ヴィラージュ川端@奈良県のバウムクーヘン、ほか

今週はバウムが豊作。この画像のほかにも、いくつかある。わくわく…。。。(^^)

ちなみに左側は恵那川上屋の父の日バウム「大黒柱」、それ以外はいただきもので、ヴィラージュ川端さんのバウム、大陸のカットバウム、そしてリッチフィールドの阪急うめだ店限定の「きになる木」。
最近のバウムクーヘン画像

いただいてすぐ、日持ちがしないヴィラージュ川端さんをぱくぱくと、瞬時に食べてしまった。なにせ届いた翌日までの日持ちだったもので、キャットフードのCMに出る猫まっしぐらな勢いで、食べ終えてしまった。
ヴィラージュ川端のバウムクーヘン

もともと数日しかもたないところを、お店で買ったその日にお友達が送ってくださった貴重な品だが、だからといってサイズも重さも量らなかったというのは、なんとそそっかしいのか。
(後日追加:お店で伺った話として、重さは55~60gくらいだと教えていただきました。ありがとうございます)

頬ばった瞬間にバターの味と香り。これは美味だ。生菓子にも近い水分量で、日持ちしないのも無理はない。奈良に旅行される方はぜひ。
(送ってくださった方、ごちそうさまでした。ほかも大切に食べます)

原材料:
鶏卵、バター、砂糖、小麦粉、蜂蜜、アーモンドパウダー、洋酒、トレハロース

参考リンク:
○ ヴィラージュ川端 – インターネット通販は未対応。電話で相談可能。

○ 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。