大阪「クラージェ」のバウムクーヘン

 12月に「そのまんま通販のサイトからアントルメ菓樹さんがなくなったんだぁ、へぇ…」と検索したら、代わりにこちらのバウムクーヘンを発見。さっそく注文。見たからにわたし好みで、しかもどっしりとしていそうな雰囲気。

 (注文し、到着したのは12月の中旬。12月下旬に食べたものを遅れて掲載)

 シンプルで重厚な蓋を開けると、そこには上品な薄い紙に包まれた長方形バウムが。

クラージェのバウムクーヘン

クラージェのバウムクーヘン

 見た目がどっしりしているだけではなく、実際の重量もすごい。
 重さ 502g / 長さ 18cm / 幅 8cm / 高さ 5cm で、価格は2000円。コストパフォーマンスよし♪
クラージェのバウムクーヘン

 どっしりとしているのだが、なめらか。やや堅さが強く感じられたのはおそらく冬の室温だったためで、春や秋に食べたら、違った印象になるはず。
 バターのほか、後味には満足できるアーモンド感。
クラージェのバウムクーヘン

 原材料は … 卵、砂糖、バター、小麦粉、ローマジパン、洋酒
 … 何ともシンプル!

 賞味期限は10日間。

 こちらのお店は、全体の印象として硬派で無駄なしのように思える。メールもあっさりしているが、箱はシンプルでも頑丈で、内側の薄紙はちょっとエレガント。こういうお店は、とても好ましく感じる。またいつか、ぜひ食べたい。

 参考リンク:
○ クラージェ – (2019年現在、リンク消滅)

○ バウムの書
○ 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを見る

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.