無添加マーガリン…!?

 今日、思うところあって「無添加」という単語を調べていた。するとどうだろう、無添加マーガリンというものが出てきた。

 ちょっと待ってくれ、マーガリンは添加物がなければ普通は作れない。複数の油を乳化させてビタミンや香料を入れて作るのがマーガリンだ。乳化作用には、添加物を使うはずである。おもいっきり手間暇をかけて、添加物をつかわずに乳化をするようなことが、大手企業ならできるのか…と、複数ある「無添加マーガリン」のうち、ひとつの原材料を見たら、食用精製加工油脂というものが書かれていた。これは農水省のPDF資料によれば、乳化作用があり酸化安定性を持つ商品らしい。立派に添加物である。

 以下、上記リンク先より引用
 

食用精製加工油脂:
動物油脂(水産動物油を含む。以下同じ。)、植物油脂又はこれらの混合油脂(以下「原料油脂」という。)に水素添加、分別又はエステル交換を行つて、融点を調整し、又は酸化安定性を付与したものであつて、かつ、食用に適するように精製(脱酸、脱色、脱臭等をいう。)をしたものをいう。

 これで、乳化剤無添加のマーガリンと名乗っているようだ。乳化剤と表示すべきと決まっている成分が使われていなければ、ほかの添加物が使われていても好印象になるということだろう。

 悲しいかな、こういうものに引っかかってしまう消費者が多いのだ。

 わたしもかつては人のことを言える立場ではなかったが、2004年以降は製菓の通信教育を受け、その後に製菓衛生師の試験もパスし、いちおうは食品や添加物に関して、一般の人よりは頭にはいっているほうだと思う。その後も食品に関しては日夜あれこれと検索をして、気になることは整理して頭に入れている。

 今後「無添加」という言葉を見かけたら、お読みのみなさんにはぜひ、何が無添加か(何を使っていないか)がはっきり書かれているかどうかを、確認していただけたらと思う。漠然とただ無添加ならば原材料欄を確認し、実際にその表示がシンプルかどうかを見る。あるいは、はっきりと○○不使用と書かれていたならば、表示に見慣れない単語がないかどうか、あればGoogle検索してみるとよいだろう。何かと面白い発見があるはずだ。

翌日追記:
 文章の意図をより明確にすべく、追記。添加物を毛嫌いすることには意味がないと考えている。それよりも、実質的に同じようなものを使いながらも添加物を使っていないかのような、無添加というよい表現をする商品には、問題があると考える。

メロンパン屋は、過剰供給

 昨日だったか、高円寺のアルテリアベーカリー(メロンパン屋)のシャッターが降りて、定休日などの貼り紙もなく「ああ、これはもしや?」と思っていたところ、本日はすでにオレンジの庇が取り除かれてむき出しになっていた。公式サイトからも高円寺店は消えていた。

 今年の2月に開店したばかりであった。だがほぼ時期を同じくして、高円寺南口方向へずっと歩いたところにあるルック商店街にも、別のメロンパン屋が開店していた。さらには高円寺にアルテリアベーカリーが開店する数か月前に、野方駅北口の別店舗は閉店していたことを知っている地元民も多い。わたしのようにどちらにでも歩ける地域の人なら「野方では店を畳んだのに、高円寺に来るのか」と感じたはずだ。

 だいたいメロンパン屋というのは、よほどのことがないと生き残れない存在であると感じている。商品構成として考えられるのは、メロンパン数種類と、クロワッサンとアップルパイだ。これらは限られたキッチンスペースで同じような手順と温度で焼けるからこその選択なのだろうが、たいていの店は系列が違えどこのラインナップである。これでは、飽きられる。
 パン好きを自認する人たちのあいだでも、メロンパンそのものが微妙な存在だ。単調な味のものなのに1個食べれば胃にずっしりで、食事になってしまう。おやつではありえない。まして一度に数個買うなど、ひとり暮らしならほぼ考えられない。そして食パンならまだしも、毎日1個買う人は、なかなかいない。
 つまり、かなりの人通りがある場所で、その通行人の誰かがたまに買うだけでもじゅうぶんな売り上げになる可能性がないなら、メロンパン屋には厳しい状況ではないだろうか。

 中身を甘くするか食事風にするかでバリエーションがあるコッペパン屋ですら、各社が進出して苦戦しているように思う。メロンパンは、言わずもがなだろう。

 さて、あの跡地には、いったい何がはいるのやら。

千羽鶴の意味合い

 千羽鶴は、これから元気を出してほしい人に贈るものという認識だった。怪我をしたとか、入院中とか、そういった状況を思い浮かべていた。もちろん広島のほうでは平和の象徴としてとらえられているし、ハワイの日系人は結婚式に千羽鶴を飾るというから、場所によっていろいろあるのは承知している。

 だが…
 勝利祈願の意味合いも、あったのか。これはわたしにとって、初めての出会いかもしれない。
→ 河北新報 2019.07.08 世界防衛戦に臨む藤岡奈穂子選手に勝利を 母校生徒らが千羽鶴託す

 ようするに、がんばってほしいといった、希望を託しているということなのだろうか。
 今後も気づいた例はメモを残していきたい。

なぜか1日おきに肩が痛い

 月曜日ころから感じていたので、そろそろ1週間になるが、1日おきに右肩が痛い。しかも夕方くらいから就寝前にかけて「もう眠れないかもしれない」と感じるひどさ。右腕を思うように上げることもできない。

 湿布をしたり、鎮痛剤を飲んで休むのだが、翌日の昼くらいには嘘のように治っている。そしてその晩もとくに痛みはない。だが翌日の午後から夕方にかけて再発の兆しがあり、就寝時間が近くなると、とにかく痛い。また湿布と鎮痛剤のお世話に。

 日々の腕の使い方は同じで、1日おきに何か特別に運動しているわけでもない。いったいなんなのか。もしや外出時の傘が意外に重いのかとも思うが、記憶にあるかぎり、傘を差さずに出かけた日かどうかは、関係がなさそうだ。

 とりあえず、次の外出時には、ねんのため湿布を買い直しておくとしよう。

当事者の意見を聞くのは、基本中の基本

 不覚にも、教えてもらって初めて気づいたのだが、G20の警備のため、東京の駅の一部で女性トイレからサニタリーボックス(使用済み生理用品を収納する箱)が数日間にわたって消えたらしい。


 
 どう考えてもおかしい。当事者がどう思うか、どう困るかも考えていない。たとえば正式な場に出るため最小限の荷物で晴れ着を着ている人に、使用済み生理用品をどうにかして持ち帰れと? しかもトイレから生理用品入れが撤去されたくらいならば、見渡せる範囲にゴミ箱もない。それを自宅まで持ち帰れと? ばかも休み休み言ってもらいたい。

 物事を決めるときは、当事者の意見を聞け。基本中の基本である。女性活躍のための会議に男性ばかりが出ているのが珍しくもない日本だが、ここまで愚かな決定をする会社があるとは、思っていなかった。

 来年のオリンピックをもしほんとうにやるならば、片っ端から市民の意見を聞いて吸いあげ、ひとつひとつの方針を再確認すべきだ。
 正直なところ、来年のオリンピック期間中は近所のスーパーに行く程度にして、家から出ないことも考えている。ろくなことがありそうにない。

今後7payがとるべき対応(願望)

 7payの問題で対応のまずさが際だっている。ざっと書けば、不正アクセスが問題となっている段階で…

○ 最初にオンライン経由のチャージだけを止めればよいと思った(なぜ?)
○ 翌日チャージ全般を止めることになった(それが最初から妥当だったのでは)
○ それでも買い物は継続利用させている(なぜ?)

…さらに、とどめとして…
○ 会見の対応。2段階認証について、7payの社長が意味を理解していないことが露呈(完全にアウト)

 こうなったらもう、7payをいったん止めない理由がわからない。客に対して、チャージ分をnanacoに移動させますとか、残高を口座またはカードにお返ししますとか、あるいは「お詫びに100円分の残高あげるから、少しの期間を預からせて」と、使用を凍結してしまうとか。
 システム改修が1日でできるはずはないが、このままチャージ済み分をだらだら使わせていれば、また事故に結びつく危険性が高まる。これ以上に評判を下げないために、1秒でも早く決断すべきでは。

 2000円ほどチャージしてまだ使っていないので、状況が落ちつき次第にそれを使い、あとはnanacoにもどろうと考えている。

西向く侍と、重い「を」

 先日、西向く侍(小の月の覚え方)を知らない人がいると気づいた。うちの連れが知らないことに驚くと、知人の相方さんもご存知なかったという。年代か地方か、何の違いなのかはわからないが、わたしが子供のころは「にしむくさむらい(二、四、六、九、十一)で小の月を覚えましょう」と、学校の先生が言っていたように思う。

 Yahoo!知恵袋などいくつかの質問サイトでも「西向く侍を知らない人がいる」という話題が出るので、知らない人がいることに衝撃を受ける人は、そこそこいるということなのだろう。

 西向く侍よりもさらにマイナーだと思うが、わたしは子供のころに「を」を「重たいを」と習った。「お」と「を」を音声で区別するときに「ここは重たいをです(おではないです)」のように使った。この話が通じる人は西向く侍よりもはるかに少ないと思われる。方言ではなく、おそらくあまり広くない範囲(わたしの場合は北関東)での、教育方針だったのではないだろうか。学校では一般的にそう使っていたし、わたしの周囲ではそれが通じていた。

 重たい「を」と習わなかった人は、いったいなんと呼んでいたのか、ちょっと気になる。

高円寺のビッグエコーが、カラオケマックに

 ネットで高円寺の情報を見ていたら、以前に月1回程度は利用していた高円寺のビックエコーが、7月4日からカラオケマックになるとわかった。

 第一興商が親会社ということで系列が同じだから、内装などのリフォームを軽くやる程度で済んだのだろうか。すくなくともわたしは、すぐ近くを毎日のように通りながらも、ビッグエコーが閉店したことも気づかなかった。

 あとで様子を見にいってみよう。

シロアリは、蟻ではない

 あまり深く考えたことがなかったが、シロアリと蟻は分類も別で、普通の蟻が白くなったものがシロアリというわけではない。だがやはり、同じ言葉を含むということで、頭の中では似たものとして分類されてしまいがちだ。

 先日の「昆虫の森」で、放置してあった材木のあたりだったか、知人の息子さんが”Termites!”と叫んでいた。わたしはとっさに(白だろうと黒だろうと、あんな感じのものを同じグループと考えて)「アリね〜」と言ってしまった。知人親子は日本語もある程度わかるので、英語で「そうじゃなくて、木とか食べたりするあれ」と、言ってくるが、わたしがなおかつ「シロアリでしょ」と返事。するとまた英語で、蟻じゃないと言う。
 その数秒後、スマホでtermitesを確認したふたりは、「ほんとだ、シロアリっていうんだ」と、納得していたようだった。

 おもしろいと思ったのは、水辺からウシガエルらしきおおきな鳴き声(あれは鳴き声と書いていいのだろうか)が聞こえてきたとき、bullfrogと言っていたこと。ほぼ同時にわたしが「日本語ではウシガエル。牛はcow(雄ならbull)だよ」と話しかけたので、日本語でも英語でも、発想は同じ(牛みたいな鳴き声)ということなんだなと、妙に納得した。

ドメイン売買のこと

 米国のモデルであり実業家であるらしいキム・カーダシアン・ウェストという方が、kimono.comを取得したほか、kimonoが含まれるドメインを複数所持しているらしいという報道がなされた。大きく話題になったのは、それが日本の着物とは関係なく、彼女が独自のシェイプアップの補正肌着ブランドにkimonoという名前を使う予定であるからだ。

 おそらく世の中の多くが「いままで誰がkimono.comのドメインを持っていたか」と検索したと思われる。わたしはたまたま15年くらい前に日本の着付け学校が持っていたらしい情報を見つけたが、おそらくそのあとも、何回かは所有者が変わったか、あるいは使うつもりで取得した人が活用しないままに転売されたかなどだろうと思う。
 目立つ意味でのkimono.com所有者変遷は、軽く検索した程度では見つけられなかった。着付け学校の件はたまたま「15年くらい前の日付で検索してみよう」と思ったから見つかったのであって、そのほかの年代で検索すれば、また違うものが見つかるのかもしれない。

 さて、おそらくだが「人からどういうドメイン名が検索されているか」の上位ランキングのようなものがあって、あまりに検索頻度が高い場合は、どこかで業者が「売りに出さずにとっておく」ということがあるのではないかと想像している。まさかkimono.comが普通に売りに出されているとは、思えないからだ。検索頻度の高いものはどこかで誰かが持っていて、高い値段での取引チャンスを待っているのだろう。

 うさぎが切り株に頭をぶつけて死ぬのを待つ話がある。もちろん、そうそううまくいかないことを諭すためのオチがついている。だが世の中には、気まぐれに大量のドメインを取得して転売を狙う人もいるかもしれない。取得者名を公にしていなければ、どのくらいの人数でどれくらいのドメインが取得され、転売待ちしているかは、誰にもわからない。

 将来的には、いやすでにはじまっているだろうが、予算に少し余裕があるならば、企業や団体が自分たちに関係ありそうな名称のドメインを、仮に使う予定がなくてもおさえておく例が増えるだろう。誰かに取得されて「そちらは偽物」などと言って回る労力を考えれば、似ているものを使わせないほうが楽だからだ。

 せちがらい世の中である。