バウムクーヘン2種類@那須「カニンヒェン」

2011年にオープンして以来、バウム愛好家のあいだで知名度をぐんぐん上げていた栃木の「カニンヒェン」(ドイツ語で「ウサギ」)。1年前に賞味期限の問い合わせをしたところ、お返事をいただけないままにお店が長期休暇にはいってしまい、食べることができなかった。(正直、返事をもらえないのは凹んだが、メールが届かなかったのだろうか?)

今年はいちおう12月頭に買っておいたのだが、この冬は長期休業はしないようなので、お読みの皆さんにも安心かと思う。

さて、チョコレートのほうを今月上旬、プレーン(ベルグホワイト)を今日になって食べてみた。ベルグホワイトのほうが賞味期限が少し長かったのでこういうスケジュールになったが、チョコのほうだけでも先に記事にするかどうか、ずいぶん迷って、けっきょく同時ということに。

どちらの味も、ウサギをあしらったお店のロゴがシールになっていて、おしゃれなパッケージ。お店のシールの下にある丸いシールで色分けされているので、箱をひっくり返さなくても味がわかるようになっている。
カニンヒェン(パッケージ)

ではまず、食べた順で、チョコレートの画像とデータを先に。どちらも1500円で、賞味期限は2週間以上だった。

重さ 377g / 直径 13cm / 中心円 6cm / 高さ4.5cm
カニンヒェン(チョコレート)

どっしりとして、見た目も色もまるでガトーショコラ。

カニンヒェン(チョコレート)

周囲は、糖衣。

カニンヒェン(チョコレート)

思いっきり重厚に仕上げたガトーショコラの味わいと、バウムクーヘンならではの固さ。かなり美味しいと思う。一度お試しあれ。

原材料:
和三盆糖、グラニュー糖、小麦粉、コーンスターチ、卵、発酵バター、洋酒、乳化剤、香料、トレハロース、生クリーム、ベーキングパウダー、アーモンドパウダー、バニラ、脱脂粉乳、ココアパウダー、カカオ、チョコレート

つづいては、ベルグホワイト。

重さ 314g / 直径 12.5cm / 中心円 6cm / 高さ5cm
カニンヒェン(ベルグホワイト)

こちらも、糖衣がまるで模様のように見えて、特徴的。
カニンヒェン(ベルグホワイト)

カットしているときから、卵でもない、バターでもない、なんだかミルキーな甘い香りが漂う。
カニンヒェン(ベルグホワイト)

ひとくち目は「甘っ…」と思ったのだが、食べているうちに、なにやら美味しくなってきた。砂糖類もたしかに多く使われているが、全体的にまろやか。そして何より、チョコ同様に、かみ応えがたまらない。どっしりとした質感がある。

まろやかさは、乳製品が多く使われているからかもしれない。

原材料:
和三盆糖、グラニュー糖、小麦粉、コーンスターチ、卵、発酵バター、洋酒、乳化剤、香料、トレハロース、生クリーム、ベーキングパウダー、アーモンドパウダー、バニラ、脱脂粉乳

いや〜、それにしても、砂糖類が多くて、ほとんど前半のほうに書かれているが、もしや重量別ではないのかもしれない。それに乳化剤や香料など添加物の位置も微妙だし(添加物は量に関係なく最後にまとめて書くのが通例もしくは決まり)。。。内容はともかくとして、順序は参考程度に見ておいたほうが、よさそう?

参考リンク:
○ カニンヒェン – 公式サイト
○ バウムの書 – バウム選びの参考にどうぞ。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。