早川ベーカリーのバウムクーヘン (2014)

 何年か前に電話でお取り寄せした山梨県の早川ベーカリー。今回は「そのまんま通販」というところでいくつかの商品が売られていたので、そちらから購入。せっかくなのでバウムクーヘンを小さめにして、カステラを2種類追加し、合計三つで買ってみた。それでも送料を入れて3000円以内でおさまった。

 こちら、前回食べたバウムクーヘンと同じもので、サイズが細型。

 箱入り。
早川ベーカリーのバウムクーヘン

 本体の重さ 229g / 直径 6cm / 中心円 3cm / 高さ 10cm
 値段は 972 円。
早川ベーカリーのバウムクーヘン

 カットしてみた。
早川ベーカリーのバウムクーヘン

 原材料は「小麦粉、砂糖、鶏卵、バター、香料」のみ。賞味期限は約3週間くらいのものが到着。

 相変わらず素朴で美味。しゃれた感じはないのだが、丁寧に作られたものを口にしているという実感がある。適度に弾力。前回も感じたのだが、香料のせいなのかどうか、とても香りがやわらかくて、まろやかに思える。卵の力なのか、あるいは原材料に書かれている香料の力なのか…? だが他社製品でも香料を書いているものはあるが、この独特のまろやか感は、ここでしか感じない。強いて表現すれば、ぬくもりというのか…?

 余談だが、一緒に購入したカステラも美味で、とくに「ぶどうの葉カステラ」は色が珍しく、普通のカステラよりも、そちらのほうが食べやすかった。

参考リンク:
○ 早川ベーカリー – 公式サイト
○ バウムの書 – バウムクーヘンのデータを掲載しています。

○ Amazonで見る: バウムクーヘン

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。