ウルトラマンタロウの犬

 検索したら名前もあるらしい。ラビドッグだそうだ。

 何かおもしろいものでもないかと、テレビをあれこれザッピングしていたら、ファミリー劇場というチャンネルで、篠田三郎のウルトラマンタロウをやっていた。篠田三郎といえばウルトラヒーローを演じた役者の中でただひとりと言ってもよいほど「その後も普通に役者さんをしている」人である。ほかの方々は個性的な脇役をされることはあっても、なかなか主役級というものはないのだが、篠田三郎はずっと売れっ子のまま年を重ねてきた貴重な存在である。わたしはずっとファンだ。
 関係ないが最近よく映画に出ている俳優アダム・ドライバー(スターウォーズのカイロ・レン役)を見ると「あ、若いころの篠田三郎に似ている」と思う——どうでもよいことを書いてしまった。

 さて、ウルトラマンタロウが、何か蛾のような見た目の宇宙人に地球をのっとられそうになるエピソード(第24話「これがウルトラの国だ!」)で、終わりに近づいたころ、瀕死で意識朦朧としていたときのことである。ウルトラの母が現れ「対抗できるグッズがあるから、光の国にちょっといらっしゃい」(大意)と呼びかけてくれるのだが(いや、それよりウルトラの母さんがまず治療しに来てくれないのかというツッコミはおいといて)、タロウは瀕死だったはずなのに「おぉそれはよいことを聞いた」とばかりに、300万光年先の光の国まで飛んでいく。すると光の国の手前に、いきなり白っぽい毛むくじゃらの犬(のぬいぐるみ)がど〜んと飛んできて、それがタロウが飼っていた犬であることが解説で語られる。タロウは犬に会えて喜んで光の国への道をさらに飛びつづける…というシーンなのだが、出番はほんの数秒でも、かなりのインパクトがあった。

 犬のぬいぐるみ(申し訳ないが顔も見えなかった ^^;)だが、タロウの顔に当たっていたということは、サイズは何メートルあるのかと思うが、どうも情報サイトなどに書かれているのは35cmだそうだ(参照: ウルトラマンプラネット ラビドッグ)。あれれ、ウルトラのヒーローたちは、デフォルトは人間サイズなのだったか? 地上でビルくらいのサイズになって闘うのは、相手の怪獣が大きいからサイズを合わせているのか? ラビドッグが35cmでタロウの顔と並んでも違和感ないサイズであるなら、300万光年を人間サイズの生き物が何日かかったら移動できるのか。往復のあいだに地球は蛾にやられてしまうことだろう。

 まあ、そんなことはこの際よいのだが。
 すごいなと思うのは、放映から45年経っても、あの数秒しか現れない犬について身長や体重情報までがネットに残っているということだ。ウルトラファンおそるべし。

 次のエピソードも、忘れなかったら見てみるとしよう。
 
 



話しかけるときの「すみません」

 今日は新宿のデパート内にある初めての店で炒飯を食べた。日本語が上手な中国人(と思われる)スタッフが多めで、日本語ネイティブは少なめだった。

 丁寧な応対だったが、最近あまり日本人同士での会話では聞かれなくなってきた、話しかける際の(意味としては「あの〜」のような)「すみません」を耳にしたとき、何か謝られるようなことがあったのかと勘違いしてしまった。

 ゆっくりと丁寧に「すみません、あの、お水…」まで相手が言いかけた段階で、わたしは勝手に「ああ、こんな雰囲気の店でも、水は自分でとってくださいと言うのか、ちょっと意外ではあるがセルフ方式ならばとりに行くしか」とまで考えてしまったが、つづきは違った。「(お水)…と、お茶と、どちらがよいですか」だったのだ。お水をお願いしたら、すぐ気持ちよく持ってきてくださった。早とちりが恥ずかしい。

 大昔にロンドンの空港内にあった免税ショップで日本人女性が係員に「そーり、そーり」と話しかけていたことがあったが(おそらく「すみません」の直訳)、そういう際の「すみません」なら、まだ一般的に広く聞くことはあると思う。ただ、話の途中でなんとなく挟む「すみません」は、だいぶ減ったような印象を受ける。

 それから話は微妙に異なるが、わたしの例で1万円札の話。幼少時から親に1万円札は相手に迷惑になることがあるから、小さいお店や医院などでとくに朝は使うものではなく、事前に大きな店で崩しておけと言われていた。その癖で数十年後の現在ですらつい「あっ…、すみません、1万円札ですが」と言ってしまったのだが、わたしがその「すみません」を言ったか言わないかで、相手の顔に「お金が足りなくてこれからATMに行く人なんだ」という表情が浮かんだのを、わたしは見逃さなかった。こういうときには、もう「すみません」は使わないものなのかもしれない。

flickr.comを忘れていた

 先日、mikimarche.comのほうで「画像18枚をスライドショー的に効果的に見せる方法はないか」と思ったのだが、basercmsでそれを実現する方法があるらしいと聞いても、わたしにはよく飲みこめず、仕方がないので静止画18枚を連結してYouTubeでビデオにしてしまった → こちら「Photoshop Elementsを使ったロゴ作成方法

 だがよく考えたら、これまでまったく使っていなかったflickrs.comのメニューに、スライドショーとして外部に埋めこみできるボタンがあったのを発見。あと1週間早く気づきたかった。次回があれば、使えるかもしれない。

 ちなみに、これは昨日の午後に出かけた光が丘公園。試しにflickr.comからシェアしてみるとしよう。
2018-10-31 14.37.16

 米国Yahoo!のIDがあれば、1TBまで無料で使えるのもすごい。わたしは何年か前にYahoo! Pipesというサービスがあったころ米国Yahoo!に登録し、そのまま退会していなかった。その後もたまにログインしたり新たなサービスに申しこむと、クレジットカードや電話番号を入れろという欄が出ることもあるが、すべてskipして現在にいたる。それでも不都合なく会員のままである。
 ずっと使わずにいたが、今後はflickrも使ってみようかと思う。

=== 翌日追加 ===
 まさにこのタイミングで、無料版は1000点までという変更が発表された模様 → 写真共有のFlickr、無料版は1TBから1000点に縮小、超過分は2019年2月5日に削除へ

ポケモンgoのEXレイドで、拍子抜け

午後1時に近所のマクドナルドでポケモンgoのEXレイドに参加予定だったのだが、昼に栗おこわを作って食べているうちに12時半となり「終わる前に到着できればいいか」と、予定を遅らせる。けっきょく、レイド終了の8分前に現地到着。

 連れとふたりで「終わりごろだから、5〜6人集まるのは無理かな?」と(だいたいレイドというものは5〜6人は集まらないと勝てない場合が多い)、いちおう待っていたが、待っても待っても、わたしたちのほかは1〜2人しかやってこない。それでは無理だろうと参加を見送っているうちに「そろそろレイドが終了してしまうから」と、少人数のままでやってみることになった。

 ちなみにわたしたちはレベルが36と38で、一緒にはいっていた人たちは30前後がひとり、27がひとりだった。しかも戦闘開始直前にひとり逃げてしまったので、計3人である。

 だが、まぁ、なんというか…時間を半分以上も残して、あれよというまに勝ってしまった。なぜこれほど弱いものが1週間以上も前から予告されていたのか。しかもデザインいまいちだし、色合いは血管の動脈静脈イラストのようだし、CPも高くない。
 直前で逃げてしまったひとりも、まさかこれほど弱いと知っていたら、そのまま参加していたはずだ。

 これなら、このあいだまで普通にレイドに立っていたミュウツーに、またもどってきてもらいたい(笑)。

阿佐ヶ谷のカフェラカム閉店(2018/10/31)

 焼き菓子をときどき買っていた阿佐ヶ谷駅の洋菓子店カフェラカムだが、散歩がてらに駅に出かけて売り場を見たところ、明日で閉店の文字が。そのせいか一部を除いて焼き菓子を安売りしていたのだが、駅の店をたたむだけだろうと思い、いざとなれば本店に寄ればいいのだからと、通過してしまった。

 さきほどホームページを見にいくと、本店ともども閉店らしい。残念 → http://www.vinet.or.jp/~kam/ (終了直後からサイトもアクセス不可)

 洋菓子業界には厳しい事情があるのだろうが、焼き菓子ひとつとっても確かな原材料と見た目の美しさがあり、ときどきではあるが楽しみに買い物していた。

 このブログで書いていたところによると、2012年の1月に、駅ビルにカフェラカムという店があるらしいと聞いて、わたしは買いに行こうとしたらしい → 当ブログ内: 阿佐ヶ谷って
 ところがそのときは阿佐ヶ谷ダイヤ街(現: ビーンズ阿佐ヶ谷)の2階が改装していた。その後まもなく、別の機会に1階で焼き菓子だけ営業していたカフェラカムを見つけて、買い物したのだったと思う。
 2階の改装が終わってからも阿佐ヶ谷の駅ビルは数年おきにリニューアル工事をしている。2階と1階の何割かの区画を止めては改装工事をし、駅ビル全体として考えれば部分営業ばかりをしてきた。それがようやく終わったかと思ったら、先日から改札前の区画(ビーンズぷらす)の店舗大部分を閉じて、春まで工事だそうだ。

 ビーンズ阿佐ヶ谷という名前に名称変更する少し前からの改装工事で、カフェラカムは2階にあったカフェスペース付き店舗を閉じて、1階の隅にショーケースを置いて営業していた。あくまでも臨時売り場の扱いで、ときどき場所を移していたが、やっと定位置に落ち着いたかと思える広めの場所で営業をしていたところ、この夏の豪雨で駅ビルの雨漏りなどがあったらしく、また狭い臨時売り場に移動になっていた。なんだか不運がつづくな、また広い場所にもどれるとよいのにと思っていたところの、閉店案内だった。

 好きだったお店がなくなるのは、残念でたまらない。「阿佐ヶ谷たまご」というひとくちサイズの焼き菓子(2個入りで1パック)があったのだが、あれだけでもどこかで販売をつづけたら、阿佐ヶ谷の人たちには喜ばれるのではないだろうか。

渋谷ハロウィンの異常事態と、「偽王」と、「パージ」と

 ニュースは地震速報以外はテレビで見ることがほとんどない。だから家のどこかでついていたテレビから「渋谷で軽トラックが倒された」と聞こえてきても、まさかハロウィンのバカ騒ぎだとは思わなかった。

 人は、どうしてしまったのだろう。無秩序をわざわざ作り出して楽しいのか。

 来年から、ハロウィンが近づいてもことさらに無視してみたらどうだろうか。被害があったとき以外は報道しないというのも、よいかもしれない。どうかしている。そして今回の騒ぎについても店頭や街頭での狼藉が防犯カメラに残っているであろう人たちは、探し出されるのを待つ前に、自分から謝りに出向いて賠償金を払うべきだ。

 今回の騒ぎで、タイトルすら忘れていた萩尾望都の短編漫画「偽王」を思い出した。といってもその話の中で描かれる「すべての根源」であった昔の悲劇が、今回のバカ騒ぎのような狂気に満ちたものであったことを、連想で思い出した。その過去の事件は冒頭で語られるに過ぎないが、初めて読んだときの衝撃は、忘れられない。タイトルがわからなくてネットで検索して、やっと「偽王」という作品だとわかった。家のどこかにあるかもしれないので、また読んでみよう。

 また、アメリカの映画で「パージ」というシリーズがある。1年に1晩だけ(夜から朝までの12時間)すべての犯罪が合法化される制度を持った国の話だ。消防も警察も、救急病院も機能しなくなる。その12時間にカタルシスを得ろと、その代わり普段は犯罪をするなという名目で設けられた制度だったが、実際には殺害する側とされる側の社会的な層には歴然とした違いがあり、支配者層の思惑が見え隠れしていた。

 これらの作品では、無秩序は制度として作られたものとして描かれていた。
 近年のハロウィン話は、これらとはまったく異なる。

 今回にかぎらず渋谷交差点の混雑は、DJポリスだなんだとおもしろく持ち上げながら語るのではなく、まじめに対応していかねばならない。焦眉の急だ。東京に暴徒は要らない。日本のどこにも暴徒はいらない。発散したいストレスがあると自分で思う人たちは、別のことをしてもらいたい。自分の行為が他人のトラウマになる危険性も、認識してほしい。

ダイソンが電気自動車をシンガポールで生産予定

 シンガポールに行ったことはないが、自動車工場というのはかなり広い国に作られるものという先入観があって、このニュースには驚いた。

 2018.10.23 Autocar (英語) Dyson electric car will be built in Singapore in 2021

 2018.10.28 ロイター(日本語) アングル: 英ダイソン、なぜシンガポールでEV生産するのか

 シンガポールには優秀な人材がいることと、税制優遇措置が決め手になったらしい。また、アジア各国に商品を出荷するにも地理的に有利と考えた可能性はある。

 電気自動車は排ガス問題の対策として考えるととてもよいのだが、ひとつ不安な面もある。それは「静かすぎて接近するまで気づけないのでは」という点だ。最近、わたしの耳が遠くなったというよりは、静かな車が増えているように思えてならないが、車製造業の傾向だろうか。これで電気自動車が増えたら、気配に気づいてふり向くのがさらに遅れるのではと、気になっている。
 それとも、そのころには、前方に歩行者を感知したらスピードが出にくくなるセンサーでもつけてもらえるのだろうか。

新型タクシー(内部がフラット構造)が増えてきた

 頻度がそれほど高いわけではないが、平均すると1〜2か月に1回くらいは、高齢者の付き添いでタクシーを呼ぶ。このところ内部がフラット構造のもの(後部座席の足もと中央に、盛り上がりがない)が増えてきた。

 個人的には、とても助かる。足腰が弱い年寄りが一緒だとおおむねタクシーの乗り降りに時間がかかるが、フラット構造のものは(本人の足が多少なりとも上がる場合は)時間が短縮できるのだ。

 だが、タクシーによく乗る人によると、運転手から直に世間話として聞かされた話としては、運転現場からの不満は大きいらしい。車体の底は打ち付けやすいし、車椅子の人が利用する場合の乗り降り手順でかなりの時間がかかるのだとか。その不便さゆえ、細い道などで車椅子の利用者を乗降させた場合、渋滞を起こしてしまいかねないリスクもあるとか。

 そんなことを思い出しながら検索したら、やはり似たような内容(現場からの不満)に関する記事が見つかった。今年の4月のもののようだ。
 2018.04.18 msn マネー → 増加中の新型タクシー専用車「ジャパンタクシー」、現場から聞くトホホな感想

 たしかに見た目はよいし、親しみやすい印象もあるのだが、運転するプロの側の意見も採り入れて、よりいっそうの改善をお願いしたい。

米国ドラマ「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」

 3話まで見たところだが、このドラマはかなりクオリティが高い → Netflix: ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス

 三度の飯より…と書くと大げさかもしれないが、ホラーは好きである。かなり見ている。そんなわたしが1話目からはまってしまった。全10話のようだ。

 子供時代に、人里離れた大きな屋敷に臨時で引っ越した7人家族。1992年に彼らが引っ越してから逃げ出しすまでの日々と、2018年の現在、そして彼らにとって転機となった2012年のシーンが、何度も何度も、めまぐるしく入れ替わる。

 これまでの出来事は、家族に重い影を残していた。母を失い、父は社会的に変人と見なされた1992年。その後の世の中にうまく適合できず病んでしまった次男に関することや、思うような作品が書けずに悩んでいた作家の長男が、ついに事件に関する本を書いたのが2012年。そして2018年になり、過去に追いかけられたかのように命を落とすことになる三女——こう書くとわかりやすいかもしれないが、断片的なシーンを頭の中で再構成しながら物語を追っていくのは、楽しい作業ではあってもけっこう疲れるものだ。だが、1話を見終えると、また次も見たくなる。

 原作(原案)として、1959年に書かれた小説があるとのこと。その英語版Kindleは、こちら。

 映像としてもとてもうまい。ホラー慣れしている人間でも「ここでこれを出すか」といった、意表を突かれるものが急に画面に出てきて、なかなか楽しい。安っぽい怖がらせ方や演出ではなく、あくまで上品である。
 
 

ファミマがQRコード決済に対応

 クレジットカード、電子マネーなど、いくつかには慣れているつもりだが、QRコード決済は、よくわからない。だがついに、街中いたるところにあるファミマでさえもQRコード決済ができるようになってきた(完全実施は本年12月4日)という。
 2018.10.18 ニュースリリース → スマートフォンを活用したバーコード決済 「d払い®」「LINE Pay」「PayPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」「Alipay(支付宝)」と 「WeChat Pay(微信支付)」が全国のファミリーマートで一斉取扱い可能に! ~2018年11月より順次開始~

 つまりだ、わたしがわからなくても、都内に何千人もいるであろうファミマで働く店員さんたちは、すでに頭に入れているのだ。しまった、後れをとったぞ。しかもわたしなどは、おととい「野方駅前の100円ショップ(シルク)はクレジットカードが使えるのか」と、いまごろ感動してしまったのだ。検索したら100円ショップでもカードが使えるところは多いらしい。知らなかった。

 さて。

 ファミリーマートとしては、今回6種類のバーコード決済サービスの取扱いをする事で、コンビニエンスストアとしては最大規模の取扱いとなります。更に、「PayPay」「WeChat Pay(微信支付)」のバーコード決済が、全店舗で使用可能になるのはファミリーマートが初めてとなります。

 わかったような、わからないような。
 う〜む。

 (数分後)
 あちこち、読んできた。

 どうも、大きく分けて2種類あるらしい。ひとつは、店にインターネット環境とQRコードの提示ができる端末(スマホやタブレットなど)があって、店が示した金額を客が読み込む方法。もうひとつは、客が店側の決済用QRコードをスマホ等に読み込み、支払金額を自分で入力する方法。いずれの場合も、おたがいにインターネット環境があれば莫大な投資をしなくても決済ができるものらしい。

 従来からクレジットカードは手数料が高いと話題になっているが、クレジットカードは手数料のほかにクレジットカード用の端末を店が導入しなければならないため、初期費用もかなりかかっているらしい。

 わたしは店やサービス業の窓口にカードのマークがあっても「1000円くらいでカード使っていいんだろうか、迷惑ではないのか」と思ってしまうことがあるが、これは30年近く前にスーパーや百貨店の系列カードが流行りだしたころ「1000円以上のお支払いでカードを使ってください」と、店が客に堂々と要求していたなごりでもある。最近の若者はそんな事情を知らないだろうから、どんどんと使ってみたら、よいのではないだろうか。

 個人的には、小銭の苦労をしなくて済む世の中が待ち遠しい。