カーベ・カイザー「バウムクーヘンクラシッククンスト」

ずっと食べたかったカーベ・カイザー。以前に楽天の天満屋で特別なミニサイズが売られていたのだが(現在は取り扱いなし)、そのとき食べて以来、ずっと大きなサイズに憧れていて、ついに購入。

実は今日が引っ越し記念日だったので、月末に注文しておいたところ、日付指定もしなかったのにぴったり今日到着したという偶然。

木箱入り。上にはクッキーが乗せられている。
カーベ・カイザーのバウム カーベ・カイザーのバウム カーベ・カイザーのバウム

本体のサイズは 約 17 cm x 6 cm
重さは、クッキーと包装ビニール込みで 712g

ナイフに力を入れないと下までなかなか切れないずっしり加減。みっちりとしている。層のあいまにうっすらと見える色の濃い部分(水分?)が、まるでリンゴの蜜のように美しく上品。口に入れてからゆっくりと甘さがひろがってくる。

コーティングなし。一部の商品にあるような「これでもか」という卵の香りもなく、すべてにおいて控えめ。

ほかに「スタンダード」などいくつかのバウムクーヘン商品があるが、このサイズは大きくて木箱入り、5,565円。さらに高価な漆箱入り商品8,400円もあるらしい。

なお、スタンダードとクラシッククンストは(セコムの食などのサイトによれば)材料が微妙に違うが、漆箱などその他の商品との違いはわからない。

原材料:
トハンニュバター、卵、グラニュー糖、小麦粉、アーモンド、バニラビーンズ、洋酒、塩、シナモン
(原材料の一部に小麦、乳、卵を含む)

* トハンニュバターというのは、地名なのか銘柄なのか、ちょっと検索しただけではわからなかった。ご存知の方は、教えていただけると助かります。
++++++++++
* 翌日追記。コメント欄で情報をいただきました。tohogneという地名(おそらく)が、ベルギーにあるようです。正式な読み方は不明ですが、関連がありそうです。
+++++++++
* 6月中旬、追記。もうこの件はいいかとも思ったのだが、この記事はずっと見に来てくれる人がいるようなので、あえて書いておくことにする。
tohogneは「トオーニュ」と読むと、個人的には信じている。フランス語圏なので H は読まないし、ましてスペルが H なので 発音がファになるはずはない( ← これは絶対、ならない)。わたしはトオーニュだと思う。
++++++++++

賞味期限は、約20日。

参考リンク:
● カーベ・カイザー – 公式サイト、通販あり
● セコムの食のほうが、送料がお得(セコムの食は2020年春にサービスを終了)
○ 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る

● 以前にミニサイズを食べたときの写真(旧ブログ)
http://habopnt.whitesnow.jp/blog2/archives/001681.html

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。

「カーベ・カイザー「バウムクーヘンクラシッククンスト」」への2件のフィードバック

  1. わー、おいしそう。バターたっぷりなんですね〜(^o^)
    トファンニュ(Tohongne)発酵バターというベルギー産バターを
    webで発見しましたヨ。

  2. おちゃちさん、ありがとうございます!
    わたしも当てずっぽうのスペルでいくつか検索をしてみたんですが、ベルギー産はまったく盲点でした。なるほど。。。(^^)

    ひとくち食べたあと、いまは適度にカットして冷やしているところですので、冷たい状態でも食べてみようかと思ってます。楽しみです。

コメントは受け付けていません。