栃木県「メルシー」のバウムクーヘン

調べてみたら、前回わたしが購入したのは2009年ころに2回。まずは自分用に購入し、二度目はオフ会に持参した。ぜったい好きな味で、またいつか食べたいと思っていた。

今年は自分にとって、なつかしバウムクーヘンお取り寄せが多い。リンデンバウムさん、マッターホーンさん、そして今回のメルシーさん(かつての表記はひらがなで「めるしー」だったが最近はカタカナになったらしい)。さらには、記事にする順番がまわってくるかどうか不明だが、日本橋室町ロワールさんの限定バウムもふたたび在庫している。いつもできるだけ重複は避けて買い物するようにしているが、今年はリピート購入が多いようだ。

さて、到着。右側は知人用のラッピング。左は自宅用の箱。
栃木県「メルシー」のバウムクーヘン
上にもすでに書いたが、最近になってお店の名前は「パティスリー・メルシー」と、カタカナになったらしい。以前は「おかしの工房めるしー」だったが、商品パッケージなども、以前とは趣が異なる。

栃木県「メルシー」のバウムクーヘン

栃木県「メルシー」のバウムクーヘン

重さ 319g / 直径 14cm / 中心円 6cm / 高さ 3cm
値段は2009年より200円下がっていて1600円だった。前回より若干こぶりになったかもしれない。

栃木県「メルシー」のバウムクーヘン

栃木県「メルシー」のバウムクーヘン

変わったのは見た目(前回はストレートで浅い段々なし)、それから名前で、食品ラベルの表示が「ラムバウム」となっていた。メルバウムという名前をやめたのだろうか。だが原材料は以前と同様に良心的で、味も申し分なし。

ただ、形が変わって自分が少しかまえてしまったのか、味はいいのだが、前回とは違う気がした。

どちらがウマイ不味いではないのだが、今回、もしかすると、ラム酒のシロップを「あとがけ」しているのかなと、そんな気がした。以前の記憶では、生地からほんのり程度のラム酒で、生地は全体からそのしっとりさを出していた気がするのだが、今回はラムがけっこう主張していて、それも香りが新しい気がしたのだ。あとがけかな、と何となく感じたのはそんな理由だが、前回から4年も経つのでわたしの勘違いかもしれないし、わざわざそんなことをお店に聞いてみるつもりもない(クレーマーと間違われる ^^;)。

(後日注:やはり、冷蔵庫で冷やしているうち、内側からもまんべんなくラム酒がただよってきたので、あとがけということはなさそうな気がしてきた…お騒がせいたしました)

原材料:
卵、バター、砂糖、小麦粉、コーンスターチ、アーモンド、はちみつ、洋酒、生クリーム

賞味期限は、製造からだいたい1ヶ月と思われる。注文したときに「ちょうど明日焼く日です」ということだったので、そこからの類推。

参考リンク:
○ パティスリー・メルシー – 通販あり
○ バウムの書

○ 楽天市場でバターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.