海外からの被仕向送金の思い出

 20年くらい前だろうか。まだマイナンバーだ本人確認だという話がなかったころ、外国から数万円分のお金をもらえることになった。そのころはまだ都内のあちこちの銀行で外為窓口を置いていたので(いまでは普通の窓口ですら縮小してATMを多めに設置していることを思うとパラダイスのようであった)、近所の銀行で手数料について聞いてみた。

 相手が手数料を上乗せした額で小切手を送ってくるというのだが、いくらくらいの手数料を相手に伝えればいいのか…? すると、その窓口の人は最低でも2種類ある手数料のうち(外国と日本のあいだを中継する銀行が取る手数料と、国内でその銀行が取る手数料)、どちらかの分しか教えてくれなかった。あるいは都心でもない近所の銀行だったので、めったに取り扱いがなくて知らなかったのかもしれない。

 わたしは教えてもらった金額をもとに、その外国の会社に数千円分くらい多めに金額を伝えて、小切手を出してもらった。
 小切手が日本に到着。それを銀行に持っていって口座に入れてくれと頼むと、受理してもらえた。

 半月後くらいだったか、銀行からお知らせの封書が到着。入金があったので、その明細だという。
 ……えっ?
 ………手数料、めちゃくちゃ増えてるじゃんか〜。
 驚いたあまりに、苦情を言おうかと考えた。そこでまずは確認を兼ねて銀行に電話したが、そういう電話を想定していたのか、練習したかのごとく早口にだだだーっと解説をされた。そこでわたしは「あなた事前にそれ言ってないじゃんかー」と、言うのをやめてしまった(←言ったところで勝ち目はなかっただろうが、わたしのへたれ具合がこうして露見)。

 あ〜、あのときの悔しさ。いくら取られたんだったっけ。3000円以上?

 さてそれから時は経ち、2022年の晩秋である。

 いまは中継手数料がどうなっているんだろうか、もう少し明快になっているかなと、外国からカネをもらえそうなアテはないのだが何気なく検索してみると…変化なし。

 ○ 中継銀行の手数料がいくらかかるかは不明で、それはほとんどの場合が受取人の分から引かれる(仮に相手の支払いに手数料を上乗せするよう依頼しても、現地の銀行がそれを認めない場合があるとのこと)。そんな不確定なことでは、やっていられない。
 ○ さらに日本国内で、めちゃくちゃ手数料を取る!! (基本が2500円以上で、日本円にするかしないかを含めてさらに外為の手数料がある)
 銀行や口座の種類によっては手数料が「やや」安い場合もあるようだが、どこも(その銀行への手数料のみで)数千円単位であることには違いない。

 個人間や小規模なビジネス用であればPayPalもあるようだが、あからさまに大きな手数料が請求されないだけで、随所に手数料がはいっている模様。また、以前に説明を読んだ際には、全体的にわかりづらい(すんなり頭にはいらない)印象を受けた。そしてもちろん「送金する側される側の両方がPayPal会員である必要がある」というのが大前提。

 SBI Remit(エスビーアイ レミット)のように、送金の仲介だけを目的としたサービスや、以前から名前は聞くWise(ワイズ)というサービスも、手数料が低いことで知られている。

 ただ、前者は銀行ではないので、送金したい金額を提携ATM経由で入金する必要があるらしく(送金に使う以外のカネを預かっておくわけにはいかないということらしい)、入金があったら指定口座にすぐ出金してくるそうだ。だが同じ日に少額な入金が10回あっても1件単位で手数料を取るというから、やはりある程度の金額を想定した、大きめビジネスが適しているのだろう。

 後者のWiseは、日本円での入金に関しては日本の窓口に口座を持ってそれを受取口座に指定することができるが、外国通貨でのやりとりには、もしかすると複数の海外Wise口座を持つことになるのかもしれない…?

 受け取り時に日本円にしてくれなくていいので現地通貨のまま口座に放りこんでくれたらいいのにと、わたしが口座を持つSMBC信託銀行(SMBCプレスティア)でも説明を読んでみたが、つねに1000万円以上の金額を預けている顧客でないかぎりは、そこそこ手数料は取るようだ。もちろん中継銀行の手数料を引かれたほかに、だ。

 外国としょっちゅう商売をされている方々は、どんな送金(仕向/被仕向)をご利用なのか、ちょっと興味がある。

シェアサイクルが近所にも増えてきた

 このところ近所の共同住宅脇や軒下など、ちょっとした路地で、大きなロッカーのようなものが設置されているのを見かけることが増えた。中にヘルメットのようなものが見えたので注目していると、どうもシェアサイクルのポートらしいとわかった。

 以前はそういうタイプよりも、民間駐車場の隅を業者が借りて自転車を何台かずつ(露天で)置いているサービスがあったが、たたんで小型にしたものをロッカーに入れたほうが省スペースだし、盗難の危険や汚れの度合いも軽減されるのかもしれない。

 つねづね疑問に思っていたのだが、あのシェアサイクルというものは、乗る場所(自宅周辺)のポートからは自転車が消え、便利な場所(駅前や都市部など)で返却したいがポートがいっぱいで返却できない…ということが、頻繁にあるはず。乗った場所にそのまま返しにくるケースよりも、便利な場所に乗り捨てたい人のほうが多いだろうから、そのバランスをどうするのだろうか。

 自転車を元の場所にもどす係の人ががんばっても、タイミングによっては「借りられない、返せない」があるのだろうな。

 思えばわたしが最後に自転車に乗ってから 15年くらい経っている気がする。はたして乗れるのだろうかという素朴な疑問が、いま頭に浮かんだ。

1億円の貯金を目指した同僚

30年ほど前になるだろうか。バブルの終焉と、それが派手にはじけた直後をともにした同僚で、「1億円を貯める」と目標にしていた人がいた。

 当時は普通の定期預金でも金利が3.5パーセントくらい、各銀行で工夫していた特殊な商品(たとえば第一勧銀の行員からは「スーパー定期」というものを勧められた)を数年間で契約すれば5%~6%くらいは貯まったような記憶がある。

 当時わたしは趣味がパソコン通信くらいなものだったので、電話代だけ気にしていればよい生活だったから、出入りの第一勧銀さんに通帳を預け「これ、○○万円くらい、なんとかしておいてください」などと適当な頼み方をしたが、ほんとうに、適当になんとかしてくれた。最初の満期まではかなりの利息だったが……その後、定期を預けっぱなしで更新していてもまったく増えなくなり、ああ、時代は変わったなと思ったものだった。

 さて、上述の「1億円貯める」の人だが、狙いはもちろん金利生活である。1億円を預金して、利息だけを普通預金に回して元金をそのままで定期預金として継続していけば、住むところさえなんとか確保できていればあとはそこそこの暮らしを金利でまかなえる、という狙いだった。

 30年で仮に金利がさほど下がらなかったとしても、この半年くらいの物価上昇を考えると、あの元同僚はどうしているかと、懐かしく思いだしてしまう。それに家賃または不動産価格の上昇が青天井(とくに東京23区)。ため息もでない。

ギフトとして「○○券」を贈る

 相手がどれくらいネットをやっているか、持っているのはスマホかガラケーかなど予備情報が足らない場合、そして本人に事前に聞くのもどうかという微妙な間柄だがお祝いくらいは贈ろう…というとき、勝手な想像でnanacoギフトだのAmazonギフトなど具体的なブランドは選べない。相手がそのサービスを使っていないかもしれないからだ。

(全国どこにでもあるセブンイレブンだが、nanacoギフトはいったん自分のnanacoアカウントにコードを入れてポイントとして受けとるものなので、いわゆる商品券のように店頭で気軽に使うことは、たぶんできないというのが理由)

 昔から世の中にあった○○券(たとえばおこめ券、ビール券)は、それを扱っている店の内部で無関係な商品の購入に使えるので、実は便利である。最近でもあるのだろうか。
 だが図書券(現在は図書カードまたはデジタル版)の場合は、専用のリーダーを設置しているのが書店もしくは大型商業施設内の本コーナーだったりするわけで、図書カードを選ぶには「送る相手の近くに図書券が使えそうな店があるかどうか」を事前チェックが必須だ。

 以前はVISAギフト券なども見かけたし、なにかのおりにいただいたいこともあったのだが、最近は(個人的には)使用事例を見ない。もらう側/送る側ともども、デジタルのやりとりが増えたからかもしれない。

 数ヶ月後に、高くないお祝いを考えている。図書カードと何らかの「○○券」の合わせ技にしようかとも思うが、しかし少額とは言え金額がわかるカード類を送れば、合計金額まで相手にずばりわかってしまうので、多少は物品も入れるとよさそうだ。

 こういうことを考えるのは楽しい。

食品フロアは単独が望ましい

 今日、念願の新宿小田急に出かけた。実際にはつい先日まで「ハルク」と呼ばれていた別館だが、小田急の本館が閉じることになったので、そちらに無理に本館が居候することになったのだ。狭いところに、ぎゅっと入れられたのだろうなと、想像しながら出かけた。

 最初からハルク地下の食品売り場にあったカルディや明治屋は立場が強いのか、売り場面積も削られずにそのまま奮闘していたが、ほかはなかなかの詰め込みであった。小田急本館は食品売り場を大改装してまだ12〜13年くらいだったのではないかと思うが、その当時からひしめき合っていた売り場がハルクの地下2階部分に収まりきるはずもなく、化粧品などがある地下1階にも和洋菓子などの売り場が移動。どれもかなり狭くなっているように感じられ、しかも「化粧品と食べ物が同じフロアか」という思いが否めなかった。

 ある程度の空間がある建物ならば、服飾品や化粧品と同じフロアに和洋菓子がある事例も存在するが(地下鉄の上野広小路駅に直結の松坂屋、東武線の浅草駅に直結の松屋など)どちらの場合も広さと風通しがあるので、それほどには匂いに影響はない。だができれば避けてほしい。

 気にしすぎていたせいか、今日の小田急は店内での匂いの混在と、各店の売り場で狭さが気になった。売り場の大きさで変動がなかった店もあるはずだが、かつての本館でゆったりと大きなショーケースを構えていた店たちは、そうした面影もなく簡素化。フロアのそうした一画からは、デパートらしさというのか、心の贅沢のようなものが、残念ながら失われた気がした。
(むろん、これまでの小田急本館食品売り場をご存知ない、もしくは思い入れのない人には、影響のない話ではある)

 小田急の本館跡地には、都庁以上の高さのビルが建つそうだ。その中に小田急が入店するかどうかは不明だが、できれば食品売り場は、そこにも存在してほしい。わたしにとって「見ているだけでも楽しかったあの活気ある遊園地」を、ふたたび目にしたい気分である。

小田急百貨店の新宿本館が閉店

 10月2日の営業を最後に、取り壊し作業にはいる小田急百貨店。西口再開発の大プロジェクトで、跡地は高層ビルになるが、そこに小田急百貨店が入店するのかしないのか、まだ詳細はわかっていないらしい。

 2029年の完成までは、隣接する小田急ハルクに売り場の一部を移設するとか。そして気になる地下のショッピングモール「小田急エース」だが、これは別に地上の問題とは切り離されているようで、営業はそのままである。よかった、あのあたりはけっこう好きで、思い出もある。

 それにしても、新南口の「バスタ」ができるころも、工事の影響でかなり長く殺伐とした見た目だった新宿駅だが、それが小田急となれば、工事の騒音や迂回路など、不便が生じることだろう。数年前にJRの東西改札をぶち抜いて広い通路にしておいてくれたのは、せめてもの救いである。

 あれほど好きだった新宿だが、コロナ禍で人混みがおっくうになり、この2年ほどは1〜2回しか出かけていない。またいつか出かけたいものだが、そのときはどうなっているだろうか。

1商品のみで勝負の店

 都立家政駅の近くに、鈴カステラの店ができた。まだ開店から間もないが、最初の数日は人だかりがあったものの、現在のところ、平日昼間に通る分にはほとんど客がいない。

 こういう商売は、賭けだろうと思う。お味見いかがですかと2〜3個を出してしまえば、最低15個入り600円からの販売のところ「ああ、今日明日で15個は食べられないから、いいや」と通過される可能性がある。さらには数人以上が住むご家庭、もしくは近所の人とお裾分けの付き合いがある人であっても、最小が15個以上からのセット販売というのは、かなりリスクが高いだろう。

 ○○味などのミックスを販売するわけにもいかず(←焼いてしまえば見た目でわからなくなるので販売する側も買う側もリスクがある)、かといって鈴カステラの店と書いておきながら普通のカステラや今川焼きを出すわけにもいかず——となれば、これはもう、都立家政駅ではなくて、西武新宿線なら高田馬場の改札あたりを狙うとか、中央線ならば荻窪あたりを狙うとか。

 ちょっと都立家政のあの場所は、ビジネスとして冒険ではないかなと、思っている。

 甘党のわたしでも、15個は買いたくない。料金が割高でも5個入りの小袋を、まずは出すべし。

 

自販機の設置について検索

 ときおり(いや、いつもかもしれないが)考えても仕方ないことを思いっきり時間をかけて検索する。今日は自販機だ。

 暑い日に近所を歩いていて「この家の隅にある自販機は、種類はなかなかだが取り扱いが現金だけだ」やら、「金額は安いのが多いが飲みたいのがない」やら、あれこれ考えることがある。

 以前は、設置場所を提供した人が、電気代を出したほかに掃除をしたり点検などもおこなうのだろうと思っていた。家庭ゴミを持ってくるアホがいたらどうしたらいいのだろうと余計なお世話にまで思いを馳せ、悩んだことがある。
 あらためて検索してみると、掃除や機材の点検、商品補充などをすべてまかせる契約方法をとれば、月に数千円の電気代を払うだけでいいらしい。あるいは、自分で機材を仕入れて設置工事の手配もし、飲み物は通販等で買って自分で補充——というパターンも可能らしい。一度に何台も設置するとか、何年もやるのであれば前者より利益は高いかと思うが、根性が必要になりそうだ。

 また、屋内設置でカップ式(たとえばボタンを押すとコーヒーができる)などは、機材の業者さんを通じて喫茶店の許可を取らないといけないようだ。屋外であのタイプを設置するのは衛生的に問題が生じるということなのだろう。屋内となると、屋外設置の飲料自販機のように不特定多数がふらっと利用することはあり得ないので、オフィスや学校など確実に利用者が存在し、かつ購入されたものが屋内ですぐ消費されることが前提となる。保健所としては、おそらくどこの都道府県でも、喫茶店の扱いにするのは自然のことだ。

 家のすぐ近くに、安価で、商品のラインナップが充実していて、かつ電子マネーが使える自販機が登場する日まで、わたしはこうしてふらっと「自販機について」などを検索しつづけるのだろう。
 そうこうするうち、冷凍食品やら、焼き菓子の自販機についても調べはじめるのだろうな。

「電通」とは、何の略称

 子供のころに謎だったのは「富士通」だった。ツウとはなんだろうと。だがしばらくして「世界の車窓から」という番組が有名になったので「そうか、交通機関のツウなのか」と決めてしまい、謎に思わなくなって忘れた(←よい子のみなさんは自分で検索しましょう)。

 その後、気になって仕方ない対象は「電通」になった。この「ツウ」はなにか。当たり前すぎて誰も元の名称を言わないので、ようやくこの年になってWikipediaを見ると(Wikipdia: 電通)、100年以上前に日本電報通信社という名称になり、その略称が電通だったとわかった。そんなに歴史が長い会社だったのか。

 個人的に、思い出がある。銀座のどこかにあった大きな広告会社に出かけた人と待ち合わせをしたところ、予定を遙かに超えて数時間以上もその人が足止めされた。わたしは銀座の山野楽器で、待てども待てどもやってこない人をどうしたものかと、途方に暮れたのだ。
 当時は携帯電話も一般的ではなかったし、仮に持っていたとしても相手が仕事中である可能性を思うと電話はできなかったわけだが、いまもときおり思い出す。最近になって「あの広告会社は、もしや電通だったのか」と聞いてみると、そうだったらしい。

 なにかと話題になってきた会社だが、9月27日は大きな葬儀をプロデュースすると聞いている。
 いまからでも規模を縮小して自民党主催の葬儀にしてもらいたいと、心から願っている。

不動産のサイトを見ていて思う

 この数年の住宅値上がりは半端ない。しかも新築の場合は、給湯システムや床暖房ほか、屋内に入れる予定だったシステム各種が新型コロナによる供給不足で部品調達が遅れるなどしているとも聞く。完成を待っているあいだに日数が過ぎ、あるいは以前なら検討対象ではなかったメーカーに変更するなど、いろいろな影響が出ているようだ。工期の遅れは価格で回収したいと考えるのが業界というものだろうが、価格に転嫁するにも人に買ってもらえないほどの金額は付けられない。

 界隈の物件だけを見ていても、供給しようとする量は多いようだが、はたして健全なタイミングで売れているのだろうか。新築なのに数ヶ月以上も売れていない家は、そこそこある。

 買う方の立場を想像しても、現在の高騰した時期に無理をして「数年後に売却しなければならなくなったとき、価格が下がって売れないのでは」という心配は、おそらくあるだろう。

 以前は新築と中古はかなり価格の開きがあった。だが現在に関して書けば新築と築浅中古物件は開きがなくなってきている。ならば築浅ではなくそこそこ古い物件を購入して少しずつ修繕するのはどうかと考えても、部品調達が難しいのは新築と条件が同じだろうし、以前よりもリフォーム代や期間がかかることは間違いないだろう。湿気の多い土地にある日本の家屋は、木造の場合はとくにだが、おそらく築30年弱が、売買のぎりぎりラインではないかと思われる。

 これで、東京都独自に「新築物件には太陽光発電を必須にする」というお達しを住宅メーカーに出した場合、価格がさらに上がる。住宅メーカーにしてみればそんなお達しが来る前に作ってしまったほうが気楽かもしれない。

 そろそろ、住宅情報サイトを頻繁に見るようになって、1年くらい経つように思うが、この1年のあいだでさえ、相場が数百万円くらい上がったように感じている。この高騰はいつまでつづくのか。

 いま住んでいる場所は好きだが、次の引っ越しについて頭を悩ませている。そろそろ賃貸を卒業したい気持ちは強いが、よほどの「訳あり」物件でもないかぎり持ち家も難しい。とくにこの数年は、手が出る金額ではない。