バウムクーヘン「石神井公園の樹」

練馬区「ノア」のバウムはこれまで数回購入し、カットのものを食べてきた。けっこういいお値段なので(カットで350円)、どうしてもホール(2900円、5700円)を買う度胸がなく。。。

だが今日、お遣いものにしようと出かけた先で、ついに「わたしが自分のものを買わないでどうする!?」という誘惑に負けてしまった。だが、ホールはまさに、カットよりすごい感動があった。

まず、ご対面。

そして、いよいよ開封。卵とバターの香りが素晴らしい。
(内側で光っているのはアルミ)

重さ 339g / 直径 約14cm / 中心円 5cm / 高さ4.5cm
お値段は2900円。

ころんとした、丸みがあって愛嬌を感じさせつつも、まるで完璧な碁石のようなフォルム。美しい。うっとり。

冷蔵庫で保管しておいたので、かなりみっちり。ナイフの刃がなかなか進まない。

この断面図、優雅。

いままで何を迷っていたのだろう。これはぜったい「買い」だった。このフォルムと断面図を見て、口に含んでみて、まさに至福のひととき。

この上品な断面図、兵庫県のカーベカイザーにも匹敵する。

前回も書いたが、かなり控えめでありつつも、香辛料をちゃんと感じる。この塩梅が見事。

原材料:
卵、バター、グラニュー糖、ローマジパン(アーモンド粉入り)、小麦粉、小麦でんぷん、トレハロース、コンデンスミルク、酒、食塩、香辛料、バニラ、レモン皮

日持ちは1週間。

参考リンク:
○ おかしの家ノア
問い合わせにはフリーダイヤルも利用できます。
○ 楽天市場でバターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

「バウムクーヘン「石神井公園の樹」」への2件のフィードバック

  1. これは色も形も芸術のようですね!
    断面図の年輪の細かさ、外側のうっすらこげた感じ、写真だけでもわかるずっしり具合、もうたまりません。。。(爆)

コメントは受け付けていません。