一瞬の気の緩みで、1時間15分

 今日、ある作業をしていた。初めてダウンロードしたが便利だとはわかっていたBBEditというエディタを使っていた。
 これは以前に便利に使っていたTextWranglerというエディタと同じ作者さんが作っているもので、TextWranglerはもうMacOSのCatalinaには対応していないため、操作性の似ているであろうソフトにまた助けてもらおうと、ダウンロードしていたものだった。

 やろうとしていた作業は、2800くらいファイルのあるフォルダで、該当する文字列が見つかったファイルの内容を書き換えて、保存するというもの。ところがわたしの手違いで、ファイルをひとつひとつ置換したあとに自動で保存して終了するところまでが進まず、BBEditは2000以上ものファイルをオープンしたまま「これどうしましょ」と、待機してしまった。ファイルがそれだけ立ち上がっていては、かなりメモリも食ってしまう。

 置換をやりなおし、そのあとも類似作業をして、だいぶはかどった。

 気が緩んだのか、そこでわたしは「いったん閉じるか」と、BBEditを終了してしまった。これが運の尽き。オープンしていたファイルが2000以上あったのに、そのまま終了をしたものだから、その後に作業を再開しようと思った際に、「さっきのファイルを2000個オープンですね、承知しました」とばかりに、BBEditはありったけのメモリを費やしてファイルを開けはじめた。

 あまりにメモリを食うので、ほかの作業もできない。
 だが2000個以上のファイルを開けるのに、いったいどれくらいかかるのか想像もできない。

 夕食のあいまにパソコンを覗き、片づけものをしながらパソコンを覗き、けっきょく1時間15分ほどかかって、ファイルが2000個ほどオープンし、BBEditが「開きましたーっ」と、静かになった。それまで音を立てていたハードディスクも、静かになった。

 どっと疲れた。

 わたしがすぐさまやったことは、設定画面から「開始時に前回のファイルを開く」のチェックをはずし、開いている2000個のファイルをぜんぶ一度に閉じたこと(コマンド+オプション+シフト+W)。

 次からはぜひ、新しいソフトを使いはじめる前に、「前回のファイルを開く」の設定をオフにすることを、わたしは忘れない。

ロリポップのプランをアップデート(無料)

 数日前から、ロリポップの会員メニューの上のほうに、無料でアップデートして高速化しようといった案内が出ていて、なんだろうと思っていたところ、先に実行していた家族によるととくに不都合はなさそうだったので、わたしもポチッと押してみた。

 5分くらいで終了しただろうか。このブログやmikimarche.comの動きが速くなったようである。

 いちおう、スタンダードプランで、こういった変化があったようだ。
(ロリポからのコピペ)
=====
ディスク容量: 120GB → 150GB
ストレージ: HDD → SSD
独自ドメイン: 100個 → 200個
MySQL(DB数): 30個 → 50個
CPUコア数: 約2.6倍に向上
CPU処理能力: 約2倍に向上
メモリ数: 最大12倍に向上
ディスク性能(SSD): 最大35倍に向上
=====

 白状してしまうと、ロリポップは18年くらい使っているというのに、まだディスク容量は1GBちょっとである。それが今回はさらに増えて、150GBもらえたということらしい。

 ロリポップは新規契約者にばかり取得ドメインが永年無料などとやっているので、実はちょっと「昔からのユーザーをなんだと思っているんだ、こちとら10年以上も会員やってるんだぞ」と思っていたが、そんなことはまったく考えていなかったかのように、ロリポップさんありがとうと、いまはひたすら笑顔を振りまいておく。



Googleの鼻歌検索で、衝撃

 iPhoneのほうはまだだと聞いているが、AndroidでGoogleの鼻歌検索ができるようになったようなので、やってみた。
 そのやり方は簡単で、Googleの検索窓でマイクのボタンを押すと、歌を検索したいのかと聞いてもらえるので、クリックするだけ。

 で、自慢ではないが、わたしは歌が下手である。
 これまで鼻歌で検索ができると聞いているアプリを入れたこともあったが、うまくいかなかった。

 だが今回の検索は、評判が高い。
 もしやわたしでも…!! 希望が膨らむ。おずおずと、周囲に家族がいない時間帯を見計らって、やってみた。きっと、だいじょうぶだ。きっと今度こそ〜。

 ところが、やはり衝撃が待ち受けていた。

 ねんのために、自分でカラオケで歌ったことがある有名曲、もちろん曲名もわかっているものを口ずさんでみたのだ。とうぜんのことGoogleは正解を言うはずだった。

 だが、Googleはこう表示した——「32%の確率で、○○(曲名)です」
 歌える曲のつもりでいたのに、32%かっ!?

 いったいどれだけ歌が下手なんだ、わたしは。

季節外れの気温

 午前は早くから通院だったので、朝の気温を考えて暖かい服装で出かけたものの、最高気温予測は24℃だった。11月なのに24℃。到着後は院内で上着を脱いで過ごしていたが、周囲の人々の何割かは、待合で冬のコートや上着を着たままであり、大丈夫なのかと心配してしまった。
 わたしはといえば、診察の順番がくるまでの45分ほどで、額にうっすら汗をかいたほどだ。

 診察と会計後、多少の買い物をしつつ昼前に帰宅。薄い服に着替えてもまだ暑い気温に、体調をくずしかけてしまった。もともと睡眠不足で出かけたため眠いところに、この気温。

 夕方に調剤薬局まで出かけるつもりだったが、明日に延期にして寝転んでいると、気温はますます上がる。室温系が壊れているのでないならば、夜の11時ころに室温が26℃で、オーマイゴッドである。

 明日まではこの気温だそうだが、そのあと下がるようだ。まったくもって、困る。

高円寺に、なんとブルーシールアイス

 昨日の夕方に気づいた。まだ公式サイトの店舗一覧にも載っていないので、おそらくつい最近できたのではと思われるが、高円寺駅すぐ(中通り商店街)に、ブルーシールアイスができていて、けっこう驚いた。あれは沖縄の店で、関東にはほとんどないのだと思っていた。それがいきなり高円寺である。

 北口を出て左側にマクドナルドが見える方向に進み、上島珈琲の次の次くらいで、場所としてはほとんど定食の赤城屋と隣接だったかと思う。

 ご関心のある方は、ぜひ。

 

忘れたころに、ミズノのマウスカバー

 夕方、スマホを見ていた家族が「えっ」だったか「げっ」だったか、とにかく短い言葉を発して硬直していた。何かと思ったら、初夏のころに申し込んだ記憶があるミズノのマウスカバーが、再抽選で当たったというメールで、あまりの時期のため、意味がよくのみこめなかったようだ。

 とりあえずあとで申し込むということになって一件落着だったのだが、わたしもその場で「ミズノのマスク」と検索したところ、別の人が(あまりにも時期が離れているので)ほんとうにミズノからのお知らせなのか嘘メールなのかと、メールをじっくり確認した話が見つかった。みなさんやはり、最初は驚きのあまり「げっ」なのかもしれない。

 わが家では、4月か5月くらいまで、家で大判ハンカチやバンダナにペーパータオルを入れて耳に引っかける簡易マスクにしていたのだが、夏には洗えるマスクが豊富に出まわるようになり、何種類か購入して順番に使ってきた。
 つい最近まで、そうした夏用を含むマスクを愛用していたが、このところ「けっこう傷んできたかも」、「生地がこの季節には薄すぎかも」などと、ときに不織布も使うように。この先どうしようかと考えていたタイミングだった。

 どんな生地なのかは到着してみるまでわからないが、ミズノのものが届いたら、まずは使ってみたい。

菓子屋に出かけたいものの…

 10月上旬に北千住と谷中にバウムの買い出しに出たが、そのあとはまた、時期を見て菓子を見にデパ地下等に出かけられるのだと思っていた。

 だがこのところ、世の中はふたたび感染増の話題になり、とくに北海道は寒さもあってか数を伸ばしている。そのうち寒さは南下してきて、いまでさえ心配な東京も、ふたたび感染が深刻になりかねない。

 周囲のみなさんのSNSへの投稿を見ていると、このひと月くらいのあいだに人の少なめな地方に日帰りで出かけたり、1泊旅行に出たりと、工夫されていたご様子。いっぽう、出不精のわたしは2月以降に数駅以上の外出をしたのが10月のその買い出しのみで、あとは荻窪や吉祥寺あたりに数回ほど買い物に出た。普段は家の近所と通販で済ませてきた。JR高円寺の駅前ですら、ほとんど出なくなった。

 見事に、家にこもっている。

 だが、タイミングを逃したような感覚、言い換えれば、出かけなくて損をしたというほどの気持ちでもないのが実際のところだ。もともとの暮らしがこんな感じなので、外出を控えめにしたことへのストレスは、人様よりは少なかったことだろう。

 なんとかこの大都市がこの冬を乗りきって、暖かい春をむかえられるように、いまは様子を見つつ祈るしかない。

プライバシーポリシーを用意したのだが

 昨日は半日くらいかけて書いたプライバシーポリシー(このブログの上部タブからリンクされている)を公開したが、1日経ってみて、IPアドレスのことを書いたほうがいいのかどうか、迷っている。

 ざっと見たかぎりでは、メールフォームなどのプラグインでは、IPをとっていないように思う。だが何かあった場合(たとえば悪質な迷惑行為)には、プロバイダのログにIPは残っているから調べることはできるし、メールフォーム以外のソフトやアプリでは、内部に記録されている場合もあるはずだ。自分が積極的に見ていないとはいっても、わたしはその情報にアクセスできる。

 何もことが起こらないならば見ないし、そのIPを調べることもない。だがいちおう記録はそこにある。
 だがやはり、ひと言だけでも、何か書いておくべきかどうか。

 もう少し考えてみよう。

===
翌日午後、やはり追記した。

スタートレックディスカバリーを英語字幕で

 Netflixのミスなのだろうと思うが、昨日配信されたスタートレックディスカバリーの最新話が、日本語字幕に対応していなかった。仕方ないので英語のまま英語字幕を選んで見たのだが、まぁ、たいへんである。話についていこうとして英語字幕をひたすら読んだため、画面全体になかなか集中できない。

 ときおりこの設定ミス(日本語字幕が選べない)はあるのだが、まさかこれほどの人気シリーズでやらかしてくれるとは、思わなかった。困っている人は多いのではないだろうか。

 こんなに集中力を使ったドラマ鑑賞はひさしぶりだ。「いつも日本語字幕で何気なく読んでいた胞子ドライブってspore driveだったんだ」やら、「さっきのはおもしろい台詞だったんだろうけれど、あーもう次の流れにはいっちゃたよ、そっち読まなきゃ」やら。

 来週分は、日本語字幕もぜひ提供してもらいたい。

新しい時代

 何時間かして見にいったら修正されていたので書き間違いだったのだろうが、本日夕方の、東京新聞のウェブ版のこと。

 宮内庁が、秋篠宮家の眞子さまと婚約内定の小室氏について(眞子さまからの文章を通じて)ふたりの気持ちを発表したというニュースだが、その括弧内がそっくり抜けていた。つまり宮内庁が、ふたりの気持ちを発表した、と。内容を読めば「私」という書き出しの多い個人的な内面もつづった文章で、とても読みやすいものだった。あれを読んだのならば、うっかりした書き出しにはならないはずなのにと、首をかしげた。

 だが、この件に関して東京新聞をかばうわけではないが、今回の発表はかなり新しい感覚であり、報道の現場にも混乱があったのかもしれないと思う。成人しているとはいえ未婚の皇族女性が、「私」という表現で文章を書き、それが宮内庁という役所をを通じて発表されるということは、あまり世間が想定していない展開ではないかと思われる。

 ご自分の考えをまっすぐな思いで文章にされ、それを発表された眞子さまを、応援したい。

 以前にも書いたかもしれないが、わたしは眞子さまと小室氏について、お気の毒に思っている。ご自分たちが理想と考える頃合いで交際を公にし、結婚を表明できていたら、現在までのようなさまざまな波風は立たなかった。
 だが運悪く、何らかのおめでたい話題がほしかった人たちにより騒がれてしまい、静かにしていることができなくなった。いったんはそれに押し流されるかのように婚約を内定——だがもう少し時間をかけたいと判断した。進むにも立ち止まるにもたいへんな決断だったはずだ。これからはご自分たちの考えで、お好きなタイミングで物事を進めていただけたらと思う。

 新しい時代を、騒ぐことなく、見守りたい。