センサーが、なんらかの音に反応

 ドアモニターは、チャイムが鳴ったら反応するように設定しているのだが、ときおり急に動き出して表の映像を10秒間くらい録画する。

 昼間ならば建築現場の騒音やイベントの音楽だろうと想像できるが、夜中の0時前後とか、テレビをつけているかどうかも記憶にない時間帯に、動いた記録も。

 ときおり室内で話をしていると動くことがあるので、もしや人間の会話の音程が、機械にとってはチャイムと誤認されるようなことがあるのだろうか。

 人間は人間の声を機械とは混同しないだろうが、機械にとっては基準は別にあるのかもしれない。人間が犬笛に気づけないように、そして人間でも子供にだけ聞こえる音があるように。何かが、あると考えてみてもよいかと。

 とりあえず、夜間の玄関を勝手に撮影するといっても1日に1〜2回なので、まあ、許容範囲かと思うので、もう少し様子を見よう。

aolメールの使い心地

 数ヶ月前、いまさら無料ウェブメールでもないだろうというタイミングで、あえて取得したAOLのメールアカウント。これは「またもやGmailってどうよ」という気持ちと、「Yahoo!メールは嫌だ」という気持ち、「数ヶ月の用事だからカネはかけたくない」、「自分のドメインでメルアドを発行すると余計なことまで相手に伝わる」などの複合的な事情から選んだわけだが、使い心地は、かなり微妙というのか、少なくとも個性的と言わざるを得ない。

 これまで気づいたこと。
 ○ メールのサーバは送受信ともに米国yahoo.comを経由しているらしい。
 ○ パソコンのブラウザ上からメールの返信を書こうとする(あるいは新規であってもいったん書いたものを編集しようとする)と、画面でシステムが想定している「ここ」という場所以外は、文章の追加や編集ができない。望みの場所にカーソルを当てても、先方が想定している場所にカーソルがもどってしまう。
 ○ 引用返信の内容を一部だけ端折ったり、短くしようと編集すれば、もうエディタ画面すべてがフリーズのようになってしまい動かない。
 ○ なぜか、先方からの返信内容が短いメールは、スパムフォルダに入れることが多い(たとえそれが会話の途中で、引用付きのスレッドがつづいている場合でも!!)

 不便の解決策としては、ブラウザ上から使うのをやめて、普段使いのThunderbirdで読み書きすることにした。ウェブ画面からの利用でなくともAOL上の送信簿には控えを入れてくれるし、自分が慣れているメールクライアントで読み書きしたほうがストレスが溜まらない。
 ただ、上に書いたように、会話の途中だろうとスパムフォルダに入れてしまうことがあるので、受信トレイに見あたらない場合はこまめにスパムフォルダを見なければいけないのが面倒。

 もっとも、儲けもないだろうに惰性で無料提供をつづけてくれている会社なのだから、これくらいのことはよしとしよう。今回の用件が終わるころまでサービスが継続されていくのであれば、それだけでも万々歳である。

 あと半年から1年くらい、よろしくお願いします、AOLさん。

次のmacOSは、Monterey(モントレー)

 さて、どうしたものか。去年の秋に何やら周囲の人々が「Big Surにするのがためらわれる」と言っていたのを聞いたわたしは、Catalinaをなんとなく使いつづけてしまったのだ。何ヶ月かしてBig Surにするつもりが、ころっと忘れてしまった。

 秋にはその次のMontereyが出るという。

 だいたい、Big Surをためらっていた人たちがどうしたのかも追っていないし、すっかり忘れていたとはどういうことだろう。いきなりMontereyにするのか、まずはBig Surにするのか。そもそもスペックは問題ないのかを、考えておかねば。

ポケモンGo: 開始から5年経つのか

 たいていは毎日出かけていたし、事情で出かけられない日でも立ち上げるようにして、ポケストップをくるくる回してモンスターを1匹取るくらいなことはしていたのだが——今年の6月ころからチェックするのを忘れる日が出てきて、日々のタスク完了でもらっていたご褒美の曜日が、どんどんとずれていく。

 去年の春からの仕様変更で、外出できない日があっても家の中でゲームがしやすくなった。それ以前は忙しい日でも数十メートル先のポケストップまで出かけていって、くるくると回していたのだが、新型コロナの影響でポケストップの距離が伸びたため、家からでも使えるようになったのだ。
 あの仕様変更がなかったら、なかなか継続が難しかったかもしれない。

 それにしても、今日はすっかり忘れてしまった。

Clubhouseが、招待制ではなくなっていた

 数ヶ月前に「携帯番号をほとんど人に教えていないから、招待状は来ないだろうなぁ」と考えていたClubhouseだが、7月下旬に招待制ではなくなっていたと、いま知った。さらにその少し前には、Android用のアプリもできていたらしい。

 招待制だったころ、そしてiPhoneだけの利用に限定されていたころは、仲間同士で時間を決め、参加をうながす連絡をよく見ていたが、このところちょっと見なくなったと感じていた。

 とりあえずアプリをダウンロードしてみたが、まだ設定はしていない。あとで試してみようかと思う。

名前までは、わからなかった

 よくネットで、親父ギャグを言うハスキーの3コマ写真に遭遇するので(事例は以下)…

 …いったいこの犬はどこの誰なのだろうと検索してみたが、2012年ころにRedditに投稿されたものの2013年ころまで注目を浴びていなかった写真が元になっている、と書いている人が見つかったのみ(英語 → https://knowyourmeme.com/memes/pun-dog)だった。通称 pun dog (ダジャレ犬)または pun husky (ダジャレハスキー犬)で通じるようだ。

 日本で「カゴ猫 しろちゃん」のシリーズを知っている人は多いが、もともとの日本的な要素から切り離されて、動画や静止画として「みかんを頭にのせてる猫たち」として外国に広まってしまったのちは、日本語がわからない人たちには、なかなかその背景を探るのは困難だろうというのと、同じかもしれない。

 もう少し探せば、わかるだろうか。何やら気になる。

語ることは有意義だが、好きではないものの広告

 バウムクーヘン専用アカウントのほうで、コオロギのバウムクーヘンについてツイートしたところ、わたしが昆虫食を好んでいると判断したのか、Twitter社がわたしに昆虫食を語る他者ツイートを「いかがですか」と表示してきたことがつづいた。幸いなことに二日程度でおさまったが、わたしは別に昆虫食は好きではないし、けっこう苦手である。(食べる以外の要素、たとえば「見る」などであれば、昆虫も爬虫類も問題なし。「昆虫食」だけは、敬遠している)

 なんの話題でも、情報交換や語ることそのものは有意義だ。苦手だからといってその話題だけ避けて通るわけにはいかないだろうし、どうせならば適度に、遠巻きにしながら状況を見守りたいとは思っている。だからどんな話題でもとりあえず、おもしろそうと思えばツイートしている。
 ただ、ツイートしたからといって好きと見なし広告を出してくるのは、遠慮してもらいたいといった心境だ。

 TwitterもFacebookも、どんな広告を表示させるかにおいて、おそらくその人物がフォローしたりされたりしている間柄の人がどんなことに関心をいだいているかを、かなり参考にしているのだろう。以前は芸能人がらみ、バラエティ番組に関係していそうな話題、あるいや野球を表示させて「この話題(もしくはこの人)をフォローしませんか」と誘うことが多かったTwitterが、わたしが片っ端から×をつけていくと、最後にはゲーム、IT関係、家電を中心に出すようになった。

 いつだったか、裁縫をまったくやらない知人のFacebook画面に、手芸の広告が増えたことがあったようだが、その人がいいねを押した記事の書き手が、関係などしていたのかもしれない。

 広告を出さないわけにもいかないだろうが、心理的な問題で拒絶されることの少ない、その人にとってピンポイントのものを表示させるためには、もう少し技術と時間が必要なのだろう。

 いまちょっと心配しているのは、このブログの記事をあとでFacebookに貼りつけたとき、コオロギとか昆虫食の話題が広告に出てくるのではといったことだ。おそらく出てくるだろうが、それも一興か。

意外にないのが、写真から起こす似顔絵アプリ

 3年ほど前だったが、ネスカフェが「アイスクレマで似顔絵メーカー」という企画を短期間のみ開催していた。顔写真を読ませると、池田理代子のベルばら風に似顔絵を作ってくれて、それがコーヒーのクリームの上に描かれるというものだ。

 池田理代子の作品とあらば、コアなファンの手前、やたらな出来ではすまされない。かなり技術と人材とカネを注ぎこんで、総力を挙げたのはずだ。そして期待に違わず、自分も含めて周囲の人々が作った似顔絵は、ほれぼれするものばかりだった。

 さて、あれから3年。似顔絵が必要になった。

 ネスカフェを覚えていたわたしは、てっきり、「あんな感じのお手軽似顔絵アプリがあるに違いない」と、iOS用、Mac用と、いくつかダウンロードしてみた。だが、そうそうあるものではないらしい。

 無料のソフトまたはアプリは、ほとんどが、手間暇かけて自分で加工をした場合と変わらない出来であると感じた。写真を手描きイラストっぽいものにすることまでは、ソフトがあっても自力だとしても、できる。だが最後にひと味違うものへと味付けする「センス」がなければ、人の鑑賞に堪えられるような、自然で美しいものにはならない。

 あるいは、もしかしたら有料アプリなら高性能なものがあるのかもしれない。だがいくつか試した範囲では、お試し期間が短かったり、課金をするという覚悟がない場合はメニューの細部までさわらせてくれないものがあり、どうもしっくりこなかった。

 わたしがこの先を含めて似顔絵を必要とすることがあるとすれば、1回か2回である。カネはかけられない。
 なんとかほかの方法を検討しよう。

AOLのメールアドレスを取得

 急いでメルアドを調達する必要が生じた。すでに2アカウントあるGmail以外で、そして見た目がいまひとつなYahoo!も除外し、さらには自分が持っているドメインでメルアドを発行することなく(無関係な人に自分のドメインをさらすこともあるまい)、さてどうしたものかと検索したところ、まさかのAOLが見つかった。失礼ながらの第一声は「まだあったのか」である。

 無料メルアドは、かろうじて取得できたが、サポート体制の薄さ(日本語では公式サポートがなさそう)、そしてメニューの随所に見られるリンク先や情報、インターフェイスの使い勝手での「放置されて長そうな雰囲気」、さらには、説明で書かれている内容が古くて実際とは合致していないように思うがそれでも訂正されていない寂れ感があったが、とりあえずひとつ作成してみた。

(説明の間違いとしては、たとえば取得できるメルアドはaol.comだが、説明では「aol.jpしか取得できません」とあった。もしかすると一時期はそうだったのかもしれないが、現在はaol.comのみ。両者は連動していないため、aol.jpは使えなかった。ただし、ウェブメール関連メニューはaol.comとaol.jpのドメインを行ったり来たりするので、ウェブとしては連動しているようだ)

 いまどき無料でのメールサービスは、手間はかかるし、コストもたいへんだが、だからといって管理で手を抜けば大問題になるので、気は抜けない。日本国内でも数多くの無料メールサービスが姿を消したが、そこはやはり世界的な老舗であり、20年以上前にはインターネットでかなりの存在感を持っていたAOLなので、急に何もかも捨てさることはできないのだろう。アクティブかどうかはともかく、使いつづけている利用者も、多いことと思う。

 わたしが今日作ったアドレスは、1年間くらい「ねんのためにメールを待つ」ためのもので、仮にAOLがサービスを終了してしまうことがあったとしても、1年くらい前には予告してくれそうな気がするので、用は足りる。

 それにしても、ウェブメールとしてはインターフェイスがもっさりしているし、広告などが用をなしていない気がするが、わたしはIMAPでiPhoneから読み書きできるように設定したため、長文を書く必要が生じたときのみパソコンから画面を開くことになる。おそらくこれは、儲けが出るはずもない。

 ともあれ、1年ほどお世話になります、AOLさん。

世界的にネット障害があったらしい

 わたしはAmazonのウィッシュリストが表示されなくなったので、Amazonが不調なのかと思っていたが、30分くらいして、世界的にあちこちで障害が出ているとの情報を見かけた。たしかにこのブログ(mikimarulog.me)のあるロリポップも不調だったのか、ときおりこのブログで過去記事が表示できなくなったり、一部の画像だけが見えなくなったこともあった。

 幸いなことに、広範囲ではあっても、それぞれについては短時間だったのだろうか。Twitterは少し変だと思ったが、Facebookはわたしが見ている時間帯は影響を感じなかった。

 場所によっては影響が長引いたかもしれないが、日本時間では夜であり、企業などのサイトが営業時間外だったこともあって、さほどの混乱はなかったのではないだろうか。

 NHKの記事によると(2021.06.08 23:23 → 世界各地でウェブサイトに障害 国内でも影響相次ぐ )、アメリカのIT企業ファストリーのネットワーク障害ではないかとのことだそうだ。

 大手企業がこぞって同じ系列のサービスを受けていた場合、こういうときに影響を受けてしまいがちだが、世の中はどんどんと大きなものに寄りかかるような、流れになってきている。こうしたことが今後の教訓となってくれればいいが、どうなることやら。