話し言葉で、「ちょっと」

 バウムクーヘン関係の音声配信のため自分で録音した声を聞いていて、つくづく「ちょっと」、「たとえば」が多いと感じた。
 だが原稿を用意して「いかにも読んでいる」雰囲気が出てしまうのは困るし、原稿をつくると時間がかかるので、その作業で疲れきって話す内容が減ってしまう気がする。そのため、だいたいの項目を書いたメモを見ながら、その場でしゃべっている。

 配信を確定する前に、録音した自分の声から「ちょっと」と「たとえば」を抜くことは、技術的には可能だろうけれども、さして意味があるとは思えないし、時間がもったいない。

 場数を踏んできたので、そろそろ、なめらかにしゃべれるようになりたい。そのうちに、もう少し言葉遣いも整っていくのではないかと、ひそかに期待している。

生活必需品は、人によって違う

 25日からの緊急事態宣言では、東京都は大規模な場所(たとえば百貨店など)では食品と生活必需品以外の売り場を「休業要請」し、広くない場所(たとえば小売店など)では、同様の業種に「協力を依頼」するのだそうだ。

 だが、不思議なのは、こちら。読売新聞の記事によれば… 2021.04.24 → 「古書店」は対象で「書店」は対象外?…休業要請「線引きわかりにくい」

 混雑するしないで考えれば、どちらの店も空いている。あちこちの娯楽が利用できなくなれば書店が混雑する可能性も否めないが、それにしてもたかがしれている。その上、新刊を売る店と古書を売る店で休業のお願いを出すかどうかに差があるのは、納得がいかない。

 そもそも、生活必需品とは、なんなのだろう。なければ困るものは、人によって違う。線引きは難しいはずだ。
 まずもって肝心なこととして、できるだけ人々に自宅にいてほしいということであれば、最低限の食品や生活に直結する物資を、買い物弱者(たとえば高齢者のみの世帯)に、公的な機関からの依頼で配達ができるシステムを構築しておかないと、弱者はなおのこと不便になるばかりだ。だがどうも話の流れが、「好き勝手に歩きまわらせない、娯楽や楽しみはあきらめてもらいたい」といった、日々のうるおいを奪う方向でばかり検討されているように、感じられてならない。

 この1年、国や自治体、とくに東京のような大都市は、何をしてきたのだろう。何か少しでも対策で前進しただろうか。自粛をお願いしてもだめだった、だからもっと厳しく「要請」すると、そんなことのくり返しだ。現状について、一般人が悪いとでもいうのだろうか。

 昨夏にいったん落ちついたかに見えたコロナ禍が、初秋からぶり返す気配を見せたとき、GoToトラベルだGoToイートだとやっていた、そのツケが一般人をずっと圧迫しつづけている。そして最近はオリンピック聖火リレーだ。オリンピックのムードを盛り上げるために、緊急事態宣言を(首都圏で)取りやめてから、1ヶ月でこの騒ぎ。

 それなのに、オリンピックをやめるとは、政府も関係者も、誰も言わない。
 どうかしているとしか、思えない。

コンピュータ関連、3件

 いまのところ、おもに3種類のことをしている。ひとつはバウムクーヘンを扱うお店のサイトを紹介する企画で、お店にご招待メールを送ったり、ご関心ありとのお返事をいただければただちに詳細メールを送ったり。

 もうひとつは、今年になって開始した朗読の動画づくり。第2弾を近日公開の予定だが、今回はDavinci Resolveで編集した。高機能で何から手を付けていいのやらまったくわからなかったが、ときどき、直感的に手を動かしてしまい「あれ、こんなことできるんだ」と、理屈があとからついてくることも。「こんなことがしたい」とネットで検索をかけると難しい解説が出てきて四苦八苦ということもあったが、自分で「こういうことできるんじゃないだろうか」と右クリックを押してみてメニューを探すなど、実地訓練のように動作を確認している。

 そして、三つ目。小規模なお菓子屋さん、パン屋さんが使えるよう、HTMLとCSSのファイルをセットで配りたい。だがどの程度のレベルで作成していいのか、わからない。
 わたしの作る程度のシンプルな物を必要とする人は、コンピュータのレベルとして、どれくらいなのか。HTMLとCSSだけの簡易なものを配布し「内部で使う画像は自分で用意してね」といっても、組み込み方のわからない人もいるだろう。だが、そもそもFTPが使える格安レンタルサーバを借りている人なら、多少のHTMLはわかるはずだから、気にしすぎなくていいのか。それとも、無料ホームページ作成サイト(広告付き)を利用されているお店のほうが多いのだろうか。

 GoogleスプレッドシートでHTML内容の入力補助をするツールを作るのもいいかなと思ったが、HTMLが苦手でGoogleスプレッドシートが得意という人はどのくらいいるのか。わたしはどちらも好きだが、ひとさまのことはわからない。

 とりあえず、誰も使ってくれなくても仕方ないという覚悟で、自分が作るのがおもしろいと思える範囲で、何か作ってみるしかない。結果はあとからわかるものだ。

発想が柔軟な人

 3ヶ月ぶりに、病院へ。

 以前はよほどのことがないと8週間分すら出してくれなかった医師が、新型コロナの影響で常連患者の通院回数を減らす方針かもしれないが、前回は3ヶ月分を処方してくれたし、今回も3ヶ月分のようだ。おかげでこちらは気分的にたすかるのだが(一度に薬の代金を払うという意味では財布に厳しいにせよ)、話を聞いていると、けっこう財政的に厳しそう。無論、医師は財政の話はしておらず、わずかな雑談めいた話からわたしが感じとったことである。

 どうも、企業や団体の健康診断や市民の日常的な検診は、しばらく断っている様子。そういった健康診断にはオプションとして自由診療的なメニューを含むコースもあっただろうから、断ることは、ドル箱を失うことに直結する。

 また、通院するのが怖い(通常の診察時間に病院にいたくない)患者には、いったん診察料金を立て替えて薬だけを調剤薬局に手配する方法も、復活しているようだ。患者は後日に病院に支払いに行くのだというが、いったんは病院側の持ち出しであることに違いない。

 今回の騒ぎがあとどれくらいつづくのかはわからないが、病院が経済的に立ちゆかなくなるとしたら、地域社会に大きな不安をもたらすことだろう。

 さて、話変わって、採血のこと。

 いつも診察前に右腕で採血をしてもらうのだが、今日はたまたま、上着が薄かったので「着たまま袖をあげるか、上着を脱ぐか」と迷っていた。どちらにするか考えているうちに順番が早く来た。迷ったあげく、いちおう脱ごうかと思ったら……

 ファスナーが、何かのはずみに壊れたらしく、途中で動かない!!

 採血の担当者さんに「脱がないで採血してもらうと、腕を圧迫するでしょうか」と相談。すると腕を見た担当者さんから、「このくらいのぴったりした袖口ですと、採血後に、出血が止まらなくなるかもしれませんね」と、妥当な予言。それは困る。

 ふたたび脱ごうとしたが、ファスナーは妙な位置で固定されてしまっている。
 そこでわたしは二度ほど「ほかの方を先にお願いします、壊れてしまっているようで時間がかかります」と告げたのだが、少し様子を見ているようだった。やがて担当者さんが、柔軟な発想でひと言。

「あっ、上から引っ張るような感じにすると(セーターを脱ぐように)、どうでしょう!?」

 なるほど、それは考えてもみなかった。おかげで採血を終えたが、「ファスナーが直るといいですね」とまで励ましの言葉をいただき、待合室へ移動。その後、ようやくファスナーは外れた。
(帰りはねんのため、いっさいファスナーを使わずに帰宅)

 こちらが焦ってしまってはよくないと、やわらかく話しかけてくださったのだろうと思う。
 高齢者に片足を突っこみつつある世代として、親切が身にしみた。

 採血前の騒動ですでに袖口が圧迫されたらしく、部分的ではあるが青紫の内出血があった。ひさびさに見てしまったが、あれで済んでよかった。

30万坪と言われても

 JR中野駅の近く(区役所すぐ)に、犬屋敷の跡地を示す5匹の犬の像があるのだが、徳川の第五代将軍綱吉の時代には、あのあたりに合計で30万坪の犬屋敷があったという。

 昭和生まれの庶民が楽に思い浮かべられる「坪」は、せいぜい100である。どういうことかというと、自分の家や友達の家を「坪」で表現する人が周囲に大勢いたので、25坪であの家、あれが4軒で100坪、という連想ができるのだ。

 30万坪をおなじみ「東京ドームの建物」で表現すると21個分と書いている人がいたが(ねんのために複数のサイトを見たら、同じような話だった→ 東京ドームは何坪あるのか―鑑定法人エイ・スクエア/菅原健)、都民なら誰でも東京ドームの広さを実感できるわけではないので、これも困る。

 誰でもわかるものはあきらめて、自分にだけわかるものを調べようと思ったが、こちらのブログさんによれば(日本1000公園 801/1000 中野四季の森公園(東京都中野区))、中野四季の森公園の広々した部分がだいたい3ヘクタール(1ヘクタールは3025坪)だそうだ。犬屋敷は30万坪(100ヘクタール弱)あったということになるのだから、つまり…

 中野四季の森公園の30倍以上の場所に、犬が住んでいた。

 …ということで、たぶんいいのだろう。

 ……あっ……

 もしやと思い「中野 犬屋敷 地図」で画像検索をかけたところ、地図を描いてくださっている方々が。

 東側は、線路をずっと島忠方向に歩いて、図書館のあるあたりまでが、ぜんぶ犬屋敷か。
 こりゃすごいわ。。。

メールボックス容量(いまむかし)

 パソコン通信からインターネットへの移行期(いちおう90年代終わりごろとしておく)は、利用者の環境もそれぞれに違っていたため、メールに大きな画像をそのまま貼りつけるということはあまりなかった。
 当時は大学やIT関連企業などで自由な使い方ができている人と、趣味のパソコン通信の延長線上で細々と使っている人の差は歴然で、新入社員が一般人に1メガのファイルを送って取引相手のメールボックスを詰まらせたという、先輩社員の泣き笑いが聞こえてきたこともある。

 いまや、画像1枚が、1メガ2メガであるだけでなく、写真1枚で足りる用件はほとんどない。メールボックスの容量制限も「ギガ」単位の時代であるため、わたしも以前なら気にしていた相手の通信環境やファイルサイズを、最近はあまり考えなくなってしまった。

 ところが、逆の事例(自分が気に掛けていただく)を経験するようになって、初心に返った。

 最近の企画で、あちこちのお菓子屋さんとメール交換をする機会に恵まれているのだが、先様のほうでわたしの環境に気を遣ってくださるのか、あるいはメールでなくそのほうが便利なのか、「画像は外部のストレージサービスに載せておくのでダウンロードしてください」という話になったことが2回あった。片方は時間制限があり、URLを知っている人のみというものだったし、もう片方はアクセス制限のファイルを一時的に共有していただいた。

 わたしがまじめな用途に使っているメールアドレスは、1通の容量制限もメールボックス全体の制限もなく、あるのは○○日以内で消去、という条件のみだ。だがよく考えれば大手のウェブメールでもない場合には先方にこちらの状況は想像が難しいわけで、心配してくださるお気持ちはありがたいことだ。
 そして、そうしたご厚意に甘えると同時に、今日からは自分の側からの前もって「いただく写真は、メール添付でも、ダウロードでも、どちらでも対応可能です」と書き添えておくことにした。

 パソコン通信時代に「100KBのファイルを載せちゃったけど、みんな制限時間内にダウンロードできるかなぁ」と言っていた人がいた。当時のパソコン通信は1時間以内という制限があった場所も多く、非力なモデムで接続している人にとっては、100KBは大きすぎたような記憶がある。

 最初に自分で買ったパソコンのハードディスクは、たしか100MBだっただろうか…。Googleでは無料メールに15GBが付属してくる時代である。隔世の感がある。

自家製、春のパン祭り

 先月だが、ポンカンを8個もらって、ひとつだけ傷みかけていたので、その半分をお茶の葉と一緒に水につけてパン酵母にしてみた。

 毎日こまめに様子を確認し、「いまだ」と思った二日間にわたり、大量のパンを焼いた。二日で使い切った。パンは大部分を冷凍した。だが勢いのある瞬間を見逃さずに焼いたものなので、解凍しても抜群に美味。

 普段は小麦酵母とコーヒー酵母を作っているが、これらは長くつないでいるから安定の発酵力とはいっても、やはり旬の酵母にはかなわない。

 今回は数日前から「ぶどうとお茶の葉」を容器に入れている。おそらくあと二日くらいで、かなりの勢いがついた酵母液が採れるはずだ。そのときはまたパンを一度にたくさん焼いて冷凍したい。

 なぜ毎回「お茶の葉」かというと、余っているのである。大量だ。高齢者がいる家(住んでいないが住民票はここにある)には敬老の品といって日本茶がやってきたり、わが家が趣味にしている新春の食品福袋では、一部の店で日本茶を入れてくる。普段はごくたまにしか飲まないので、余る。紅茶ならば夏にアイスティーをするが、冷蔵して飲むのはどちらかといえば麦茶で、やはりここでも出番は少ない。

 もうひとつの理由は、果物などを水につけたとき、小さな泡がはじまって、全体が発酵してくるまでのあだ、お茶の葉のように小さくて軽いものは、先に浮いてくるので発酵確認の目安になる。茶が浮いてくるころ、数時間から半日くらい遅れて果物も浮いてくるので、予定が立てやすい。

 さて、数日後にはパン祭りである。前回の写真も公開していないが、いつかどこかにまとめてパン祭り写真でも載せてみたい。

新緑の季節

 気温が低い日がまだあるせいか、感覚としては春というよりも冬の延長線上といった気分になることもしばしばある。

 だが今日、夕方5時に近所を歩いていて、すがすがしい夕暮れと、雨の翌日で澄んだ空気のなか燃えるような新緑に、目を奪われた。住宅街のスーパーには店の内部の深くにまで、日差しが通っていた。瞬時の外出とはいえこうして味わうことができた美しい時間に、誰にというわけではないが、感謝したくなる。

 この半月ほど、パソコンでの作業とNetflixを見るあいまに散歩をしている程度で、徒歩以外での外出はほとんどしていない。桜の季節はなんとか近所で楽しめたが、もう少しだけでも気楽に季節を味わえたらよいのだが。

 そういえば、施設にはいっている義母分のワクチン案内(クーポン)は、区が発送を開始した日の翌日に届いた。だが接種はけっこう先だろうと施設の人が言っていたため、まだ持っていっていない。
 施設にはいっている高齢者でもそういった話であれば、わたしたちは普通の中高年なので、順番としては最後のほうだろう。真夏あたりかもしれない。

山口県で、民家に謎の「ぷにゅっと」する物体

 見つけたのが遅い時間だったので、動画の音は聞かずに文字だけ見たが、山口県の民家に1時間くらいのあいだで100個以上の「ビー玉のようで弾力があって中味はゼリー状」の何かが見つかったのだそうだ。無臭とのこと。

 紹介記事はこちら → 朝日新聞 2021.04.17 透明に光る謎の球体、100個超 民家の敷地から発見

 直径は1.5cmほどらしい。

 なんだろう。ちょっと興味がある。

贋作版画の件

 何週間か前から、デパートの公式サイトを見ると、目立つところに「贋作版画の問題に関する対応」といった表現が見られることがあり、いったいなんの話だろうと思っていた。

 大阪の「かとう美術」という会社が、不正な手段で版画を販売していたようだ。

 2021.04.16 asahi.com 偽版画が流通した問題で告発状 美術商団体の調査委

 不正な手段と書いたが、つまり、権利を持つ人の許可を得ていない作品ではあるが、正規の仕事を受け持った経験のある腕のよい職人に頼んだので、真贋の見分けがつきにくい出来ということだそうだ。発覚のきっかけは、目利きの人が違和感を覚え、高名な作家3氏の作品の流通枚数が不自然に多いと疑問を持ったことだったという。 →
デイリー新潮 2021.02.12 大手百貨店が“贋作”美術品を販売 制作者「画商でも99%は本物と間違える」

 それにしても、版画というのは、これほど高いものだったのか。
 まったく知らない世界で、驚いてしまった。