バウムクーヘン2種(虎谷、牛島製茶)

 栃木県の虎谷(とらや)、福岡県の牛島製茶のバウムクーヘン画像を、それぞれ掲載。どちらも美味。

 4月の頭に、お祝い事でまとめ買いしたというツインケーキ(オレンジケーキとバウムクーヘンの詰め合わせ)を、ひとつお裾分けいただいた。春など慶事が多い時期にはよく出回る商品らしいが、普段でも、こういうセットとしてではなく、商品は販売されているらしい。

 いただきものなので価格は不明だが、小ぶりとはいえ、すばらしい重量感。密封タイプではないため、日持ちは1週間以内だったように思う。

栃木県「虎谷(とらや)」のバウムクーヘン

栃木県「虎谷(とらや)」のバウムクーヘン

 バウムは重さ 249g / 直径 12cm / 中心円 6cm / 高さ 5cm
栃木県「虎谷(とらや)」のバウムクーヘン

 やや固め、しっかりタイプ。シナモンなどの香りはなく、ストレートな味。冷やすと少しだけねっとりするが、どちらかといえば、水分が少なめ。

 原材料は、このセットはまとめ書きでよくわからなかったのだが、別の機会にラベルを見た方から、教えていただいた。油脂はバターとそれ以外(マーガリン、ショートニング)の併用とのこと。

 うしろに映っているオレンジケーキのほうもまた、見た目は地味だがよくまとまった味で、しっとり感も香りも、申し分ないものだった。初回のカット後に冷やして食べたところ、よりオレンジが濃厚になり、舌触りもよくなった。単体で接写しておかなかったのが残念。

 さて。

 こちらは今年の3月から4月頭にかけて、楽天で送料無料の大盤振る舞いをしていた牛島製茶さんの玉露バウム。現在は送料別1480円だが、そのときは送料込み1500円だった。

 重さ 363g / 直径 15cm / 中心円 6cm / 高さ 3.5cm
牛島製茶のバウムクーヘン

 わたしは、いかにも抹茶を使っていると言わんばかりの「抹茶抹茶しているお菓子」が、実はあまり食べられない。正確には、わたしは多少なら食べられるのだが、家族がつきあってくれない。だがこれは「どうしても食べたいから!」と注文した。カットしたところ、かろうじてつきあってもらえた。
牛島製茶のバウムクーヘン

 食べやすい。これはうまい。常温でもじゅうぶんにのどごしがよいなめらかさだった。温度差で食べくらべてみると、それぞれに趣が異なると思われる。

 原材料:
卵、砂糖、小麦粉、生クリーム、バター、コンスターチ、玉露、洋酒、膨張剤、バニラ、乳化剤(原材料の一部に大豆に含む)

 賞味期限は1ヶ月。

参考リンク:
○ 虎谷 – 公式サイト
○ 牛島製茶 – 公式サイト

○ バウムの書 – バウムクーヘンのデータを掲載しています。

○ 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.