郵便局にて

 アメリカ向けの小形包装物を発送しようと、日曜でも開いている中野郵便局の窓口へ。一般の窓口も午前なら開いているらしいのだが、「ゆうゆう窓口」というものが南側の入り口からはいったところにあり、そこなら夕方までやっているのだとネットに書いてあった。

 けっこう人が並んでいる。窓口は3人くらいの係員が交替で対応しているが、客の列はだいたい常時10人くらい。

 わたしが荷物を出すと、航空便だと思ったのか「いま荷物をお受けできないのです」と言われてしまったが(新型コロナの影響で航空便に制限が出ている)、船便として伝票を用意してきたと答えると「あっ、船便なら受けていいんだった」という表情で、手続きしてくれた。

 そのときわたしの隣に、やや高齢の女性が。顔や見た目をじろじろ確認したわけではないのだが、仕草が高齢っぽい。その仕草とは…: 係員さんを手で招いて、顔の近くで内緒話のような声を出したのである。えっ、いまどき、こんな昭和なことする人がいるのか、だいたいここは病院でも薬局でもないので、恥ずかしいと思うような質問は思いつかない。なんだろう、なんだろう。

 わたしまでがどきどきしていると、係員さんも小声が聞きとれず言い直してもらい、答えが「1月7日までで終了しました」だったため、女性の質問が「年賀状はまだ売っていますか」だったことに気づいた。
 ああ、びっくりした。

 …待てよ、それは、そんなに恥ずかしいのだろうか。
 松の内は過ぎているが、それにしても、遅くなっても書きたい人は存在するかもしれない。売っているかどうかくらいを尋ねるのは、別に恥ずかしいことではないのではと思うが、ひとそれぞれなので仕方ない。

 それにしても郵便局。伝票を印刷しようと国際郵便のページに出かけたところ、2021年12月22日(この分はカナダ宛てであったため表現削除)2021年11月2日以降、アメリカ向けの荷物は、「船便か、EMSしか受けられない」とお知らせが書いてあって悩んだ。EMSは料金が高いが3〜5日くらいで到着。船便は2〜3ヶ月。800gの小型包装物の場合、送料の差は1010円か、3180円かという開きがある。これはもう、1010円を選ぶしかない。たとえ忘れたころに先方に到着するにしても、だ。

 飛行機の便数が減っているのだから郵便の遅れは仕方ないにせよ、やりとりが多い人や会社にしてみれば、不便さは相当なものだろう。

柑橘の「皮」を使った、残り

 料理本、製菓の本に「レモンの皮」やら、「ゆずの皮」、○○の皮…があると頭をかかえる。残った皮や中身の利用法が思いつかず、適当に砂糖漬けにしておくと、忘れて古くなることも。

 だいたいにおいて、中がそのまま(砂糖漬けなどにせず)食べられる程度のものは、皮部分がレシピ本には登場しない。

 年末年始の「レモン」、「ゆず」は、一部だけ皮を使って残りをハチミツに漬けた。少しずつ紅茶等に混ぜて使うつもりだが、もともとわが家は珈琲党。紅茶の消費量はあまり多くなく、しかもほとんどの場合にわたしはチャイなどミルク系を好み、レモンを使わない。

 しかもレモンなどを購入時にスーパーではだいたい2個セットで売られていることが多く、使いかけのものをハチミツに漬けたが、まだそれぞれ1個ずつ残っている。

 真夏に氷砂糖漬けにしてシロップをとった柑橘類のスライスもすべて冷蔵庫に保管してあり。こちらはパン酵母を作るときに混ぜて使っているが、使い終わるのにおそらく初夏までかかるだろう。今年の夏に同じような氷砂糖漬けを作ったら、冷蔵庫はどうなってしまうのかわからない。さらについ先日「かりん」までがそのコレクションに加わった。

 目的は果たしたのだから残りは捨ててしまえと潔く考えることができたら、こういった悩みは不要だが、そう思い切ることが、なかなかできない。

雪かきと、コミュニティ

 積雪があると、わかることがある。どのあたりの区域が、手早く雪かきをするか。

 わが家の周辺はありがたいことに熱心な方がいて、雪が弱くなった段階で周辺の家近くまで道路を雪かきしてくれる。わが家は、道路から家に上がる階段が北にあるので自然には雪が消えにくく、新聞配達や用事があって来てくださる方のため夜間のうちに階段付近だけは歩けるようにしておくが、暗い時間に道路をやるのは怖いし寒いので昼間…と思っていると、朝までに、ある程度やってくださる方がいるのだ。

 何年か前だったが、大雪の朝があった。午前いっぱいかけて家の界隈の雪かきをしていたときのこと、顔を合わせても普段は会釈しかしないようなご近所同士で、黙々と作業する時間帯が重なった。すると学校に行く男の子が大きめの声で、ひとりひとりに礼を言いながら通った。近所の女性が「偉いわね、あの子、偉いわ」と、感動していた。

 いっぽう公営団地と思われる大きな集合住宅で、複数の棟が並んでいるのに、そのうちひとつは誰も手前の歩道を雪かきしない事例もある。今回は通っていないので不明だが、以前の大雪では1週間ほど「これって凍結レベルの手つかず歩道だな」と苦労しつつ歩いたものだった。

 昨日は早稲田通りの歩道(みずほ銀行裏)で、路面の氷を割ろうと、たいへんな作業をされている方々がいた。おそらくは行員さんと周辺の人たちなのだろうが、大通りの北側といえば雪は自然には溶けないし、営業時間中に人を出すわけにもいかずに夕方になったのだろうが、あの時間帯では、おそらくほとんど成果がなかったのではと、心配している。

 転んで怪我をした人が、70人前後搬送されたらしい。

 年に数日あるかないかの災害のために対策や人手をかけられないというのが東京都や関東の市街地の考えなのだろうが、もう少しだけでも、雪に備えをしたほうがいいのではないだろうか。

雪で、予定変更

 今日はもし間に合えば「ピティヴィエ」(中にフェーヴがはいればガレットデロワであり、同じ菓子)を焼こうということと、西方向にたくさん歩いて用事を済ませるか、南に歩いて書店で本を受けとるか、と思っていたが、雪でぜんぶふっとんだ。

 まず昼過ぎにネットスーパーの配達で、玄関を開けたら粉雪。降っていますねと驚くわたしに、積もらない程度の雪だと思いますが気を付けてお過ごしくださいと声をかけてくださる運転手さん。その後、1時間半くらいして宅配便。なんとドアを開けたときには、荷物に雪がかかっていた。車は家の前に駐車してあるので玄関にやってくるまでに荷物に雪。けっこう降っているのだ。

 この荷物を受けとったとき「今日はもう、どこにも行かない」と決めた。そして「菓子を作るには気温が低くてバターの作業がたいへんだから、やらない」とも決めた。そして何をはじめたかというと、2ヶ月以上も放置していた予備のMacBook Proに電源を入れ、メンテ…と思ったら、ひさしぶりすぎて起動しない。いや、電源を入れてパスワードまでは打てるのだが、セキュリティアップデートやら、いろいろなものを放置していたので、この2ヶ月のあいだにたいへんなことになっていたようだ。
 Google系のサービスはとりあえずネットを見に行こうとするがセキュリティアップデートができていないので「こんな状態ではChromeもGoogleのサービスも使わせてやらない」とばかりにそっぽを向く。ならばと、Google系以外でもネットを読みに行きそうな常駐アプリをオフラインにしたり、ついでだからと全体のデータを大量削除して身軽な状態にしてから、セキュリティアップデートを…と思ったのだが、動作がおかしい。

 仕方ないのでPRAMクリアなどを試しつつ、そしてWi-Fiのつなぎ直しなどもやりながら、セキュリティアップデートをおこなう。何度目かでうまくいって、Google系もふくめて基本的なものは使えるようになった。よかった。

 さて、今日は買い物ブログで「年末年始の買い物まとめ」を書こうと思っていたのだが、今日届いたのは年末に頼んでおいた「1月上旬ころ到着の乳製品セット」だ。なんとこれが1月上旬だったことを忘れて、今日のネットスーパー到着分にも乳製品をいつも通りに注文。おかげで牛乳、ヨーグルト、チーズがてんこ盛りになってしまった。牛乳は1リットルサイズが合計5本。ヨーグルトはカップタイプが12個、通常のパックが1個、ドリンクヨーグルトが1本。気合いを入れて消費するとしよう。

 ピティヴィエもやりたいのだが、クリスマスに焼こうと思っていたロールケーキも遅れている。それからずっと作りたいパウンド型のプリンもやっていない。材料はどれも大量にあるので(←実はクリスマスころに卵の爆買いと通常の在庫が重なった)、作るタイミングを考えつつ、やっていこうと思う。

NetflixとAmazonの影響力

 ずっとAmazonのウィッシュリストに入れていた小説がある。2015年ころにとても話題になったということで、気になっていた。
 どうせ積ん読が多いから読まないだろうと思いつつ、2年くらい前からはウィッシュリストにも入れていたのだが、ひさびさにリストを隅々までチェックしていると、その本にベストセラー1位のマークが。しかも値段もお手頃。

 数年前に話題になった本がなぜいまベストセラー1位なのかと検索したら、Netflixが近々ドラマにするらしい。配役も決まりつつある段階。それで話題になったのだろう。

 あらすじは、パリに住む盲目の少女とドイツに住む少年の話を交互に描くもので、関係のない場所に住むはずのふたりが、あることを通じて実はつながっているという、歴史小説でもあり(舞台は戦時中)、ファンタジー的な要素もあり、切なさもある話らしい。

 昨日は680円だったので、普段の値段は忘れたが、とりあえず損ではないので買っておいた。わたしもじゅうぶんに影響を受けやすい人間だと自覚した。

本体に比較して交換用パーツが割高

 岩崎工業のスクリュートップキーパーを各種愛用している。500ml〜1500mlくらいまで揃え、どれも便利である。軽いし、密封できるし…

(このリンク先は1000mlの深型、楽天から)

 ただ、何年も使っていると、さすがにパッキン部分が。

 メーカーの岩崎工業のサイトによると、取り替え用のパッキンは1個につき200円くらいの値段。希望購入数量の金額に相当する切手を送ると、郵送で売ってもらえるとのことだ。ただ、大手通販サイトでは「本体が」200円台〜300円台で買える場合も多く、正直なところ、これは金額と手間で考えると、本体を買った方がてっとりばやい。

 もっとパッキンが身近で流通していたら、本体を買わずに済むのだが、困ったものだ。

朗報: iPhoneで文字入力中のカーソル移動

 文字を一部だけ打ち直ししたいのに、すぐにはぴったりの場所にカーソルが当たらないイライラを体験している人は多いかと思う。そんなみなさんに朗報。

 少し違う件で検索をかけていたら、こんなナイスな記事を発見して、大助かり。 → 2021.08.23 iPhoneの「空白キー長押し」便利すぎ!? もっと早く知りたかった小技5選

 空白キーの長押しをすると、キーボードの上から文字が消え、無地のタイルのように見えてくる。その状態のまま指を這わせると、画面上の文字の上を少しずつカーソルが移動することを確認。

 ストレスが軽減されること間違いなし。ありがたや。

 

2日目は、恒例の阿佐ヶ谷へ

 この数年は、正月に阿佐ヶ谷に出かけることにしている。

 ○ まずは高円寺の「おかしのまちおか」で福袋を狙い(←もしや今年は販売していなかったのだろうか。午前11時前で、まだありそうな時間帯だったのに福袋が見あたらず)

 ○ 電車で1駅を移動して阿佐ヶ谷まで。ビーンズ阿佐ヶ谷の高円寺寄りの一画にある「おなかすいた」で福袋を購入。この店は「中味はぜんぶ違います」と断言しているので、手に持ったり、隙間から見たりしながら選んだ。店員さんからも、中味を覗いてくれてかまわないとのお達し。
 去年があまりにもお得だったのだが(1080円なのに1000円以上する瓶入りギーがはいっていた)、今年は普通にお得で、漬物(たくあん)やら、浅漬けの素やら、さんまのフレーク瓶詰めなど、5品目程度。

 ○ 今年はとりわけ高かったので購入を迷ったのだが、駅近くにある和菓子店「鉢の木」の花びら餅も。以前は2個入りで800円弱だったように思うが、記憶違いだっただろうか。今年は970円前後。正直、迷った。だが正月の早い時期に確実に買える店はここしか知らず、購入。
 だが正月にこだわらなければ、1月中くらいで売られている和菓子店はほかにもあるので、来年からはちょっと検討しようかと。鉢の木さんはちゃんとしたお店だが、正月は財布がすかすかになってしまいがちなので、懐にやさしいほうがいい。

 ○ 駅のカルディで、食品福袋4000円(公式アプリで抽選予約してあった)を購入。

 ○ 駅前のヨークフーズで、日清の冷凍スパ王4種類セットが格安だったので購入。さらにハーゲンダッツが4種で正月っぽいパッケージにはいっていたため、購入。

 ○ 昼食にするため、駅前で天丼を購入して、帰宅。

 食品系の福袋や、正月の前後に購入したものは、のちほどまとめて買い物用の別ブログに掲載予定。

 夕方、牛乳を買い忘れていたので近所のスーパーまで2度目の外出。さすがに連日あちこちに買い物に出ていると気ぜわしい。明日くらいは、軽い散歩のみにしようかと思う。

2022年、元日の散歩

 午前に近所の神社へお参りに。そして、散歩。

2022年1月1日、元日散歩

 大和町の八幡神社へ。となり駅の鷺宮八幡神社はおそらく行列が激しくてお参りできないので、初詣はいつも大和町。いまより体力があったころは、大晦日の除夜の鐘を聞きながら、夜のうちにここまで来てお参りし、甘酒を楽しんでから帰宅したものだったが、もはやそんな体力はないし、寒さが怖い。それにいまどき行列しながらお参りする度胸もない。

 おみくじを引き、野方の駅前に散歩に出る。運がよければパン屋のヴィドフランスと、新宿中村屋の福袋が買えると思ったのだが、ヴィドフランスは中味がいまひとつで(予感はあったが、いちおう買ってしまった)、新宿中村屋はこれから並べはじめる気配があったものの、開店直後だったようだ。仕方なく、移動。

 都立家政の界隈を歩き、そういえば三が日は営業すると店頭に案内が書かれていた記憶があるケーキ屋「アンファンF」に立ち寄ってケーキと焼き菓子。元日にケーキが買えるとは、ありがたい。

 その後、セブンイレブンで年賀状のプリントをし、帰宅。

 帰宅が昼だったので、夕方にもう少し散歩をしようと考えていたのだが、寒くてあきらめてしまった。明日また阿佐ヶ谷に外出予定があるので、そのときに福袋を買い足す予定。

大晦日

 おせちも夕方までには用意でき、しかも明日の朝のためにパンも焼いて、2021年も暮れていく。夜は「孤独のグルメ」とジルベスターコンサートでカウントダウン。

 元日は近所を歩き、2日は隣駅まで買い物に。すべてが、この数年の流れと同じ。

 2022年も、よろしくお願いいたします。