モバイルTカードと、電子マネーの話

 モバイルTカードのほうがポイントが高くなる店があった。出かける前にその店の情報を見ていたので、呼び出しやすいように、その店のアプリからモバイルTカードをクリックできるようにしたら「本人確認のためナビダイヤルに登録番号から電話をしてください」とのこと。

 わたしはナビダイヤルというのが苦手で、なぜ個々人が登録しているであろう電話代の定額プランや割引の対象にしてくれないのかと不満だ。わたしは10分以内に電話を切れば通話無料というプランだが、ナビダイヤルは通話が1分でも数十円の料金がかかる。

 ——まあ、その話は本質ではないので、つづきを書くとしよう。

 店のアプリからモバイルTカード情報が呼び出せるようになったわけだが、もともとモバイルTカードアプリはインストールしてあるほか、PayPay画面からも呼べるようになっている。

 まさかと思い、その二つを見ると、なんとどちらも「ナビダイヤルで本人確認をしてください」だそうだ。モバイルTカード公式アプリは、番号だけは表示されていて一部のメニューさえ押さなければ使えるのだが、PayPayからは電話をかけて認証が必要という。

 同じ端末の中にモバイルTカードのアプリ(公式アプリひとつと、Tカード情報呼び出しアプリがふたつ)がはいっていて、もしそれらをスムーズに使いたかったら3回電話をしろだとーっ。許せん〜。
 …ということで、電話はしないことにした。会員バーコードさえわかればいいなら公式アプリを別に立ち上げておいて、支払時に見せればよいのだから。

 さて、今日の目撃。電子マネーについて。

 現金、ごく一部のクレジットカード、PayPayしか使えない店が近所にある。いちおうチェーン店だが、チェーンすべてがその方針らしいと聞いている。

 若い女性が、レジで支払いをしようとしてクレジットカードを出した。店員さんが「○○カード以外は、使えないのです。ほかは現金か、PayPayだけです」と言うと、女性は絶句して、財布の中をちらっと見てから、「じゃあ、いいです」と、レジに商品をおいたまま帰った。店員さんは謝っていた。

 たしかに若い世代では、支払いが現金かPayPayのみと言われたら、困る人もいるかと思う。以前に聞いた話では、若い世代はLinePay利用者が多く、年齢層が上がるに従って楽天PayとPayPayが増えるのだとか。

 電子マネーやカードに何種類も対応するのは店としてたいへんと思うが(手数料だけを考えても)、取り扱いカードを増やすことが無理ならば、せめてQRコード系でもうひとつくらい用意してあげたらどうだろうかと、そんな風に考えた。

恵比寿ガーデンプレイスと、コヴェントガーデン

 もうじき恵比寿ガーデンプレイスから、三越がなくなる。あの三越には一度しか出かけていないが、空間の使い方に度肝を抜かれた記憶がある。新宿の小田急や京王の食品売り場の感覚だと、恵比寿三越の売り場通路に、小さめの販売ブースがはいりそうだった。それほど空間が広かった。

 実は恵比寿ガーデンプレイスそのものにも、数回しか出かけたことがない。だからなぜ急にこんなことを思ったのかわからないのだが、ロンドンのコヴェントガーデンに似ているな、ということだった。

 コヴェントガーデンというのは、ロンドンにあるショッピングモールのようなもの(かなりの長い期間を市場として使われてきたため開放感がある作り)で、食品や衣類など、雑多なものが売られていてなんだかとても楽しいところだった。

 (Wikipediaからの写真)

Covent Garden Interior May 2006

 この写真は内側だが、もう少し下がったところから見る入り口の、丸みを帯びた雰囲気は、やはり恵比寿ガーデンプレイスに似ていると思う。ネットに写真があると思うので、ご関心のある方は検索されたし。

 三越が去ったあと、恵比寿ガーデンプレイスはどんな雰囲気になるのだろう。
 あの「ゆったり」しすぎた雰囲気は、商業的には(売り上げとしては)アウトなのだろうが、なんとか少しでも残していけないものだろうか。

 こんな時期でなかったら、いまのうちに出かけてみたいものだ。
 前回はろくに写真も撮らずに帰宅したのが残念。

経産省と、庶民感覚のズレを発見

 すごいものを見つけてしまった → 経済産業省 ニュースリリースアーカイブ 2020年10月

 現在は、2021年1月である。たった3ヶ月前まで、経産省のお知らせに「今月のプレミアムフライデーは○○日です」のお知らせがあったというのは、なんだか脱力するよりも、驚愕してしまう。残業しないでゆったりした時間を過ごしましょうって、いつの時代なんだ。

 やめる理由がないと、やめようという誰かの号令がないと、ずっと書きつづけるということか。経産省、あまりに世間とずれすぎ。

小林製薬のストレートな商品名

 小林製薬が発売する商品の名前にダジャレめいたものが多いのは知られた話だが、わたしが子供のころからある「ビスラットゴールド」がまだ売られていたと気づき、吹き出しそうになった。おそらく “be すらっと” で、飲むとすらっとした体型になれるかも(整腸作用)、という発想ではないかと思うが…。

 せっかくなので、小林製薬の商品名をずらずらと見てみることにした。小林製薬 商品一覧 「あ行」から、適度に飛ばし読みだ。

 まずは、「あずきのチカラ フェイス蒸し」
 …顔を温めるものらしい。名前の印象はハウス「ウコンの力(ちから)」と近くて、商品のパッケージは花王の「めぐりズム」の雰囲気で、いいとこ取りだろうか。

 さらに、アルコールによる頭痛に「アルピタン」、商品名が説明になっている「汗ワキパット」。

 シミ対策で男女用がそれぞれある「ケシミン」、トイレ洗浄剤「さぼったリング」、突然の頭痛や発熱にたすかる「熱さまシート」。

 個人的には、よくこの商品名で企画が通るものだと感心してしまう「ステンレス水筒洗浄中」とか、「スマートホンふきふき」も、外せない。——だが、商品名を聞いただけでどんなものかだいたい連想できてしまうものは、実は業界にとっても消費者にとっても、この上なく理想的なのかもしれない。

 ストレートに頭にはいるかどうか、なのだろう。
 それにしてもこうした商品のネーミングは、いったい誰が考えているのだろうか。

京王百貨店の駅弁大会のサイトを見て

 京王百貨店(新宿)がときおりやっている駅弁大会。各地の駅弁と食品(飲料や菓子など)を催事会場で連日販売するものだが、先ほどサイトを見たところ、時間単位での持ち帰り予約や、一部商品の冷凍通販がおこなわれていた。

 店頭で受けとれる予約商品の種類は冷凍での通販に比較して多かったが、いくら時間を決めたところで、会場の混雑はあまり緩和されないのではと思う。欲しいものを受けとってすぐその場を去る客はあまりいないだろう。無事に買えたから安心とばかりに、残る時間で冷やかし半分に会場を見ようという人もいるはずだ。そして当然ながら、別フロアを見てから帰る人もいる。
 目玉の催事を守りたい京王が、なんとかして安全に開催するための工夫は、素晴らしいことではある。だが食品のからむことであるが故に、もし急に開催に暗雲が…となった場合、素人考えながらも、廃棄のリスクが心配だ。

 かといって、仕入れのほとんどを冷凍状態にして「帰宅後に電子レンジで温めて」と販売する方式もとれないことだろう。ほとんどの商品は通常販売のための容器を使用し、冷凍への工夫はなされていない。さらに、ほとんどの都道府県で、飲食物や弁当を提供する免許と、冷凍加工する免許は別であるはずなので、急に商品状態の変更もできない。また、客がきちんとした冷凍状態を保ったまま持ち帰るかどうかの保証もない。

 一時期は新宿のデパート食品売り場を駆け足で何軒も見てまわるのが趣味だったわたしも、いま催事に行きたいかと言われたら、躊躇する。

 今後のデパート(とくにイベント)は、どうなるのだろうか。

 こういったことをつらつら考えていると、20年くらい前にコンビニのAM/PMが売っていた「フローズン弁当」というのは画期的だった。店は冷凍状態で弁当を在庫するため廃棄リスクが少ない。客は名前や写真などで「○○弁当」と注文すれば、店側がその場で電子レンジにかけて出してくるので温かい状態で持ち帰れる。
 できあがった状態で常温または冷蔵で陳列されていないため、腐敗リスクが低く、その分だけ味が自然だったように記憶している。市販品はどうしても味が濃くなるのだが(しっかり味をつけて熱を通し、糖分も多めにするためだろう)、気のせいかフローズン弁当は、そのわざとらしい濃さがなかった。

 あれは、時代が早すぎたのだろうなと、思っている。
 ああいうシステムは、いまこそ必要なのではないだろうか。

ユーハイム「三つのS」の謎

 先日「カンブリア宮殿」というテレビ番組でユーハイムが特集されていたので、録画しておいて昨日になって見てみたのだ。ビジネスとして、企業像として、たいへん興味深い内容だった。

 ユーハイムは、他社に比較して、製造における手作業(人の手で加工する工程)が多いという。原材料を吟味し、人の手による作業を重視していて、それであの良心的な価格が出せるのは、正直なところかなり驚いた。いったいどの部分で、経営的な努力をしているのだろうか。儲けが少なくなりそうだと、個人的には心配している。

 また、製造部門に配属になる社員さんは、最初の1年をかけて社内でみっちりと製菓教育を受けるという。素人考えでは、転職での入社や、製菓学校で学んで来た人なら少しの期間の教育で戦力として期待できそうと思ってしまうが、ユーハイムらしさをみっちりと学んでもらいたいということのようだ。入社が決まるまではとくに製菓について詳しくなかった人でも、まっさらな状態から育てていくという点を、重視しているということだろう。

 番組は再放送やTVerなどのチャンスがあると思われるため、未見の方は見ていただくとして、最後に。

 三つのSについて。

 small, slow, steady (小さく、ゆっくり、着実に)を、カール・ユーハイム氏の亡き後、妻のエリーゼさんがよくおっしゃっていたとのこと。なかなか素晴らしい教えである。シンプルだが奥深い。

 ただ…見ていながらずっと気になっていた。エリーゼさんはドイツの方なので、ドイツ語だと三つのSにはならないのではないかと。見終わってから、ネット上の辞書で検索してみた。やはり、smallに相当するドイツ語が、sではじまらないように思う。

 エリーゼさんは英語を話されたのか、あるいはおっしゃっていた内容を英語で表現して三つのSとしたのか、どちらかなのだろう。
 気にしない人は気にしないのだろうが、わたしはこういう点が、気になって仕方ない。

思い出の店が、倒産していた

 楽天市場でときどき購入していたお店。そして、なんと人生で最高額ではないかと思う懸賞に当たり、福島の旅館宿泊券(専用露天風呂付き)をくださったお店。
 東日本大震災で多大な被害に遭い、同じ土地での業務再開もままならずに本社や店舗を移転させつつ、少しずつ発展していたお店「もち処木乃幡」(もちどころ このはた)さんが、悲しいことに2019年4月で破産していたことに気づいた。 → 流通ニュース 2019.04.22 木乃幡/餅製品「凍天(しみてん)」製造・小売、自己破産で負債7億円

 ほかの記事も読んでみて、その直前までクラウドファンディングをしていたとわかった。だが不測の事態でキャンペーンを取りやめ、そのまま破産申請の道を選んだようだ。 → 2019.04.12 追加編集 通販通信 楽天SOY受賞店「木乃幡」、クラウドファンディングを中止に

 不測の事態というのは、こういったものらしい。

クラウドファンディング実施期間中に、不動産業者の変更による内容の変更が余儀なくされ、予算の再構築が必要になったり、東電の和解金の実際の振込金額は、差引き額が有り、当方の想定より低い金額であった事がその後発覚、そして未だに振り込まれていない事。震災と原発事故以降、多くの重い課題が矢継ぎ早に起こり、悩み考えながら都度選択を重ねてまいりました。その結果での今日なのだというご批判も、甘んじでお受けする所存でございます。

 2006年から翌年にかけて、わたしは体調を崩して複数回の入退院があり、その後の数ヶ月は「もう人並みな暮らしはできない」やら、「人と同じようなものは食べられない」やら、かなりジメジメとした気分で過ごしていた。やっと一般人と近いものを食べても大丈夫というところまで回復した時期に、木乃幡さんから「懸賞に当たりましたので福島に来てください」と連絡があり、おかげでだいぶ気持ちが明るくなったのだった。

 その数年後に東日本大震災で、数ヶ月は状況もわからなかったが、やがてホームページが復活し、どうにか店を引っ越し先で開店させると読んだのだが——そのうち、そのちと考えるうち、気づいたら1年半も前に閉店していたとは。

 気持ちを明るくさせてもらったお店であるのに、たいへん申し訳ないことをした。
 
 看板商品の「凍天(しみてん)」のみは、お店がなくなっても味が引き継がれているらしい。→ 2020.09.30 Jタウンネット 失われていた福島県民のソウルフードが帰ってきた 材料も作り方も味わいも以前のまま…「おかえり凍天!」

 好きな店、大切な味は、いつも気にかけておいたほうがいいと、つくづく思う。

性格判定や、分類することが好きな人々

 わたしはもともと血液型による性格判断なども嫌いだし、それ以外の面でも、○○の傾向がある人は□□に向いているという決めつけが(遊びならともかく実社会で)聞かれることがあるのも、怖いと考えている。そんなところに、この共同通信の記事に遭遇。

 大金の絡むビジネス用途のサービスとは思えず、なにやらゲームの軽さを感じさせる雰囲気だが、これはほんとうに金をとるレベルのものだろうか。いや、そもそも、これは根拠があるのだろうか。

 2020.10.16 共同通信 → 音声で性格を判定し、人材を適正配置 eVOICEがシステム開発、販売開始

 引用すると、面接等で得られた会話の音声を用いて
> イスラエルに本社があるソフトウエア製品開発販売のNemesysco(ネメシスコ)が開発した人間の性格を四つに分類するパーソナル診断に、eVOICEがさらに9分類を加え36のカテゴリーから性格を分析するシステム
——だそうだ。

 織田信長タイプ、豊臣秀吉タイプ、明智光秀タイプ、徳川家康タイプなどを元に細分化して、36種類にするのだと、書かれている。

 冗談かと思って、二度見した。この記事はほかにも書かれているのかと、ネット検索もしてみた。この共同通信が元になったと思われる記事が多かったが、eVoiceという会社でも、たしかに案内が出ていた。

 はっきり書いて申し訳ないが、チャラい。
 個人が自分に関することを読んで「当たっている」と考える占い話のレベルならば別にかまわないが、会社や組織の人事などに利用されたら、使われたほうは泣くに泣けない。

 もしこうしたサービスに、人材の判断配置の判断で大きな部分をまかせる会社があるのならば、わたしはそれらを信用しないが…

(これを書きながらも、まだどこかで、冗談記事ではないのかなという気がしている)

 安易に人間を分類するのは、いくらなんでもそろそろ、立ち止まって考え直すべきではないだろうか。

SNS経由の、宅配便みたいなもの?

 今日、田舎に荷物を送るためにクロネコ営業所へ。

 わたしもかなり慣れてきたので、入店と同時にアルコールジェルを手に付けて「このタブレット借りますね」と、送る荷物を預けつつタブレットにカードをかざし、暗証番号を打って印刷し、印刷できたら係の人が料金を教えてくれるのでクロネコのメンバーズカード(プリペイド)を出して支払い…という流れが、よどみなくこなせるようになった。印刷待ちがたくさんはいっていれば別だが、これでけっこう早く終わるはずだ。

 …だが、わたしより素早い人が、後ろに来た。

 現在のところ新型コロナの影響で、店内にはひとりずつということになっている。そのため別の係の人が「お客様はどういったご用件(手で伝票を書くのかタブレットなのか)〜」まで言いかけたところで、男性が何かを見せたらしい。わたしの印刷が終わって係の人が荷物にラベルを貼ってくれているあいだ、ふり返らずにその若そうな男性の気配を追っていたが、その人は入店することはなかった。

 係の人の「80サイズになりますがよろしいですね」との声、男性の「いいですよ」の返事、「お宛名は○○さん(ネット上の名前っぽい響き)で間違いないですね」、「はい、そうです」、「では〜」と、終了したようだ。

 えー。どういうシステムなのだろう。支払いはスマホで済んでいて、荷物の現物を持ってきただけなのか?

 そのとき、わたしを担当してくれていた係の人が、伝票の一部を控えとして出してくれたので、受けとりつつふり返ると、もう若そうなその男性は跡形もなく、別の女性が順番待ちをしていた。

 早っ。。。

 わたしも、だんだんとついて行けなくなるんだろうなぁ、新しいシステム。

ディズニーランドとJCBカードの伝説

 今日、ある外国の通販サイトで買い物をした。在庫と発送業務は海外、ウェブサイトと支払いの管理は日本でおこなっているらしく、日本語は自然だったし、支払いもクレジットカードやコンビニ払いなど多種にわたっていた。

 ところがクレジットカードの支払い欄で、思わぬ事態。JCBまたはアメックスしか使えないという。えっ、VISAやMASTERの利用者のほうがそのふたつを足したより遙かに多いのではっ…と思ったのだが、持っていないものは仕方ない。支払い欄でページを止めたままで、もし時間制限があったらどうしようかと、どきどきしながら画面をスクロール。すると支払い一覧の中に「ゆうちょ銀」を発見した。それならばオンラインから手数料無料で支払えるからと、それを選んでみた。

 その後にゆうちょダイレクトから無事に支払いも済み、ふと、「JCBとアメリカンエクスプレスだけ受けいれる通販サイトというのは、よくあることなのか」と検索をしてみたところ、予想もしていなかった別の話が見つかった。なんと、「ディズニーランドではJCBしか使えないという都市伝説」がある/あったらしいのだ。それはいくらなんでもないだろうと驚いて、さらに読み進めてみたが、けっこうそう思っている人が、いる/いたとのこと。

 どうやら、とてつもなく大昔の話だろうと想像するが、ディズニーランドでオフィシャルスポンサーであるJCBだけが使えた時代というのは、実際にあったのだろうと書いている人がいた。だがその後、他社のクレジットカードなどが使えるようになってからも、会計の場にJCBだけが目立つように表示されていたことがあり、結果として「JCBしか使えないんだ」と考えてしまう人が多かったのだろうと。

 わたしが最後にディズニーランドに出かけてから30年近く経つ。正確に書くなら開園後の数年で2回か3回しか出かけていない。その頃はクレジットカードを使う人はまだ多くなく、世の中のほとんどの場所が現金でまわっていた。ディズニーランドなど行楽地でカードを使おうとした記憶がそもそもないので、この話は初めて耳にした。

 最初にセゾンカードに申し込んでから25年以上が経過していると思う。それ以来、わたしは日常生活においてけっこうカード支払いが好きで、対応しているかどうかわからない店にも積極的に「カード使えますか」と聞いてまわり、できるだけ現金よりもカードを使った。当時は東京でも、未対応の店はあった。
 いまや、コンビニで少額支払いでもカードを使える時代だ。昔は「(手数料がかかるので)1000円以上からで」とスーパーで言われたこともあったというのに。

 だいぶ使えるようになったが、もう少しキャッシュレスが進むと、なおのこと、ありがたい。

 余談だが…。
 数年前に広島に出かけたときのことだ。けっこうきちんとしている観光客向けの店だったのだが、カードの表示がなかったため「カードは使えますか」と、つい、聞いてしまった。そのとき若い店員さんは、カードが使えるのはあたりまえだから何かもっと高度な質問をされたに違いないと、きょとんとしていた。取り越し苦労だった。広島といえば国内外の旅行者が多い土地柄なのだから、カードくらい使えてあたりまえだったのだ。

(いっぽう、うちの近所の商店街には、まだまだ現金のみの店がある。いちおう東京23区である ^^;)