不動産のサイトを見ていて思う

 この数年の住宅値上がりは半端ない。しかも新築の場合は、給湯システムや床暖房ほか、屋内に入れる予定だったシステム各種が新型コロナによる供給不足で部品調達が遅れるなどしているとも聞く。完成を待っているあいだに日数が過ぎ、あるいは以前なら検討対象ではなかったメーカーに変更するなど、いろいろな影響が出ているようだ。工期の遅れは価格で回収したいと考えるのが業界というものだろうが、価格に転嫁するにも人に買ってもらえないほどの金額は付けられない。

 界隈の物件だけを見ていても、供給しようとする量は多いようだが、はたして健全なタイミングで売れているのだろうか。新築なのに数ヶ月以上も売れていない家は、そこそこある。

 買う方の立場を想像しても、現在の高騰した時期に無理をして「数年後に売却しなければならなくなったとき、価格が下がって売れないのでは」という心配は、おそらくあるだろう。

 以前は新築と中古はかなり価格の開きがあった。だが現在に関して書けば新築と築浅中古物件は開きがなくなってきている。ならば築浅ではなくそこそこ古い物件を購入して少しずつ修繕するのはどうかと考えても、部品調達が難しいのは新築と条件が同じだろうし、以前よりもリフォーム代や期間がかかることは間違いないだろう。湿気の多い土地にある日本の家屋は、木造の場合はとくにだが、おそらく築30年弱が、売買のぎりぎりラインではないかと思われる。

 これで、東京都独自に「新築物件には太陽光発電を必須にする」というお達しを住宅メーカーに出した場合、価格がさらに上がる。住宅メーカーにしてみればそんなお達しが来る前に作ってしまったほうが気楽かもしれない。

 そろそろ、住宅情報サイトを頻繁に見るようになって、1年くらい経つように思うが、この1年のあいだでさえ、相場が数百万円くらい上がったように感じている。この高騰はいつまでつづくのか。

 いま住んでいる場所は好きだが、次の引っ越しについて頭を悩ませている。そろそろ賃貸を卒業したい気持ちは強いが、よほどの「訳あり」物件でもないかぎり持ち家も難しい。とくにこの数年は、手が出る金額ではない。

cuocaのオンラインショップが終了していた

 製菓製パンに感心のある方ならsば利用した(もしくは名前を知っていた)であろうcuoca。やや割高に感じられるものはあっても洗練された商品が揃い、眺めているだけでも楽しいサイトだった。ひさしぶりに見にいったところ、今年の6月末で、通販は富澤商店のサイトと統合したと書かれていた。

 2017年の9月から富澤商店の傘下にはいっていた。それでもオンラインショッピングはそれぞれが継続していたので、ちょっと不思議だなとは思ったのだが、おそらくcuocaという名前と長くつづいてきたブランドの矜持、そして昔からの社風や顧客など、あれこれ考えるところがあったのだろう。
 富澤商店のほうではcuocaブランドのものも扱っていたが、ざっと見たかぎりでは、cuocaのほうで富澤ブランドを強く押し出していたような記憶がない。トップページなどいたるところに富澤商店へのリンクが目立つように書かれていたので、あくまでそれまでの顧客を大切にしたいということだったのかもしれない。

 誰もまだパートフィロ(薄い皮)を使った菓子を家庭で作れると想像していなかったころ、クオカにはあった。店頭でも通販でも扱っていた。その後は海外からの輸入食材を扱う店が増えて、現在でこそフランスの冷凍食品を扱うピカールなどで買うこともできるが、当時のクオカは画期的だった。

 いまは新宿駅東口で「ビックカメラ」になってしまった旧三越の地下に店があり、そこに出かけて商品を眺めるのが好きだった。ビックカメラにユニクロが同居してビックロと呼ばれても、10年で賃借の期間が終わるのでまた食品を扱う店がもどってくれるのかと思っていたら、そのままビックカメラが残ってしまった。あの旧三越のフロアにあったパン屋のジョアンも好きだった。

セブンミールのネット注文が再開予定らしい

 このところ、セブンイレブン、イトーヨーカドー、西武・そごうのeデパートほかをまとめていたサイト Omni7 (オムニセブン)内部がめまぐるしくリニューアルをしている。この数ヶ月、正直なところ混乱しているし不便だし、またもやメニューを大幅に再編成かよ〜という気持ちになっている。

 なかでも、今年の2月からセブンミールの申し込みが止まっている件(ネットのみ休止で、各店頭では相談できるらしい)は気になっていた。秋ころ再開らしいと聞いていたが、ようやく9月1日に決まったようだ。

 セブンミールというのは、高齢者などの買い物や調理が難しいご家庭がm近くのセブンイレブンに頼んで弁当類を配達してもらうものだ。わが家は義母がいたころに、利用はしていなかったものの、いつお世話になるかわからないからと情報はチェックしていた。

 ネットを休んでいる現状では、利用したい人が自分で最寄りのセブンイレブンに行き、説明を受けて配達を申し込むスタイルらしい。だがそれだと事前に「どんなメニューがあるのか」などの細かい検討が難しく、わが家のように「情報だけでも知っておきたい」という人間にとっては、ネット通販でメニューが見られないのは不便だった。

楽天Payが認証方法を変更予定

 楽天Payからメールでお知らせがきた。

 おそらく楽天Payアプリをインストールしてすぐの、初回起動時の認証のことではないかと思うが、9月からそれを音声通話付きSIMが必要となる方式に変更予定だという。楽天Payはよく使っているが、アプリからはめったなことではログアウトしないので、おそらく毎回電話をしろというのではないと信じたいが、どうなのだろうか。

 アプリに表示された電話番号にかけて認証を済ませてから使用するという説明だった。データ通信のみで音声通話機能のないSIMの場合は使えなくなるという。

 メールを読んだ最初のうちはその内容が信じられず、公式サイトのトップページからまだリンクされていないURLが本文に含まれていたため、疑わしいメールなのかどうかクリックを躊躇していた。だがネット上でたくさんのみなさんが同じ話を書いていて、リンク先も正しいことがわかった。わたしと同様に驚いている人もいた。

 わたしは現在スマホを1台にまとめてデュアルSIMにしているし、どちらの回線も通話可能にしておいたため、今回の件は問題ない。だが、通話の用途として最低限の機能がついたスマホ(またはガラケー)を持ち歩き、ネットを見るときにはデータ通信だけできるタブレットと持つという人も、多いのではないだろうか。そういう人たちをすっぱり切ってしまっては、楽天Payのほうが利用者から切られてしまうことも考えられる。

 急すぎる。そして強引すぎる。
 これでもし楽天Payの利用者が減って、サービスの取扱店も減ったら、不便になるのは現状の利用者だ。

家具のレンタル(サブスク)があるらしい

 1ヶ月ほど前になるが、田舎の家に日帰りした。50年くらい前から使っていそうな食卓がそのままあった。途中で一度は建て替えがあったはずだが、その際にどこかにしまって、建て替えが済むとまた並べたのだろう。壊れないかぎりはそれを使う、捨てる理由もないからということなのだろうが、物持ちのよさに驚いた。

 さて、家具のサブスクというものがあるそうだ。引っ越しが多い世帯にはよいかもしれない。数年で引っ越しする場合には、社宅などで家具付きという場合は別だろうが、その家にあったサイズの家具を揃えるのはたいへんである。

 数百円〜数千円の月額料金と、家具そのもののレンタル月額料金がかかるのだそうだが、説明を読んでいるかぎりでは、到着するのはほぼ新品らしい。テーブルやベッドなど大きなものは1年くらい使う人も多いだろうから、それである程度の元が取れるのだろう。また、最低でも数ヶ月はその商品を使ってくれという約束があるようなので、頻繁に納品しては持ち帰る(あるいは交換する)という手間が、軽減できるのだろう。

 使ってみて、けっきょく「このまま買い取れませんか、これ気に入っているので」という人も出てくるのではないかと思うが、そういったことも対応しているのだろうか。

 そういえば小さなお子さんのいるご家庭向けに、おもちゃのサブスクというのもあるらしい。子供が同じおもちゃで遊ぶのは数ヶ月のみと仮定すれば、次から次にレンタルできるのはほんとうにありがたいことだろう。所有すると手放すタイミングが難しいが、最初からレンタルならば、収納の悩みが軽減されるに違いない。

西友: セゾンから楽天に提携を乗り換え

 何週間ぶりだろうか。阿佐ヶ谷の西友で買い物をした。どの売り場でも「楽天ポイントカードはお持ちですか」と聞かれた。もちろん持っていたので楽天ペイのアプリからポイント画面を出し、そのまま楽天ペイで支払いした。

 この何年…もしかすると10年くらいだろうか。西友で買い物をするたびに「普通のセゾンカードではなく、ウォルマートセゾンにしませんか」と、店員さんが話しかけてきた。わたし以外の客でもそれを予想して「いえ、いいです!!」と速攻で答えているのを目撃したので、客の側もうんざりしていたようだし、店員さんもまた、それを言えと言われているのがうかがい知れて、気の毒に感じていた。

 数年前ウォルマートが西友を売却するのではと日経新聞が書いたとき(←あれは思いっきり誤報だったと思う)、数ヶ月にわたって店員さんの勧誘が減ったので、セゾン側ともめたのかなと勝手に想像していたが…。

 今年の1月中旬のセゾン側の発表によると、西友側からの希望で提携を解消し、西友でのセゾンカード感謝デーや、ウォルマートセゾンの発行をやめるということだった。そしてどうやらウォルマートセゾンを持っていた人たちには、同じ番号でセゾンゴールドカードに切り替わる(今回の切替該当者限定で年会費無料)とお知らせが来たそうだ。

 参考リンク
○ 2022.01.12 株式会社西友との提携サービス終了について
○ 2022.04.20 ポモチコラム【切り替え情報】ウォルマートカードセゾンAMEXがセゾンゴールドカードに

 アメックスのカードが無料というのは、けっこう貴重な話である。まあ、あれだけうるさく言われて切り替えたのにいきなり終了して何も特典がなかったら客としては踏んだり蹴ったりだろうから、セゾンカードにしても、お詫びの気持ちをこめたのだろう。

 ゴールデンウィーク中の買い物では、西友で楽天ペイで支払いすると楽天ポイントが多くつくらしい。

 Tポイントはヤフーが降りたので利用者が減ったのではと聞くが、楽天は伸びるのだろうか。

1ドル130円で思い出したこと

 1990年ころだったと思うが、初めてグアムに出かけたときに、だいたいドルが130円〜140円台だった。いくら使うかわからなかったので少しは国内で換金してから出かけたが、現地の土産物店などにある交換所では手数料が高く、140円前後だった場合もあったかと思う。

 30年以上経ってまた130円というところに、寒気がする。

 自国通貨の価値が下がって危機感もない国、円安で何か困るのかとでもいわんばかりの悠長な対応に、心底腹が立つ。

 いつまで、車などを外国に買ってもらうような考えでいるのだろう。多くのものを国民が「外国から」買っている。企業の輸入品しかり、個人通販しかり。円安は財布への負担に直結だ。

 ロシアに対して経済制裁をしている側であるはずが、立ち回りがヘタすぎて、ひたすら国民を苦しめている。もう少しなんとかならないのか。結論としては「国民よ、選挙で投票しよう」しかないのだが、政治家の悪い面を助長させないこと、そして可能性のある政治家を育てることは、有権者にしかできない。選挙に行こう。

企業内の「上のほう」

 社会人になったばかりのころ。

 まだ世の中の仕組みがのみこめておらず、取引先の社内にいる「こんなに現場のことがよくわかっていて、こちらが “あとで書類を出しますが、こんな感じです” と言ったことを本人よりよく覚えていてサポートしてくれる人たち」が、現場を知らない事務方に仕切られているのは納得いかないな、と感じたことがある。もちろんこちらも大きな内容は事務方にお願いして話を通すのだが、ちょっとしたことは、わたしのうっかりを先方の現場の方々がすくってくださったことなど、数知れない。

 現場を知っているからといって仕切る側に回るとは限らないのが、世の中だ。いまはそれを認識している。だが、それを認識していることと、納得しているかどうかは別の話だ。

 吉野家の役員が大学主催のセミナーで、とんでもない暴言を発したという。リンクは張らないが「吉野家 早稲田 シャブ漬け」あたりで検索していただきたい。

 感じられるのは、その会社の現場をまったく知らずに、あちこちの企業で「上のほう」を歴任してきた人物というのが、売り上げ数字しか見ないで人生を送ってしまえるという事実だ。

 自分の会社を理解し、現場を知っていれば、うまいものの味をすでに覚えてしまったら、女性がそのあとでハマることのない味(その程度の存在が自社の牛丼)であるとか、女性社員もいるであろうに、女は男にうまいメシをおごってもらう存在であるとか、そんな前提はそもそも存在しない。そもそも自分の会社の話で「シャブ漬け」とは何事か。

 学歴ある人物が上に来るべきといった慣習やいろいろな事情は、一社だけがどうこうできるものではないが、このまま「現場は現場、上は上」というのをさらけ出してもなんとも思わない企業が目につけば、世の中が腐っているような気がしてならない。学歴などはともかく現場を理解した人が「ある程度の地位」にまで行けるようにすべきだろうという思いが、自分のなかで、ふたたび強くなってきている。

「あの店」までも、現金以外に対応

 高円寺の駅界隈を歩いていた。南口のパル商店街が終わるあたりで交差する道の左手に見える「業務スーパー」を、ちらりと覗くと、なんと現金以外にカードほかの決済方法が書かれているではないか。
 業務スーパーであまり買い物をしたことがないが、以前は現金が中心だったように思う。それが、1種類程度のカードではなく、この大盤振る舞い。時代は変わるものだ。

 帰宅してから「さすがにオーケーストアは現金だけだったよな」と検索をした。ところが最近では、店舗による違いはあるものの、カードや電子決済ができるらしい。オーケーストアといえば早くからレジ袋を有料化し(30年くらい前でも、すでにそうだった)、支払いは現金だけだったように記憶している。あのオーケーストアが…。

 すると、最後の砦は「ロピア/ユータカラヤ」だろうか。人から聞いた話では、ユータカラヤは数年前の一時期のみPayPayに対応したが、その後に現金のみの方針にもどしたそうだ。いったん導入したものを取り消すとなれば、これは今後も態度を軟化してくれることはないだろう。

 日用品販売のオリンピックも、数年前からPayPayに対応している。

 電子マネーは便利なので、ぜひもっと普及してもらいたい。ただ手数料負担と機材導入の問題があるため、小規模の店舗ではなかなか踏み切れないはずとも、同時に思う。

三菱UFJのデビットカード(JCB)

 数日前のことだが、三菱UFJのデビットカードに申し込みをした。JCBマークの付いたものだ。JCB加盟店の多くで利用できるし、ネットでも使えるらしい(一部の例外あり)。

 これまでJCBは持ったことがなかったが、去年Apple PayにやっとVISAマークのセゾンカードが登録できるようになり、いろいろなカードを持っていると何かの際に便利だと実感した。普段使っていなかったクレジットカードにMasterが付いていたことを思い出したため、最初はApple PayにMasterを登録し、現在ではVISAも併用しているが、ついでにJCBもあると何かの際に便利だろうと、最近考えていた。

 とはいえ、会社勤めであるか、あるいは定期的な収入の実績がない場合は、クレジットカードは審査で断られる。新規のブランドはなかなか手にできないだろう…と思っていたが、そこで三菱UFJを思いついたというわけだ。デビットカードだし、口座で残高をマイナスにしたこともないので、別に断られる理由もないはず。あとはカード到着を待つのみ。

 ついでに、同銀行の口座をオンラインのみの利用にして、紙の通帳をやめることにした。キャンペーン中なので、6月ころに1000円くれるそうだ。以前もキャッシュバックのキャンペーンがあったが、当時は迷ってしまって見送った。今回は決意。