ハイネマンのバウムクーヘン (2014.11)

 前回とてつもなく好印象だったハイネマンの海外通販。今年はといえば、まさに受難だった。

 ○ 公式ページから英語メニューがいっさい消滅。ドイツ語のみ。
 ○ オンライン通販メニューが、どうも動かない。先方に問い合わせしたところ「これこれのボタンを、たとえ該当しなくてもクリックしてみてください」…おいおい、そんなん、問い合わせしなかった人は一生わからないと思うぞっ(!?)
 ○ 単価は仕方ないとして、注文確定寸前にやっとわかる日本への送料が、大幅値上げしていた(31ユーロから38ユーロに)。フォーラム会員の注文をとりまとめしていて3箱になったので、これだけで21ユーロの出費超過。割り勘が原則なので、これはわたしひとりの負担とはならないが、いちおう、参加のみなさんに説明した。
 ○ それだけの大幅値上げなのだから普通郵便ではなくてDHLにでもなったかと思ったら、普通に海外郵便だったので、しっかり10日かかった。ちなみにラビーンはいつもDHLなので、送料は高いが5〜6日で到着する。
 ○ 最悪の事態は、最後にやってきた。やっと到着したと思ったら、一部の商品は賞味期限が1日過ぎていた(!!) 。日本へ10日かかることを計算に入れず、普通のお客に売る分の在庫を入れてしまったに違いない。かなりショックだが、その商品の分だけは返金をお願いした。カードを通じた返金はかなり日数がかかるらしいが、ドイツの店は他国よりはまじめな人が多いから、返金するといった以上は、いつかは返ってくるのだろう。日本円にしてその分だけで1万円くらいである。早く返ってきてほしい。

 今回の最大の功労者はGoogle翻訳だ。英語とドイツ語間はかなり精度が高いので、その助けを借りつつ、通販メニューの確認や、その前後の問い合わせメールや賞味期限のクレームなどにおいて、先方とすべてドイツ語でやりとりすることができた。Google翻訳がなかったら、おそらくお手上げだった。

 さて、さんざん書いたが、味だけはよかったことを、もちろん書いておかねばならない。それに賞味期限が過ぎていたといってもフォーラム会員のみなさんは送料負担金のみの特売価格でお買い取りいただけたので(そしてみなさん美味しく食べてくださったということで)、まあ、あとは返金を待つのみだ。ふぅ。

 全員集合写真。今回注文したのは4種類だが(シュピッツはミルクとダークがある)、わたしの手元にはフォンダン4段とシュピッツのみなので、この画像にはチョコ4段が含まれない。チョコ4段は参加者への発送用となった。

ドイツのハイネマンから通販(2014)

 シュピッツはどれもだいたい10粒くらいで、重さは正味120g〜130g前後ではないかと思う。シュピッツは前回にかなり細かくレポートしたので、今回は省略。

 あ、そうそう、赤いリボンは、お店の方はもう少しきれいに結んでくださっていたことを、書いておかねばならない。わたしが撮影直前に間違えてほどいてしまい、あとできれいに結び直すつもりだったのに、うっかりそのまま撮影してしまった(笑)。

ハイネマンのバウム、フォンダン4段

 本体のみの実測 → 重さ 614g / 直径 13cm / 中心円 6cm / 高さ 11cm
 値段は24ユーロで、日本への販売の場合は税金の分だけ7%割引になる。

 せっかくの商品だが、フォンダンがかなりやわらかだったこともあり、きれいにはがすことができなかったのが残念。

ハイネマンのバウム、フォンダン4段

 さて、周囲はフォンダンなのだが、わたしの気のせいでなければ、上部に貼りつけてある黒チョコと本体のあいだに、白チョコが塗られていたような気がする。接着剤の代わりかもしれないが、最初に黒チョコをはがそうとしてナイフと指にその部分がついたので、何となくなめてみて「この白チョコみたいな味は!? 間違えてフォンダンではなく白チョコ商品を買ったのだろうか」と、目が点に。だが本体に塗られていたのは、たしかにフォンダンだった。う〜む、この部分、気のせいなのかどうか…?

ハイネマンのバウム、フォンダン4段

 前回チョコ4段を食べたときほどのすさまじいインパクトはなかったのだが、やはり、生地は美味しい。焼けているのに全体が白くて、バニラビーンズがはっきり見えるほどの上品な色だった。フォンダンも甘すぎず、口溶けがよかった。

 ただ、このお店はもともとチョコレート製品で有名なので、チョコ味のほうが扱いがうまいのだろうか。前回の「ジャムとチョコの絶妙なバランスがーっ」と叫びたくなるほどの感動は、なかった気がする。いやいや、通販そのものがスムーズだったら、おそらくわたしは今回も感動していたのだろう。

 賞味期限は、1種類は手違いで切れていたが、ほかのものは到着後1週間〜10日くらいだった。

 注文までと注文後、そして到着後と、いろいろな経験をした今回の通販。正直なところ何回も気持ちがへこんでしまった。だが、みなさんによろこんでいただけたようで、何より。

 次回の海外通販は1月ころに別のお店を検討中。フォーラム会員のみ、声をかけさせていただく予定。

原材料:(あくまで個人訳)
フォンダン 4段
卵、砂糖、バター、小麦粉、アーモンド、カカオバター、全乳粉、精製カカオ、乳糖、乳化剤:大豆レシチン、キルシュワッサー、あんず、グルコースシロップ、保湿剤:ソルビトール液、バニラ、レモン、塩

チョコ4段
卵、砂糖、バター、小麦粉、アーモンド、精製カカオ、カカオバター、全乳粉、乳化剤:大豆レシチン、キルシュワッサー、あんず、グルコースシロップ、保湿剤:ソルビトール液、バニラ、レモン、塩

シュピッツ(ダーク)
卵、バター、砂糖、小麦粉、アーモンド、精製カカオ、カカオバター、全乳粉、乳化剤:大豆レシチン、キルシュワッサー、グルコースシロップ、保湿剤:ソルビトール液、レモン、バニラ、塩

シュピッツ(ミルク)
卵、砂糖、バター、小麦粉、アーモンド、カカオバター、全乳粉、精製カカオ、乳化剤:大豆レシチン、キルシュワッサー、グルコースシロップ、保湿剤:ソルビトール液、レモン、バニラ、塩

 参考リンク:
○ ハイネマン公式サイト – 案内、通販メニューともに、現在はドイツ語のみ

○ バウムの書 – バウムクーヘンのデータを掲載しています。フォーラムでは秋冬に海外通販をすることがあります。
○ 楽天市場で、バター使用のバウムクーヘンを見る

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.