念願の「ガトー・ピレネー」@オーボンヴュータン

以前からずっと食べたかったのだが、大きい、高い、予約制という壁に尻ごみをして数ヶ月。今日はちょっとした日なので、記念に食べようと予約しておいた。

持ち帰ってきた状態。箱は高さ30センチ。床において撮影(^^;。

箱から出したところ。ほぼ高さ20センチ。上のほうには緩衝材がはいっていた。

周囲のラッピングをよけてみた。うわ〜、オレンジの香りだ。バウムクーヘンでオレンジの香りがするものは、けっこう珍しいような気がする。

上のほうを横切りにして、カットしてみた。

さくさくとしたやわらかさ。香りも舌触りも、文句なしに美味。この数年かなりの数のバウムを食べてきたつもりだが、これは珍しい食感だと思う。

普通に考えると、バウムは「固い」か「やわらかい」か、「ぎゅっ」か「ふわっ」か、「しっとり」か「ぱさぱさ」か、という具合に分類してしまいがちだが、これは外が固めで内側がやわらかい、だがそのやわらかさはスポンジのものではなくて、クッキーとパウンドケーキのあいだのような印象。結果として、空気をかなり含んでふんわりしているのであろうに、食べたときは「固めのものを食べた」と思わせる魅力ある食感になっている。

これは、この大きさで小サイズ。4300円。電話で日本橋高島屋のオーボンヴュータン店舗に予約をしてからとりに行った。3〜4日前でも間に合うことがあるが、繁忙期には日数がかかるとのことで、食べたい人は早めに連絡をしたほうがよいかと思う。宅配は、おそらく送料や手数料などを払えば対応してくれるものと想像する(なぜなら注文時に「店舗でお受け取りでよろしいですか」と聞かれたので)。

大きなサイズについては、値段や大きさはわからない。このサイズでも、ふたり暮らしにはかなりの度胸だ。日持ちは約2週間だが、毎日少しずつがんばって食べていきたいと思う。常温保存推奨なので、注意深く保存して食べていく。

原材料:
全卵、砂糖、小麦粉、バター、オレンジコンフィ、粉糖、塩、ベイキングパウダー

参考リンク:
● 日本橋高島屋 – オーボンヴュータンの店舗がはいっています。
● 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る

福岡千鳥屋のバウムクーヘン

おそらく東京の千鳥饅頭では売られていないだろうし、その前にまずうちの近所に千鳥饅頭はないし、通販でバウムを買ってみた。

外側には、chidoriyaの文字が。

これは直径約14センチ、高さ4センチのバウムだが、かなりボリュームがある。

カットしてみたところ。

ギュッとしていて密度が高く、適度にしっとり。味は本格派。

本体と周囲の糖衣(チョコレート混合?)のあいだに、ジャム(おそらくアンズ)が塗ってあり、それが接着剤のような役割を果たしているようだ。
(注:この糖衣は珍しいことにシートタイプ。貼りつけたあとがわかるので間違いない。そういう製品があるのだろうか? 実に便利そうだ…)

原材料:
卵、バター、砂糖、小麦粉、生乳、しょ糖、トレハロース、洋酒、アーモンド、蜂蜜、オレンジピール、レモンピール、あんず、麦芽糖、水飴、食塩、乳製品、植物性油脂、乳糖、全粉乳、ココアバター、脱脂粉乳、乳化剤、香料、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料(クエン酸)、リン酸塩Ca

あくまでわたしの想像だが、たくさん出ている原材料のうち、一部は周囲の糖衣部分の原料ではないかと考える。本体のほうはシンプルで深みのある味だった。

参考リンク:
● 今回の商品 → バームクーヘン(小:直径14×高さ4cm)
(サイズはいろいろあります)
● 楽天市場で新着バウムを見る

都立家政駅近く、スイス・ドイツ菓子「こしもと」

中野区若宮の商店街にある「こしもと」で、焼き菓子を購入。目当てはバウムクーヘン。

この皿の下のほうにある四角形が、バウム。片方は断面が見えるようにしたが、ふたつは同じもの。

断面図。

層と層のあいだに、何かクリームがはいっている。原材料名から推測するに、おそらくヘーゼルナッツやピスタチオなどのナッツクリーム。

食感がおもしろい。。。クニュッと表現すればいいのだろうか?
バウム味かどうか、最高に美味かどうかはともかく(笑)、1回くらい食べてみるといいと思う。
値段はひとつ210円。

ほかのお菓子は、フルーツケーキ(左上)、白いものはヘーゼルナッツを練りこんだ菓子(←勘違い)ココナツの焼き菓子、四角いのはエンガーディナー(クルミのお菓子)。まだバウム以外は食べていない。

このお店、ショーケースには生ケーキもあるが、今回は焼き菓子のみ購入してみた。平均して210円くらいのものが多く、これをすべて買って1052円だった。

この店、商品の名前の横に「日持ちの目安」が書いてあるので、いちいち店員さんに「いつまで?」と聞かずに安心して買えるのも特徴。

バウムクーヘンの原材料:
バター、小麦粉、砂糖、卵、牛乳、蜂蜜、クルミ、アーモンド、ココナッツ、チョコレート、シナモン、オレンジ、ココア、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、ペクチン、洋酒、膨張剤、香料

店は西武新宿線、都立家政の駅から南に商店街をまっすぐ行ったところの左側(じゃないや、駅からだったら右側)。
わたしは実は近所なので、散歩がてらに歩いて出かけた(^^;。

参考リンク:
● こしもと – 公式サイト
● 楽天市場でドイツ菓子を見る

広島県「kunugi」のピュアバーム

先日、催事で買った広島県「くぬぎ」のバウム。プレーンタイプで直径ほぼ15センチくらい、1050円。
周囲は薄く糖衣になっていて、紙が巻かれていた。
広島県kunugiのバウム

カットしたところ。
広島県kunugiのバウム

普通においしい。値段が1050円なので無理もないだろうが、少しコクが足りない。あっさり味が好みの方にはお薦め。ふわふわ、ややしっとり系。

原材料名:
卵、砂糖、でんぷん、ショートニング、バター、生クリーム、(乳製品、植物油脂)、小麦粉、アーモンド、植物油脂、ラム酒、トレハロース、膨張剤、香料、着色料(B−カロチン)

参考リンク:
● 楽天市場で新着バウムを見る