抹茶バウムクーヘン@ウェスティンナゴヤキャッスル

バウム友のpockyさんから、いただきもの。なんでも、たまたま見かけた商品で目を引かれたので、わたしの分も買ってくださったとのこと。ありがたや。
(この件はすでに、pockyさんのブログでも掲載済み)

いただいてから開けるまでの数日間、どきどきわくわくしていたのは、なんといっても重量感。箱はそれほど大きくないのに、やたらずっしり重いのだ(^^)。

おぉ〜、真緑だ! こんな緑色のお菓子は、食べたことがない。びっくり。
(白い部分はフォンダン、白くない場所も抹茶のフォンダンがかかっている)

中はふたつに分かれていた。ひとつがほぼ245g。
長さは 10cm / 幅は 6.5cm / 高さは 4.2cm (いずれも「約」)

口に入れてびっくり。うわ〜、pockyさんごめん、抹茶の味がすごい。抹茶の味しか、ほんとにしない(苦笑)。

とくに抹茶フォンダンのほうは、何を食べているのか自分でも混乱…。白のフォンダンは、食べやすかったものの、でもやっぱり「これは抹茶が濃いんじゃないか?」という疑問が。

抹茶のお菓子好きの人に、ぜひ感想を聞いてみたいものだが、どなたか召し上がったことがある方、いらっしゃいますか…(汗)…。

抹茶の味でとくに消されているものは何だろうと考えてみると、よくわからない。甘さはそんなに負けていない。なんというか、全体に「洋菓子らしさ」が打ち消されすぎていて、お腹にたまる抹茶飴みたいなものがあるとしたら、これなんじゃないかという気がした。

(お菓子として否定しているわけではなく、もちろん、バウムと思って食べるとびっくりするという程度の意味)

pockyさんのブログによると、冷やすとまた違うようなので、あとで冷やしてみようかと思う。

原材料:
卵、バター、砂糖、小麦粉、ショートニング、コーンスターチ、抹茶、クロレラ、洋酒、還元水飴、ソルビトール、膨張剤、香料、着色料(金箔)
(原材料の一部に大豆を含む)

賞味期限は、いただいた日付から推察して、おそらく2週間くらいだろうか…?

なお、商品のラベルにある表記は「抹茶バームクーヘン」だが、このブログでは今回、検索の引っかかりやすさを考慮して、タイトルを「抹茶バウムクーヘン」にさせていただいた。

参考リンク:
○ ウェスティンナゴヤキャッスル
○ Facebook バウムの書 – Facebook版も開始しました。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.