。

 こんなツイートを発見。(情報ありがとうございます)

 このツイートの続報として、建て替え後も三平ストアの親会社が関与するらしいので、また何らかのお店になるといいんだが…。