イトーヨーカドー食品館のセルフレジに思う

 最近あちこちのスーパーでセルフレジが増えてきたのだが、昨日のイトーヨーカドー食品館(中野)で、たまたま感じたこと。

 セルフレジに行列ができていた。5人くらい待っていただろうか。だがわたしたちはセルフレジのほうが気を使わなくていいので、どちらの列が長いかなど確認せず、最初からセルフレジに並んでいた。

 そのときふと「このセルフレジって、nanaco残高が足らない場合はチャージできるのか」と、わたしは疑問を口にしてみた。連れは「できるんじゃない?」と言う。そのまま待っていたところ、連れがふたたび「あっ」という。どこかにチャージができないという表示を見たのだそうだ。わたしは列のすぐ脇にあったチャージ機を見た。それはセルフレジができる前から存在していたもので、場所はよく見えるが、並んでいる列からはいったん出なければならない。「わたしが列に残るので、チャージしてくれば」と、カゴをわたしが代わりに持って並んだ。

 その瞬間、わたしたちの前に仲良く並んでいた若いカップルが、あわてだした。どうも支払時にnanacoをチャージするつもりでいたようだが、わたしたちの会話が聞こえたらしい。「どうしよう」とか「人のいるレジに行かなくちゃ」といった声が聞こえたあと、実際に列から出てしまった。

 中野店がセルフレジを入れたのは最近だと思うのだが、なぜチャージができるセルフレジにしなかったのか不思議でたまらない。以前からあるnanacoチャージ機の出番がなくなってしまうということなのか。だいたい有人レジで口頭で頼んでチャージしてもらう人と、セルフレジでチャージできるならその場でチャージする人とがいれば、あいだの空間にチャージ機だけ残しておく必要もなくなると思うのだが…。

 さらに、中野店のセルフレジは、押すボタンが多すぎた。あれは訳がわからない人や気の短い人は怒ってしまうかもしれない。最初が「イトーヨーカドーアプリはお持ちですか」で、Yes/Noを選ばせる。次いでセブンアプリ(?)がどうのとか、また質問が出て、支払までに3ステップくらいあった気がする。
 他社のセルフレジならば「現金ですか、カードですか」を選ばせたあとで「ポイントを使いますか」が出る程度だろうと思う。

 イトーヨーカドーさん、アプリがどうのよりも、客のストレスを減らす方向で、よろしくお願いします。

やはり「見た目」は大事か…

 珍しく地上波のテレビをザッピングしていたら、ある有名な女優さんのドラマが終わるところだった。この人ずいぶん雰囲気変わったなぁと、なんとなく顔を見ていたら、あることに気づいた。目立つほくろが、消えている。適切ではないかもしれないが率直な感想として「画面にフィルタをかけたかのように、肌がきれい」なのだ。

 ネットで検索してみると、やはり気にしている人はいたのか、2013年〜14年にかけて目立たなくなり、2015年には完全に見えなくなったとまで書いている人がいた。う〜む。。。

 さすがに女優さんともなると、見た目については視聴者や観客からの何気ないコメントのほか、ご本人や関係者もあれこれ考えてしまうところが、あるのかもしれない。

 人は見た目ではないはずだとか、顔に手を加えるべきではないとか、いろいろと(一般的な場面で)もっともな意見はあるだろうが、やはり女優さんのような職業では、いろいろ悩みも尽きないのだろう。

iPhoneでサイズを測る

 先日ちょっと苦労をした。いつもおいていると思っていた場所に物差しがなく、バウムクーヘンのセンチメートルをメモしようと思ったらできなかったのだ。iPhoneに物差しアプリみたいなものを入れておけばよかったと(すでにインストールされていると気づかず)思いつつ、仕方がないので手近な紙をバウムの横にあてて折り目をつけ、あとからその紙のサイズを測った。

 あとで調べてみたところ、わざわざ新規にインストールしなくとも、すでにはいっているアプリ「計測」というもので、サイズが測れるらしい。まずはiPhoneでその物体の周辺を含めてアプリの画面に映し、少し動かしていると、準備ができた段階で丸い模様が出る。それが出たら始点をまずクリックし、つづいて終点をクリック。それでサイズが出るらしい。

 詳しくは → (apple公式サイト内) iPhone や iPad で計測 App を使う

 さっそく手近な重箱を計測してみたが、けっこう合っているようだ。次はバウムでまたやってみようと思う。

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 当ブログでは、数年前まで新宿のデパ地下で福袋を買っていたため、年末年始になるとアクセス数が跳ね上がって何事かと思ってしまう。だがこのところ近所(高円寺、阿佐ヶ谷、西武新宿線界隈)を散歩がてら「そのときたまたま買えるものだけ買う」方針に変更しつつあり、今日も2店舗ほど福袋を買ってみた( → mikimarche.sblo.jp (福袋や催事購入) )。明日からも多少は買うし、通販で届く予定のものもあるので、ご関心のある方はリンク先にお越しいただければと思う。

 12月下旬まで、あれこれ忙しく「おやつも食べているのに体重があまり増えない、いや、むしろ減り気味か?」などと愚かな期待をいだいたが、この二日くらいで、それはただの勘違いだとわかった。人間はたった二日でどうにでも変わってしまうらしい(苦笑)。年明けは、少し気をつけねばなるまい。

 バウムクーヘンの話題、福袋などは、当ブログの隅に貼ってある別ブログへの案内をクリックし、移動していただければありがたい。

もうすぐ2019年

 10年以上つづけたこのmikimarulogだが、バウムクーヘンの話題をせっせと書いていた数年前にくらべてしまえばお客様が減ったことは否めないものの、毎日どなたかはアクセスしてくださっているようで、ありがたいかぎり。

 同じレンタルサーバ(ロリポップ)の内部でそれ以前に数年ほど書いていたが、この場所でWordPressで書くようになってから、11年目だ。2008年の9月ころに開始したようだ。

 バウムクーヘンについては1月に(このブログでは)扱いを減らすと宣言したものの、専用サイトとツイッターでは活動を継続しているし、お付き合いくださるバウム友のみなさんにも支えられている。
 また、リニューアルした別サイトmikimarche.comでは、お菓子屋さん支援サイトを本稼働させようと、現在あれこれと奮闘中。ウェブデザインや専門的なプログラミングまでは困難としても、わたしには20年以上もネットに入り浸ってきた無駄知識と、あちこちの菓子屋にインターネットで情報提供をしてもらいたいという消費者目線の熱意と、そしてローカライズ(日英、英日)のノウハウがある。すぐにご縁ができるわけもないだろうが、やがてはどこかのお菓子屋さんを助けたい。

 2019年も、よろしくお願いいたします。

近江屋洋菓子店さんがオリジナルの切手を出すらしい

 何気なく近江屋洋菓子店さんのホームページを見ていたところ、12月27日付けの記事に、来年2月に苺サンドショートのオリジナル切手を発売するらしいと書いてあった。ちょっと楽しみかもしれない。

 こちらのページ、昔ながらのHTMLで書いているようで、記事のひとつひとつが独立していない。そのため代表のページでリンクを張るしかないのだが、日付がけっこう過ぎた場合には、画面を延々とスクロールしていく必要がある。今日のところはまだ、すぐ見つけられるはず。

昨日の新宿伊勢丹にて

 駆け足で伊勢丹に出かけたのだが(理由は催事会場で大好きな石川県の餅を購入するため)、地下の食品売り場でびっくり。なぜか北欧菓子のフィーカで行列ができている。最後尾はこちらといった立て看板で区切られつつ、立つ場所を変えて合計3列分くらいの長さになっていた。

 フィーカに人気がないとは言わないが、なぜ行列ができるのかと、驚いた。見た目がよい菓子(コロンとした丸いフォルムのジャムクッキーなど)があるのは事実で、帰省土産にはよいかと思うが、いままで何年も伊勢丹の食品売り場を歩いていて、フィーカにこれほど行列ができている現場を見たのは初めてだ。いま何かすごい商品でもあるのかと、列に並んでいる人たちが手渡されたメニューのプレートをちらりと覗きこんだが、やはりクッキーなど焼き菓子の詰め合わせである。不思議だ。年末だけのセット内容か、あるいはパッケージが年末向きといった事情があったのだろうか。

 それにしても今回こうして検索してみるまでまるで知らなかったのだが、フィーカの中身(製造元)は、ロイスダール(メトロ製菓)だそうである。あちこちのデパ地下に売り場があるが、たしか本店は中野区の新井薬師前駅や、哲学堂公園に近い場所にある。一度くらいは散歩がてら入店したかもしれないが、よく覚えていない。

年末のATM混雑と、かさ地蔵

 子供のころ、かさ地蔵の話がよくわからなかった。かさ地蔵だけでなく、おじいさんが「年を越すために商いに出かけて何も売れないまま帰ってきた、さあどうやって年を越そう」の系統すべてである。

 ものが売れないと年が越せないとは、何事か。子供心にわからなかった。商いをしてそのお金で「年を越すための何か」を買うのだろうと思った。だが昔話に出るような「年を越すための何か」とは、どんなものなのか。考えても考えても、米とか餅しか思い浮かばなかった。だが米や餅がなければ、飢えない程度に普段食べている何かを食べて、どうにか数日を耐え忍べばまた平日がやってくるのではと、数十年前の子供時代にわたしは考えたわけだ。

 正月という新しいことがはじまるときに、不安に駆られることなくのんびり過ごしたいという思い、それが「無事に年を越したい」なのだろうが、なかなかその思いを理解するまでに年数がかかってしまった。

 さて、昨日の午後に銀行ATMがどこも長い列になっているのを見て、ひさびさにかさ地蔵を思った。「これだけキャッシュレス化が進んでいても、やはり人は現金がないと不安なのだ」と、実感。
 わたしなどはスーパーはクレジットカード払いだし、コンビニもセブンイレブンならnanaco(ただしチャージをしていない場合にはチャージ用の現金は使う)で支払う。現金を使うのは1000円以下の買い物、たとえばパン屋やドラッグストアであるが、それらは毎日寄るわけではないので、おそらくわたしは週に数千円しか現金を使っていないはずだ。それ以外は引き落としである。
 単純計算では、この年末年始にキャッシュは1万円もあれば足りることになる。だがああしてATMに並んでいる人たちを見ると「もし大停電やシステム障害でレジが使えなくなったら、店で何かを買うときはキャッシュだよな」と、不安になる。そもそも、何かあった場合に店で買い物をするまでもなく、心配性のわたしは普段から食料品や生活用品を買い置きしてるというのに、それでもつられそうになる。

 財布を見たら2万5千円以上あった。昨日も今日も、隣を歩いていた連れに言った——「おろさなくていいよね」。そして、こちらが言い終わらないうちに鼻で笑われた。

 今年も、無事に年を越せそうだ。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、なぜ人気なのか

 見にいくかどうかで、家族と何度か言い争いに近い状態になった。映画に出かけるときは一緒と考えてくれているのはありがたいが、この作品はかなり「びみょー」で、正直なところ、何度か別行動を提案した。
 いったん別行動ということで話はまとまったのだが、義母の事情で今月前半の予定が崩れ、さまざまな用事の日付を調整するうちに、それがかなわなくなった。そして話は元にもどった。
 わたしの希望する別の映画にするか、わたしが折れてボヘミアン・ラプソディを見るかだ。今後ずっとこの映画の話が出るたびに、この件(険悪になりかけたこと)が思い出され、しこりになるのならばと、ついにわたしが覚悟を決めて、音響が評判という立川の映画館まで同行したのが今日の午後だ。

 ——やはり、微妙というか、映画としては普通の出来である。音楽を懐かしむ、あるいはメンバーの面影を持つ役者のみなさんを見られるという意味で、当時を知る人たちに音楽映画として人気が出ることは想像できるが、それ以外の人々が何に引かれてこの映画に出かけるのかが、よくわからない。

 正直なところ、話が多少は美化されているのであろうに、主人公の性格も生き様も、感情移入できる人が多いとは思えないほど、めちゃくちゃである。成功をつかんで、家族同然のメンバーたちもいて、それでもひとりひとりが孤独をかかえている中で、自分(主人公)はとくにそれを埋められずにきたというメッセージ性を持たせたいのだろうと思う。だがその孤独がよく伝わってこない。自分から愛情に背を向けて内側にこもってしまうような、不器用な人間であるがゆえの孤独だと描きたかったのかもしれないが、外側の部分(傲慢さ)ばかりが表面に出て、なにやら薄っぺらい。

 なぜこれが(当時のファン層はともかくとして)人気作品となっているのか、気になっている。

携帯用メールアドレスへの過信はなぜなのか

 Facebookではお友達のみなさんに愚痴を聞いてもらったが、ゆうちょ銀のパスワード変更の件で泣きたくなった。自分のうっかりミスとはいえ、パスワードがブラウザ上で上書きされて、わからなくなってしまったのだ。しかも携帯電話のアドレスを登録していなかった場合はウェブ上で新規に設定し直しができず、「書類をプリンタで印刷して郵送で尋ねるしかない」のだという(涙)。

 ざっと説明すると、こうだ。わたしは先日ゆうちょダイレクトに申しこむ際に、ログイン用パスワードをブラウザおすすめの強力パスワード自動生成にしておいた。あまりこういうことはやらないのだが、なんとなくそうしてみた。
 今日になって、ゆうちょダイレクトの制限解除番号というものが郵送で届き、それを90日以内に登録するとすべてのメニューが使えるようになるという。すでに現状のままでも残高照会がしたかっただけなので目的は果たせており、不都合はなかったのだが、せっかく到着した番号を90日を超えて放置したらどうなるかというのも考えたくなかったので、その番号を入れるためにログインした。
 すると、制限解除番号を入れて順調にメニューを進んでいった最後に「ダイレクト用暗証番号」を作成してくださいと出た。
 それを作成したとき、ブラウザがそれを新しいパスワードと認識して上書きしますかと表示を出してきた。わたしは「あれ、最初にログインしたときのパスワードがこれに変更になったということなのか、パスワードの代わりにダイレクト用暗証番号を作ったということなのか? んん?」と…ぼーっとした頭で、OKを選択してしまった。

 もう、これでログインできなくなった。何せ自分が普段使っているようなパスワードのアレンジとはまったく異なる自動生成の文字列だ。モバイル用の残高照会アプリをインストールするときに1回入力したし、今回もログイン時に目視しながら手で打ったが、その2回で覚えられるほど単純な文字列ではなかった。
 もしかすると、わたしはゆうちょ銀からログアウトする直前にそれに気づいた可能性がある。だがそのメニュー上にまだとどまっていた段階であっても、普通ならパスワード変更には旧パスワードを自分で入力するようになっているはずで、もし気づいていてもそれはできなかった。さらに具合の悪いことに、携帯電話のメルアドを登録していない人はオンラインでパスワード再申請ができないと気づいたのは、いったんログアウトしてしまったあとだった。それだけでもわかっていたら、オンラインで今日のうちにパスワード変更ができたというのに、あとの祭りだ。自宅のプリンタで先方のサイトから用紙を印刷し、パスワード再申請の郵送をしてきた。

 それにしても、みずほ銀もそうなのだが、なぜパソコンのメールアドレスではだめなのか。システム開発者は、携帯電話のアドレスを過信していないだろうか。携帯電話なら本人が必ず使うものだという認識かもしれないが、パスワードをかけている人ばかりでもあるまいし、どこにでも持ち歩いている人ばかりでもない。
 わたしはパソコンでもどの端末でも、自分の必要とするメールアドレスが使えるように設定しているし、携帯電話会社提供のメールアドレスは、携帯電話利用者でたまにパソコンからのメールを受けない設定にしている人にSMSを送るか、みずほバンキングの通知を受信するためだけに使っている。正直、それだけである。

 iPhoneに入れていたゆうちょの残高照会アプリは、今回のログインパスワード紛失とは関係なく見ることができるので、ためしにそこのメニューからAndroid端末に使っているY!mobileのメルアドにアドレス変更してみた。
 どうやら、携帯メルアドを登録する端末に残高照会アプリがはいっている必要があるらしいので、Androidに送られてきたメールをiPhoneに転送してそこからクリックすることで、アドレス変更ができた。だがこれも、ちょっと曲者だ。SIMフリー端末でいわゆる「携帯っぽいメルアド」を持っていないスマホ利用者は、どうなるのだろう。
 わたしがもしAndroidでワイモバのメルアドを持っていなかったら、話はまた違ったと思う。

 今回の件で、ゆうちょ銀のシステムから透けて見えるのは、世の中のほとんどの事例で(1)パソコンは複数で使っている可能性があるため危険という思いがあり、(2)パソコン用のメルアドは携帯では使えないだろうから携帯のほうが確実という思いこみがあり、(3)携帯は大手通信会社のものを使っている人ばかりで、アドレスで識別すれば携帯であるとわかって便利(SIMフリーの存在は想定外)…ということなのだろう。

 また、わたしはプリンタをたまたま持っていたのでパスワード再申請の紙と、切りとって封筒に使うための型紙のような用紙をダウンロードできたが、パソコンを持っている人ならみんながプリンタを持っているというわけでもないと思う。

 申請後、おそらくパスワードは紙で送られてくるらしい。それもなにやら、時代錯誤な気がする。いいのかそれで。

 自分のうっかりミスとはいえ、まさかこんなに不便で堅苦しいことを実感させられる羽目になるとは、思ってもみなかった。