銀座文明堂「傳匠」のバウム(カット)

先日 銀座文明堂「匠のバームクーヘン4段」の記事で書いた通り、傳匠のカットバウムを一緒に購入してあった。今日はそれを開けてみた。

見たからに小さい箱なのだが、開けてみたらほんとうに小さいカットで。。。値段を考えると、これで美味くなかったらどうしようかと、ネガティブな方向へ発想がいってしまう(^^;。

箱やビニールを含まない本体のデータ。重さ104g、高さ5.5cm、幅4.5cm(多少の誤差はあるかも)。
値段は1260円。

開けてみたところ。正面、うしろ(フォンダン)、断面。

匠のバームクーヘンと比較して、水分が多くてやわらかい。甘さもほどよい。だがやはり、前回の記事で書いた通り、「天下文明極上バームクーヘン」と、どう違うのかがわからない。記憶にある味とこれはよく似ている。

そして、あちらもじゅうぶんに高かったのだが、こちらはさらに高い。意地悪を言ってしまえば箱のランクが上がったように思えること(好みもあるだろうが天下文明極上の箱より、わたしは好きだ)、それから原材料の産地をあきらかにして「こだわり」のようなものをPRしている、といったところだろうか。

正直、これだけ高くてこの味(もちろんまずくはないが)ならば、少しお金を節約して、カーベカイザーのバウムクーヘン クラシッククンストが、また食べたい。あちらはしっとりしていただけでなく、同時に固さ、そして内側からにじみ出てきた糖分による、凝縮し熟成された味わいがあった。

やはり、値段が高いにはそれなりの理由があってほしい、味に反映されていてほしいと思う。
(しつこいが、まずくはない。値段の割に物足りないだけ)

原材料:
卵、砂糖、バター、小麦粉、コーンスターチ、水飴、アーモンド、洋酒、あんず、食塩、寒天、膨張剤、酸味料、ゲル化剤(ペクチン)、香料

参考リンク:
○ 銀座文明堂オンラインショップ
○ Yahoo!ショッピング「文明堂」

● セコムの食で、本格バウム → バウムクーヘン クラシック
● 楽天市場で新着バウムを見る

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.