Facebookページの投稿を複数の言語で作成

 Facebookページ「バウムの書」の投稿を、日本語と英語で書くことにした。日本語表示にしている人には日本語で、英語表示にしている人には英語で、それ以外の言語に設定している人には日本語で表示されるというものだ。
 正直なところ、日本語が読めるがFacebookの表示を英語にしている人には迷惑な話になるかもしれないが、英語圏の人に対してとっつきやすくなるならば、おもしろいのではないかと考えた。

 そういうメニューがあるのは数年前から知っていたが、使ってみようかと思ったのは今日が初めてだった。

 バウムクーヘンは日本のほかはドイツとその周辺国で知られている程度だが、ドイツ語の知識が使い物にならない初級者であるわたしは、日本語と英語でバウムクーヘンの話を書いても、あまり意味がないような気がしていた。だが食べ物の話は好きでも日本語がまったく読めない(2バイト文字を見ただけで反射的に回れ右したくなる)人たちもいるかもしれず、そういう人たちに少しでも興味を示してもらえるなら、やってみる価値はあると考えたのだ。

 導入にあたっては、ほかの人たちの記事を参考にしようとしたが、Facebookが最近になって仕様を変更しているようで、異なる部分もあった。今日現在の状況を以下にまとめておく。

 まずFacebookページの右上にある「設定」で、最初に出てくる画面にある以下の部分(強調の色を付けてある場所)を、編集。
 
Facebookページに複数の言語で投稿1
 

 投稿を押してみて、強調の色が付いた部分(ビジネスの文字)が現れない場合は、設定を何度か外したり入れたり、あるいは1〜2時間ほど待ってみたりすると、以下のようなメニューが出てくる。出てきた場合には、ビジネスをクリック。
(翌日追記: わたしの場合は、その後この「ビジネス」へのリンクが出なくなったので、最初に見かけたときのURLを記憶していた通りにアクセスし、いまはブックマークしている)
 
Facebookページに複数の言語で投稿2

 リンク先に移動して、その画面から「投稿」を押すと、複数の言語が同時に投稿できるようになる。
Facebookページに複数の言語で投稿3
 
 コツとしては、画面上で日本語を考えながら書くのではなく、あらかじめ文章をどこかに書いておいて、一度に貼りつけたほうがよいと思われる。なぜかというと、Facebookが下の欄に翻訳を表示しようとスタンバイしているので、何かを入れるたびに下の欄を処理しようとするらしく、動作が不安定になる場合がある。

 あらかじめ書いておいた日本語を貼りつければ、選んでおいた言語(この場合は英語)として、Facebookがすぐさま翻訳するので、それを消して自分の用意しておいた英語を貼りつける。まだまだ自動翻訳をそのまま使えると思わないほうが無難であり、自分で書いておいた英語を貼りつけるに越したことはない。

 そして、念のためプレビューのボタンで確認してから、投稿。
 ちょっとした編集は、オリジナルの言語も2番目以降の言語も、パソコンからならばおこなえる。管理している人物のIDでログインさえしていれば、投稿時間の下に言語のメニューが表示されるので、やり直しが利く。言語の追加もできる。
 ただし、iPhoneなどでは、言語のメニューは見当たらなかった。この昨日はパソコン限定かもしれない。わたしはMac OSのSafariで作業した。

 管理者ではない一般の人が見ると(家族のブラウザで確認済み)、言語のメニューはいっさい出ないので、日本語が読めるのにメニューで英語を使っている人には、わたしがなぜ英語で書きはじめたのか疑問もしくは不便に思うこともあるかもしれない。ご自身の設定言語を変えない限り、日本語のオリジナル文章を読むことは、おそらくできないのではないかと思われるため、海外在住の日本語話者さんにはご不便をおかけする。

 ひとまず、英語と日本語の2本立てで、書いてみようと思う。

長崎市の私道封鎖問題

 ご高齢の住人も多いであろうに、どうしてこんな風に話がこじれてしまったのだろう。もう封鎖から1か月くらいになるそうだ。

 西日本新聞 2019.10.04 業者が私道封鎖、通行料要求 住民側は差し止め申請 長崎市の住宅団地

 いくつかの記事を読んだかぎりでは…
○ 複数の私道(まとめると700mくらいある)は、50年ほど前から100軒程度の家が利用してきた。それらの多くは持ち家であり、ご高齢の方がお住まいなので車の利用は必須。
○ 私道の持ち主が代わり、最近になって管理をするようになった不動産会社が、最初は市に道を寄贈して使ってもらおうかと考えた。
○ どうも市は、その道の状態では市の道としては受けとれないので、基準に合うように改修してから寄贈してほしいと言ったらしい(←マジかっ ^^;?)
○ 管理会社、ムッとしてしまった模様
○ 住民たちに料金負担をしてもらおうとするが、住民たちも寝耳に水で、折り合いが付かず
○ 管理会社、私道を封鎖(住民たちは家の近くまでタクシーを呼ぶことや自宅の車が使えなくなり、私道の外まで徒歩で移動しているらしい)
○ 市が、補助金の制度を使って道を補修し、それから寄贈してはどうかと提案(←マジかっ ^^;?)
○ 業者、やはりへそを曲げたまま…

…これ、市がもうちょっと柔軟に対応すべきだろう。杓子定規な対応ばかりしていないで、住民たちのことを第一に考えるべきだ。問題の解決に頭をかかえるのは、その後でいい。

 住民のみなさんがお気の毒である。

首里城の焼失が悲しい

 450年の長きにわたり存続していた国家(琉球王国)が明治政府のもとに日本へ併合され、どれだけ残念で悔しい思いが、当時の琉球の人びとの胸にあったことだろうと思う。その後、第二次大戦では日本という国の南端として戦場となり、文字通りの焼け野原になった。人びとの思いのよりどころであり、かつての王国の象徴でもあった首里城も焼失した。

 そして沖縄は、27年ものあいだアメリカに占領されていた。そのころの現地は、日本ではなくて、もちろん琉球でもなくて、アメリカだった。

 沖縄が日本にもどってきたのは、1972年である。沖縄の人びとの思いのよりどころはどこだろうか。気持ちの上でのふるさと、帰属意識としての「国」がどこなのかは、生まれ育った年代によってさまざまに異なっているかもしれない。明治初期の人がまだもし生きていたならば、日本という国を必ずしもよく思っていなかった可能性もある。

 琉球王国であった土地が、人が、日本に入れられて、いいことがあったんだろうか。
 戦後70年以上経過しても、日本政府は基地問題で沖縄に負担を強いたままだ。県民投票の結果も無視して辺野古の工事をつづける政府には腹が立つばかりだ。沖縄の人は、何かいいことがあったんだろうかと、何度も感じてきた。

 少しずつ再建計画が進み、丁寧な調査と研究にもとづいて復元の工事がなされ、90年代に帰ってきた首里城。サミットでは各国首脳がつどい、記念の2000円札にもその姿が描かれた。ようやく沖縄にも明るい話題がでてきたと、当時は考えた。

 それが、2019年になって、まさかの焼失。

 沖縄のみなさんは、どれほど、気落ちしていることだろう。言葉では言い表せないほど、つらい思いをされているに違いない。

 また、建てねばならない。なんとしても。首里城はただの建造物ではなくて、人の心のよりどころなのだ。これをないがしろにすることはできない。軽んじることはできない。

iPhoneの音声入力で、カスタマイズ

 わたしはつねに「私」ではなく「わたし」を使う。だからiPhoneの音声入力で、自分の発音した「わたし」を勝手に「私」にされたあげくに範囲指定して変換し直しする候補に「わたくし」しか出してもらえないというのは、iPhoneからのちょっとした仕打ちである。その部分をすべて手で打ち直しになって、非常に困る。

 状況によっては、音声入力における「わたし」の出現回数は半端ない。そのたびに、手で打ち直す。範囲指定しても変換候補が「わたくし」だけとは、勝手に漢字に変換しておいて失礼ではないか…と、騒いでみても仕方ない。今日はさすがに対策をすることにした。

 目的は、音声入力で「わたし」が「私」にされてしまったあと、カーソルを当てて再変換する候補に「わたし」が出ることである。本当は最初から漢字に変換しないでほしいのだが、それはおそらく無理かもしれない。日本語話者の大多数が、わたしとは違って漢字の私を使っている。だからわたしは目標をひとつ下げて「再変換の候補に平仮名が出るようにする」と決め、辞書登録を試みた。

iPhoneの音声入力で、辞書を鍛える

 辞書登録の方法。
 iPhoneで「メモ」などの文章作成アプリを立ち上げ、音声入力をする。「わたし」が「私」に変換されるので、そこにカーソルを当てて範囲指定し、メニューから「ユーザ辞書」を選んで、「私」の読みを「わたし」に登録。
 その後、音声入力で「わたし」と言っては「私」にされる状態をくり返しつつ、カーソルを当てて再変換を試みることを重ねるうち、何度目かに、ひらがなの「わたし」が候補に出てくるようになる。1回や2回やっただけではなかなか出てこないが、急いでいれば本体をリセットするのもいいだろうし、急いでいなければときどきこの作業をくり返すことで、iPhoneが平仮名に馴染んでくるようだ。ようやく「私」の出てくるところで「わたし」と変換候補を出してくれるようになった。

 これからも、他の文字で気になるものは、根気よく辞書登録していくことにしよう。

 ちなみに、読み上げのときに音声が読みを間違える(または専門的には別の読み方がある)ような場合には、この方法を使うのではなく、設定の「アクセシビリティ」の中にある「読み上げコンテンツ」から「読みかた」を選んで辞書登録をするとよいかもしれない。
 今回の問題については、おそらく上記のユーザ辞書のほうのみで対応できると思われる。

最近の「御の字」とは

 文化庁の国語に関する世論調査(2018年度)によれば、最近の人は「御の字」を、ありがたいときではなく「いちおう、納得できる」という意味に使っているそうである。どこでそうなったのか、わからない。想像もできない。ネットで検索すればわかるだろうか。

 天地神明に誓って(正しい)よりも、誤用の「天地天命」のほうが多いようである。
 さらに「砂をかむ」は、味気ないのではなくて「悔しい」のだそうだ…なぜだろう。

 2016年に自分で書いていた記事「母語での油断」によれば、噴飯物が腹立たしい意味と解されたり、氷山の一角をほんの少しの意味として使う例も。こういうものは、気づいたらすぐどこかにメモしておくと、将来的に何かの参考になるかもしれない。

 ちなみにわたし自身が去年のいまくらいの時期にメモしておいたものが、自分の誤変換「以下の通り誤請求申し上げます」…もちろん、ご請求(または御請求)である。誤って請求しては話にならない。提出する前に気づいてよかった。

iOS13 / iPadOS の「これだけは勘弁して」バグ

 この話は、まだ書いていなかったと思う。びっくりしすぎて、笑いが出た。どこかには書いたと思うが、ここには書いていなかったはずだ。
 9月中旬にiPhoneを6sからXrに変更してから、しばらくしてiOS13へのアップデートの通知が来た。心配していたのはFFBEなどのゲーム類だったが、周囲を見ていても問題ないらしいと知り、アップデートした。

 ところが、音声で画面の文字やKindleなどの書籍を読み上げる機能に信じられない不具合があった。これはiOS13と同時期に発表されたiPadOSでも同じらしい。

 どうひどいかというと、読み上げてほしい文章が何語であろうと日本語の音声が日本語風に読むのである。たとえば I’m living in Tokyo, Japan. I am a freelance translator… という文章があったとする。これまでのOSでは、内容に合わせて音声を切り替えることが容易だった。だがiOS13では、何語の文章だろうと「アイアムリビングイントウキョウ…」と読むのである。

 これは英語だけの話ではない。フランス語だろうと中国語だろうと、みんなそれをやられてしまう。学生さんはリスニングの勉強にもならないし、ニュースをその言語で読み上げてほしい人にも、このカタカナである。聞くに堪えない。

 仕方ないので、どうしてもその言語で読み上げてもらいたいときは、OSの設定ごとその言語にして、用が終わったら日本語に戻すという人もいるようだ。

 わたしには幸いなことにMac OSのKindleや、古いiPad mini、そしてAmazonのKindleを読むために買ったFire 7がある。それらを使えば目的の言語のままに読んでくれるので、iOS13を読み上げに使わないようにすることができるが、たまには使いたい。

 こんな不便な状態は、さっさと直してほしい。Appleさんよろしく。

ネットでの連絡手段

 SNSなどのツールの影響で、メールだけで連絡を取り合う相手は、さすがに減ってきた。ほとんどはFacebookメッセンジャーで、ときおりTwitterのダイレクトメッセージだ。
 ただ田舎の家族とケータイのショートメッセージでやりとりすることはある。普通のメールはあまり読まないらしいので仕方なく月に1〜2回そうしているが、送信に1回3円かかっていることにやっと最近になって気づいた。添付画像があるときには家族共有のパソコン用メールアドレスに送ってくれと言われているが、家族の誰が見るかわからないアドレスで近況を尋ねるよりは、1回3円でもすぐに用件が伝わった方がいいだろうと、SMSにしている。

 人それぞれに好きなツールというものがあるはずだ。仮に10人ちょっとが参加するイベントでも、ひとりひとりに個別に連絡をとるのは根気がいるが、全員共通で「これこれのツールを必ず使って」と強制はできないから、多少は譲り合いが必要と思う。たとえばわたしはLINEを使っていないし、人によってはFacebookが大嫌いという人もいるだろう。それぞれの使いやすい場所、逆に使いたくないものをそれとなく確認し合いながら、ストレスのない方法を選んでいくことで人と楽しく集まれるならば、それに越したことはない。

 最近わたしは、バウムクーヘンのイベントでは参加希望者向けに臨時掲示板(入室パスワード付き)を作成することにしている。そこにわたしや一部の参加者が相談しながら書いていく話の流れをを参加者に読んでもらい、ときどき個別に「読んでくれていますか」と確認をとる方法でイベントを開催する。けっこう神経を使うので大人数をとりまとめることはできないが、遠回りに見えてもこれでいいよいのかなという気がしている。

 世の中には、お子さんの学校の関係ではLINEで、どの集まりではハングアウトで、といった具合に、専用ツールの使用をなかば強制されるといった話もあるらしい。あるいは職場やいろいろな都合により、SNSへの参加が求められている人もいるだろう。個人として気楽に参加できる人ばかりとはかぎらず、息苦しい場所になってしまっているかもしれない。

 古い知人らについてはもちろんだが、これから知り合う人とも、おたがいにストレスを感じない連絡手段を探したいと思っている。

The Missing (ザ・ミッシング 消えた少年)

 The Missing(ザ・ミッシング)というドラマがあり、たいへん評判だと聞いたので、いつか見てみたいと思っていたところ、Amazonプライムビデオにあることがわかった。

 2014年の8話は舞台がフランスで、旅行中に幼い息子を(誘拐または事故で)失ってしまい、その消息がわからないまま数年以上が経過したイギリス人夫婦のその後と、再開されることになった捜査を描いたもの。今回はこの8話を見た。
 これが好評だったために、数年後に別の設定で「誘拐されていた少女が帰ってきたため犯人を追う」という作品が作られ、こちらもまた好評だという。次に見てみるつもりだ。

 

 ほんの一瞬のあいだに姿を消した息子。そばにいた父親は後悔を胸に、数年を過ごしてきた。なんとか立ち直ろうとして別の人生を歩みかけていた母親は、元夫がふたたび事件にかかわることにとまどいを隠せない。
 だが、父親が探し当てたわずかな糸口は、実際に、事件の核心へとつながるものだった。

 登場人物らのひとりひとりが細かく描かれ、毎回の展開にぐいと引きこまれる。はたして子供はどうなったのか。誘拐されて生きているのか、それとも——。そして最終話で描かれた結末は、あまりにもつらい。そして重い。

 老年に差しかかり、引退を控えるばかりの優秀な警察官ジュリアンを演じたチェッキー・カリョの演技がすばらしかった。彼が警察官を演じるとは少し珍しい気がしたが(これまでの出演作を考えても、アメリカ映画に出るときはとくに悪役が中心だ)、見事にはまっていた。

 骨のあるドラマだ。
  

キャッシュレスの支払

 いまはだいぶ減ってきているし、クレジットカード会社と店との契約においては違反である可能性もあるが、昔は「○○円以下の支払にカードは使えません」とか、「カードの場合は手数料いくらいくらをいただきます」という店側の都合の押しつけは、かなりあった。
 昨今の経産省肝いりによるキャッシュレス5%還元の流れで、カードやQRコードでの支払をする人が増えてきたおかげで、小額でもカードで支払っていいのだろうかと迷うような気持ちの負担は減ったが、このポイント還元が終わるころに店や利用者の意識がどう変わっているのかは、わからない。キャッシュにもどる人も、多いのではないだろうか。

 先日Facebookで読んだのだが、ポイント還元の手続きが終わっていないお店で「還元が受けられないならキャッシュで払う」と言ったお客がいたそうだ。わたしにしてみれば不思議な感覚である。キャッシュは使ったら補充しなければならない(ATMに出かけねばならない)ので、できるだけその回数を減らす意味では、カードでの支払はとても有意義だ。

 今回は国が無理やり世の中を動かしてキャッシュレスを推進しようとしているが、期間が過ぎたのちに発生する決済手数料の問題、急いで機材を入れて新しいことを覚えねばならなくなった小売店の事情など、さまざまなことを考えると、短期間で乱暴なことを押しつけているような印象が拭えない。来年の夏以降は、いったいどうなることだろう。

第2回「バウムの会」(2019/10/19)

 約4か月ぶりに、バウムの会。前回は中野駅近くのレンタル会議室だったが、あまり飲食に向いた場所ではなかった。今回はキッチンも付いている日本橋人形町のモリモトハウスさんをレンタルしたため、すべてを持参しなくてもキッチン用品を借りることができて、とても快適だった。

 今回は、当日出席者が9名(わたしとお手伝いスタッフを含む)、そして出席が困難なためにバウムのぶつ切りカットを宅配で受けとってくださる遠隔参加者3名で、奇しくも前回の当日参加者7名で荷物受けとり5名と、規模としては同じになった。ただ、今回は集まったバウムの趣が変わり、サイズと個数から考えても少し規模が大きめになったと言えるかもしれない。

 登場したバウム(わたしが手配したもの、ご持参連絡をいただいたものの順に掲載)
=====
岡山県「ロマラン洋菓子店」(大きめサイズ + 耳)
滋賀県「アンデケン」(中サイズ)
東京都「Yatsudoki」(丸い、わっかタイプ)
ドイツ「コトブスのバウム」(黒2段、白1段)
東京都「メゾンスヴニール」(商品名:ドレスデン)
静岡県「アニバーサリースイーツハピネス」
北海道「シュウェット カカオ」商品名: 五稜の年輪(ほしのねんりん)
岐阜県「ヌベール」(潤いバウムプレミアム)
ユーハイム(ミッキーマウス)
ユーハイム(クラフトバウム)
東京都「白鳥(しらとり)」(商品名: 森の精)
埼玉県「サンヴェール」商品名: 極上バーム(ホール)、ブランデー(カット)
神奈川県「フォルジュ」
=====

 現物を前に、みなさんと「次どれにしましょう」と相談の上、たんたんとカットしていった。

 まず、こちらが全体図。ほぼすべてはいっているはず…。
第2回バウムの会(全体)

 ヌベール「潤いバウムプレミアム」。しっとりしていた!!
 白鳥(しらとり)のバウムは、相変わらず安定の味。
 ロマラン(耳)は、2個分をまとめて包んでいただいたので、一度に切るとなんだか可愛らしいフォルム。
第2回バウムの会(ヌベール、白鳥、ロマラン耳)

 アニバーサリースイーツハピネスは、普段よりも厚めのサイズになりますかと、参加者さんが問い合わせしてくださったため、通常品よりも高さが。
 アンデケンは、もしかすると10年ぶりくらいに食べただろうか。記憶していたものより少しソフトだったかもしれないが、お味そのものはもちろんグッド。
 ユーハイムは、最近話題の「クラフトバウム」。香りだけでもたまらない豪華さ。
 フォルジュは、なかなか手に入らない商品。通販に対応していないので店頭で買い求めるしかないのだ。しかも秋冬のみ。今回は大きめサイズを注文していただいたので、なおのこと気品が感じられる。重かったはずで、ご持参くださった方にはほんとうに感謝。
第2回バウムの会(フォルジュ、ハピネス、アンデケン、ユーハイム)

 埼玉県のサンヴェール。以前から噂を聞いていたが、まさか食べる機会があるとは思わなかった。参加者にご持参いただけて感謝。シュウェットカカオは、函館の商品。参加者さんがご旅行の際に買っておいてくださった。メゾンスヴニールは南千住駅すぐのビルにある洋菓子店。わたしが購入。
第2回バウムの会(サンヴェール、シュウェットカカオ、メゾンスヴニール)

 コトブスのバウムは、わたしがドイツから数種類購入したうちの2品。チョコが美味しい。そして分厚い。
 Yatsudokiは、JRでは新橋駅(地下鉄では東銀座駅か築地市場駅)近くに9月にオープンした、シャトレーゼの都市型店舗。一部の商品は高級感があるが、小型焼き菓子のほとんどは、シャトレーゼ価格で、ほんとうにびっくりする。おすすめ。
第2回バウムの会(コトブス、Yatsudoki、ユーハイム)

 こちらは会の最後に食べたブリュレの準備写真。ロマラン洋菓子店のバウムを半分にカットし、片方はカラメルソースとカソナードをかけ、もう片方はカスタードクリームとカソナードをかけて、ブリュレした。
第2回バウムの会(ブリュレ準備)

 ブリュレの動画は…カスタードはTwitterから。

 カラメルソースは、Facebookから。

 最後に、遠方からや、午前までの雨にもかかわらずご参加くださったみなさまに感謝。みなさま積極的に手を貸してくださり、予定よりも早く終了することができた。ありがたいことであり、行きは緊張しまくりで「うまくいくだろうか」とドキドキしていたというのに、帰り道で自然と笑顔になった。

 ありがとうございました。
(もし第3回がある場合には、懲りずにお付き合いいただければ幸いに思います)

参考リ

○ バウムの書and 日々バウム
○ バウムの書 Wiki版
○ Facebook版「バウムの書」

○ 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る