バウムクーヘン2種(広島県の無花果、和歌山県のポットベリー)

 今月はバウムの在庫が多めにあってうれしい悲鳴なので、いまのうちに2件ほどまとめ掲載しておきたいと思う、まずは元日に開封した広島県「無花果」の廣島バウムクーヘン、つづいては和歌山県のポットベリー。

 年末年始のどたばたで慌ただしく撮影したため、たった2枚のご紹介になってしまうが、わたしがどれだけ無花果さんのバウムクーヘンを楽しみにしていたかは、書き始めると長い。この2年くらいのあいだだけで、無花果さんが新宿に催事でお越しの際、うっかりミスで二回も買い逃したのだ。。。あまりのショックで、次こそはとマークしていたが、そのあといくら待っていてもチャンスがなかったので、正月用として年末に購入しておいた次第。これと一緒にレモンコーティングが人気の「またきて四角」も購入して、決済は代引き。

 手前に写っている長方形のバウムが、今回の廣島バウムクーヘン。奥は円筒埴輪バウム。

 サイズは… 430g / 長さ 28cm / 幅 6.5cm / 高さ 3cm
 購入価格は、1620円。
広島県「無花果」の廣島バウムクーヘン(手前)

 みっちりとしていて、食べごたえがある。表面のアーモンドもよいアクセント。スライスアーモンドを貼る商品は、他社製品にはあまり見かけないもののように思う。
広島県「無花果」の廣島バウムクーヘン(カット)

 原材料
 バター、砂糖、卵、小麦粉、アーモンド、水あめ、バニラ、コーンスターチ、生クリーム、リキュール、ベーキングパウダー
 実は、今回はうっかりデータを紛失してしまい、Facebookでバウム友の方に教えていただいたり、お店の方にメールで問い合わせたりなど、たいへんお世話になった(…おかげさまで掲載できます、ありがとうございます…)

 賞味期限は2週間と少しのものが到着。

 注文方法としては、お店のサイトにFAXの注文用紙見本があるので、そこに住所や希望の商品を記入し、FAXした直後に店に電話で「届いていますか」と確認。送料などを伺って、注文確定。今回は代引きにしたが事前振り込みの場合は郵貯に入金するらしい。お店の方には丁寧に応対していただいた。

 さて、こちらはポットベリー。そのまんま通販というオンラインショップにて取り扱い。
 サイズは 309g / 直径 10cm / 中心円 5cm / 高さ 8cm
 値段は 1726 円、賞味期限は約3週間。

 そのまんま通販のサイトではクール便の料金で案内が出ていたので、事前にその金額で振り込みしたところ、冬で常温便ということで、のちにクール分の料金をご返却いただいた。

和歌山県「ポットベリー」

和歌山県「ポットベリー」

 これは、かなり好きなタイプの表面。かりっとしていて、砂糖が薄い。かぎりなく「コーティングなし」に近い状態。年末の円筒埴輪バウムもそうだが、わたしはこの手の表面に弱い。この時期に買ってよかった。おそらく夏だと味わいが違ったのではないかと思う。

 原材料は
 たまご、小麦粉、発酵バター、砂糖、マジパン(アーモンド)、エバミルク、ラム酒、レモン、食塩、バニラスティック。

 まだ食べ終わっていないが、これはまたいつか、ぜひ食べたい。

参考リンク:
○ 無花果 – 公式サイト、通販メニューにバウムクーヘンはないので、電話か、サイト内のどこかにあるFAX用紙を探してください。
○ ポットベリー – 公式サイト、通販は「そのまんま通販」内。
○ バウムの書 – バウムクーヘンのデータを掲載しています。

○ 楽天市場で、バターを使ったバウムクーヘンを新着順に見る

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。