静岡県「コンディトライ・ミーネ」のバウムクーヘン

いただきもの。話せば長いのだが…。

数日前、わたしが電話で問い合わせをしたら、お店から「店頭でお客様が注文された場合には発送ができますが、お電話でお客様への発送はしていません」という趣旨の話があって、まさかそんなことがと、mixiでぼやいた。すると、読んでいたお友達のひとりが「送りましょうか」と、声をかけてくださったという次第。ありがたや!

たちまち、到着。うるうる。

シンプルでも丁寧な印象のあるラッピング。

内側は、パッと見ると簡素なのだが…

開けてみると、やっぱり豪華。プラスチックのぎざぎざナイフと、自分で水で溶いてフォンダンを作るための粉糖が添えてあった。

重さ 185g / 直径 13cm / 中心円 6cm / 高さ 2cm
値段は(ホームページによるとおそらく)1000円。

色はこんがり。手触りはしっとり。

さて、いよいよ付属の粉糖を水で溶いてサイドに塗ろうと思ったのだが、ここで問題が。

粉糖を計ったら28gだった。だがお店の人の入れてくれた紙によると「小さじ5杯の水」とある。小さじ5とは、25mlである。

たまに計量スプーンの一番小さいのが小さじだと思っている人がいるが、あれは小さじ半分であり、実際の小さじは5ml(水の場合はml=g なので、計りで5gと同じ)なので、お店の人の分量に従うなら、水と砂糖がほぼ同量ということになる。

それはぜったい違うと思ったのだが、違ったら違ったで自宅の粉糖を足して元にもどせば済む話だから、水を25g入れてみた。やはり、水である。しゃばしゃばとしたシロップ。お店の人、ぜったい書き間違い(苦笑)。

そこで粉糖を28g足して、かなり緩いフォンダンにしてみたが、それでも緩すぎてだめ。冷凍庫に放りこんで一瞬でも固くしようかと思ったが、糖度が高すぎて凍らない。仕方ないのでそのまま塗ったら、塗っているそばから水のようになってしまった。その写真がこちら。

(前置き長いって ^^;)

(ちなみに、せっかくなので付属のぎざぎざナイフで切ってみた)

さ〜ここまで苦労したんだから、美味しくなかったらどうしようと思ったら…これが実にうまい。

シロップ同然のしゃばしゃばしたフォンダンと、生地の中のお酒が重なって、とてもいいハーモニーになっている。これ、面倒でも塗りたてを食べてほしいと思うお店の気持ちが、ちょっとわかった。

結論としては、粉糖が28gだったので、白っぽさが残るフォンダンにしたいならば、水は6cc〜10ccくらいでいいと思う。

というわけで、お店から通販はしていないとのことだが、機会があればぜひお試しあれ。
(お友達のMさん、ありがとうございました)

原材料:
小麦粉、バター、砂糖、卵、酒、アーモンド

賞味期限は外側の包装紙に書かれていたので、撮影を忘れてしまった。このブログを書いている時間にその包装紙が近くにない関係上、ぴったり何日だったかはわからないのだが、ホームページによれば日持ち14日間。
(翌日追記:やはり包装紙に書かれていた日持ちも、14日だったことを確認)

参考リンク:
○ コンディトライ・ミーネ – 三島市のお店。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.