バウムトルテと焼き菓子@三軒茶屋のムッティスクーヘン

一部の方々にはすでにお話ししてあるが、今週は要介護老人がショートステイに出かけているため、わたしは待ちに待ったココロの休暇。昨日も今日も、歩いては買い物、立ち止まっては買い物をくり返している。明日は雨で寒いようだが、決心がにぶらなければ明日もまた買い物(^^)。

今日の用事は赤坂と三軒茶屋。昨日の昼間に偶然Facebookで美味しそうな焼き菓子画像を見つけた。自宅の一部でドイツ菓子販売をしているという三軒茶屋の「ムッティスクーヘン」(ママのお菓子)。ここなら、以前から用事があった赤坂と同じ日に、短時間でまわれる。

お店の方にFacebookから質問すると、バウムトルテは明日(つまり今日)ならあるとのこと。いつも必ずあるというわけではなさそうだったので、念のために尋ねておいてよかった。そして今日を逃すと、明日と明後日はイベントのためお店を閉めるということなので、チャンスがなくなってしまう。お返事をいただいて、すぐさま、今日の予定を組んだ。

個人のご自宅の一部ということもあってか、公式サイトにも、あまり大々的には住所を公開されていない。もちろん、地図は載っているのだが、住所の細部までを文字として書いているわけではないので、ねんのためiPhoneで、食べログにあった地図をいつでも表示できるようにして出かけた。

心配していたが、実はかなりわかりやすい場所。三軒茶屋の駅から北上し、左側にサミット(スーパーマーケット)が見えてくるまで歩く。だいたい10分くらいか? そしてサミットがもう少しというところで、地面の低い位置を見ていると、これが置いてある。

その方向を見て、少し歩くと、今度はこれが見える。

矢印にしたがって進むと、ご自宅の庭に到着し、そこにお菓子が並べてあった。お店の方もすぐ出てきてくださった。

お店の方と少しお話しをしながら、連れと相談し、これらを購入。
バウムトルテとりんごのパイ(便宜的にパイと書くがシュトゥルーデルのようにあっさりした薄いもので、こてこてバター生地ではない)が350円ずつ、そして焼き菓子が200円と250円で、合計1500円。

短い時間だったが、とても楽しくお買い物できた。
(お店の方、ありがとうございました!)

帰宅後、さっそくこの三つを食べてみた。

すでに上で書いたが、りんごのパイは、ほとんどがりんご。やわらかく、酸味のほどよく残るりんごだった。

バウムトルテは、写真ではよく伝わらないかもしれないが、けっしてちまたのミルクレープのようなソフトなものではなく、しっかりと火が通っており、かといって強くぱさつくほどではなく、こちらも心地よい舌触り。実はこの三つも含めてお菓子はすべて箱ではなく紙袋に入れてもらったのだが、長歩きのあいだときどき乱暴に扱ってしまっても、この通り、ほとんど型崩れしないで自宅に持ち帰れた。

焼き菓子ふたつは、クグロフとリンツァートルテ。こちらは明日にでも食べるとしよう。

参考リンク:
○ ムッティスクーヘン – 公式サイト
臨時休業やイベントのための閉店については、Facebook版(公式サイトからリンクされている)を参照のこと。

このあと、三軒茶屋駅前のマクドナルドで遅い昼食(チーズ入りグラコロ)を食べたり、赤坂の用事のあとで表参道から原宿まで歩いたりと、楽しい午後になった。

明日も、よほど天気がひどくなければ、別の方向に出かける予定があるので、何かレポートするかもしれない。

投稿者: mikimaru

2021年現在「バウムの書」、「お菓子屋さん応援サイトmikimarche」などのサイト運営に、力を入れています。 かつててのひら怪談というシリーズに参加していたアマチュア物書き、いちおう製菓衛生師の資格を持っています。 バウムクーヘン関連や、昔からの知人には、「ちぇり」もしくは 「ちぇり/mikimaru」を名乗っています。