行楽地での「流しそうめん」

 もしかすると大昔、夏休みの少年少女の集いみたいな機会に、どこかで流しそうめんを体験したような、しないような…。やったといえばやったような、いやいや、ほぼまったく記憶にない。

 行楽地の店で流しそうめんをやっている店もあるかと思うのだが、あれは「最後」の、カゴにたくさん残ってしまった麺をどうするのか、とても気になる。それに「流しますよー」とお店の人が合図してくれるにしても、参加した人(家族や団体)の中で、大食いもしくはすばしこい人がいたら、何回でも取ってしまうと思う。食べられない人はどうするのか。また、うまくキャッチできずに何回でも通過させてしまう人もいるかもしれず。

 店での作法や、最後のカゴに残った部分をどうするのかなど、ご存知の方は教えていただければ幸いである。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください