ラビーンのバウムクーヘン(黒チョコ)

ドイツからラビーンのバウムクーヘンを通販でお取り寄せしたところまでが先日の記事。今日になって食べてみた(^^)。

商品箱の上にラッピング。賞味期限や材料はここに貼られていた。

これは箱ありタイプだが、箱なしタイプの分も、ラッピングがひとつひとつなされていた。

125周年シール…あれ、ラビーンは1878年からで、133年周年だったような気がするので、シールはたまにまとめて数字を更新しているのかな。

厚手のセロファンで丁寧に包まれていた。

なんと、秤の数字は500gと501gをいったりきたり。500gで注文して500gで届いた商品はこれが初めて(笑)。さすが職人魂?

どっしりとした風格。
直径13cm / 中心円 6cm / 高さ 8cm

混じりものがないチョコレートなので、塗り方は分厚くなくても固くぱりぱりとはげる。

いただきます。

賞味期限は現地の発送時から考えて4週間。

ドイツのバウムクーヘンは固くて水分が抜けまくっているという人もいるが、ラビーンはそんなことはない。日本のものより少し水分が少なめかな…という程度で、素材の持ち味がしっかりとした、食べやすく美味しいバウム。

黒チョコがどうしても食べたかったので、思いきってお友達のみなさんにお声がけをして、よかった。

価格は16.73ユーロ(箱なしは14.95ユーロ)で、送料は知人らの分を含め6個分で約60ユーロ。つまり、ひとつあたりの割り勘した単価は、ユーロを107円で計算した場合に約2700円前後。

海外にファックスを送る手間と電話料金を考えても、これですむなら個人的な通販がいかにお得か、ということになる(^^)。

原材料(mikimaru訳)
++++++++++
生地:卵、バター、砂糖、小麦粉、澱粉、塩、香辛料
コーティング:ビターチョコレート、アルコール
++++++++++
澱粉とは、おそらく小麦澱粉と訳して差し支えないが、厳密には元の単語がスターチとなっているため、いちおう「澱粉」としておいた。

ビターチョコレートと訳したものの、スイートとビターの中間くらいの意味が元々の言葉。ただし日本人の感覚としてはセミスイートチョコと書かれたら違うものを連想すると思うため、ビターチョコレートとした。

参考リンク:
○ コンディトライ ラビーン – このページは日本語だが、問い合わせは英語またはドイツ語のみ。
○ バウムの書 – バウム選びに迷ったら、ぜひ。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.