築地市場の移転

都も、本気で移転するつもりでまったくその姿勢にブレがないというのなら、こういう態度はやめたほうが身のためだと思う。
「誤解招いた」都が関係者に謝罪 築地市場移転問題

 築地市場(東京都中央区)の移転予定地から高濃度の発がん性物質が検出されながら都が専門家の会議に報告していなかった問題で、都側は27日、市場の仲卸業者など業界代表者に「情報開示のタイミングの読みが甘く、誤解される結果になってしまった」と謝罪した。

この記事によると、8月に言うつもりだったんだそうで。

え〜っと、いま1月ですが…? 7ヶ月後まで、そんな話を大人しく待てと。ほぅ。。。当事者をなめているというか、なんでしょうね、あきれて物が言えない。

前回の都知事選の際に、出馬した他の候補らが「築地移転反対」という公約をあげたので、それまでまったく移転の再検討など匂わせなかった石原都知事(当時&現職)が、化学物質などの問題があきらかになれば再検討もやぶさかではないような発言をしたと思う。だが、当選したとたんにほっとひと息ついて、態度をそれまで通りにもどした。テレビに映し出されたあの姿勢は、文字通り「ふんぞり返って言いたいこと言っている」としか見えなかった。

築地の老朽化など大事な問題があるのは理解できる。その場に市場が存在したまま改修を行える規模ではなさそうだとも、伝えられている。だが移転先が現状で汚染されていて、扱う商品は食品だということを考えれば、予定通りに進めていく姿勢にまったくの変化がないのは、なぜなのかと思える。

移転に向けて動いて(動こうとして)いるマネーを、いまさら止められないといったことが、ひとつの大きな理由なのではないだろうか。

現状の都の方針と対応を見ているかぎりは、数年後「豊洲はきれいになりました、汚染されていません」と言われてたとしても、それをそっくり素直に信じることは、おそらくできない。

定額給付金、やめなさいってば

一説には交付のための手数料が860億円とも1000億円とも言われる定額給付金。さっさと廃案にしろと言いたい。

Yahoo! ニュース内定額給付金によると、

定額給付金、分離要求を拒否=河村官房長官
 河村建夫官房長官は28日、山口市で記者会見し、民主党が2008年度第2次補正予算案から定額給付金に関する部分を切り離すよう求めていることについて、「内需拡大の一環として総合的に出している。家計の中では織り込み済みで、これを廃案にするもくろみに乗るわけにいかない」と述べ、応じられないとの考えを強調した。

——だそうだが、高齢者と子供は20,000円、それ以外はひとり12,000円で、それっぽちの金額を”アテにしている人のために案に固執する”と言われているわけで、バカにされているような気がする。

そりゃあ、12,000円は多くの人にとって高額だけれど、無駄が多くて効果がないと指摘されているのに、それをアテにしている人がいるから取り消さないって、アホじゃないだろうか。

世紀の愚策。マリー・アントワネットが言ったとされる(実際には言っていないらしいが)「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と同じくらい滑稽だ。暴動が起きてからでは遅いということが、わからないのだろうか。

給付額と合わせて2兆1千億円もかけるというのなら、いますぐ「米、灯油など日常の必需品を期間限定で2割引してみろ」と思う。それで内需が拡大するよ、ふん。

ネットで大衆薬が通販されなくなる?

昨日、楽天市場のアフィリエイトのお知らせメールに「書名のお願い」とあったのだが、厚生労働省が根拠のない規制をかけようとしているという。具体的な実害や法的な問題を提示しないまま、市販薬の67%にあたる1類医薬品、2類医薬品を2009年6月から通販禁止にする予定でいるのだとか。

ここで署名をしてもらえないか、ということだった。
https://common2.rakuten.co.jp/form/medicine/net_signature/

この件に関する記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000011-cbn-soci

育児や介護など、時間のやりくりとして外出の難しい立場の人が、薬局に行かずに風邪薬ほか一般的な薬を常備しておきたいと考え、通販するのは便利なことではないだろうか。何が問題なのだろう。

そして、時間的な問題ではなく、なかなか出かけられない立場の人というのもまた、実在するのだ。薬局のある場所まで(物理的に)出かけることが困難な人、交通手段のない人もいるだろう。

問題を提示せずに規制だけ急ごうというのは、かなり危険だし、「要らんことするな、ほかにやることはあるだろう」という声があちこちから聞こえてきそうだ。

わたしがまだ署名していないのは、もう少しよく調べて理解を深めてからにしたいということと、楽天のお知らせメールにあった文面が引っかかるから。これはとても社会的に問題のあることなのに「販売されなくなったら、アフィリエイトで紹介してくださっている皆さんも収入が減りますよ」の文面。

あのね、楽天さん。要らんこと書かないでください。。。社会的に問題であること、それによって困る人が出てくる問題においては、説明されれば人は動きます。義憤に駆られるって言葉をご存知ですか。お金の話とかちらつかされると、かえって低く見られているように感じますよ。

容疑者は出頭したが

厚生労働省(当時はおそらく厚生省)の元事務次官宅襲撃事件だが、おとといの夜に容疑者が出頭した。証拠物件をそっくりレンタカーに積んできたそうだが、動機をはじめとして、どうも全体像が見えない。

不謹慎かもしれないが、想像できる今後を少し書いておく。

犯人は自分だと証拠をすべて車に積んで持ってきて、おとなしく供述し、起訴されて、裁判になったとたんに別の何か(真犯人は別にいるなど)を申し立てたり、狂気を装って精神鑑定に持ちこもうとするのではないだろうか。もし共犯がいるにしても、今後の調べはすべて出頭してきた小泉なにがし容疑者を中心にすすめられるわけで、裁判がはじまるころになれば他者の関与した証拠は見つけにくくなることだろう。

だいたい、乗りつけた車の中にもうひとりの人名を宛先としたダンボールがあったというのも、出頭前日くらいに新たな名前を調べておいて「書いてみただけ」という可能性が捨てきれない。実際に狙っていたという確証とはならないかもしれない。

こんなことを考えるのは、なぜだろうか。

わたしをはじめ、世の中の何割かの方々は、現在出頭してきている男をそのままの理由(幼少時に犬を保健所で処分されたことへの恨み)で犯人であると思いたくないのかもしれない。あまりにもばかげている。裏がある、共犯がいると思いたいのかもしれない。このままではあまりにも犠牲者が哀れすぎるからだ。

宅配便業者、配達に支障

元厚生労働省事務次官やご家族が襲われる事件が2件起きた影響で、宅配便業者がドアを開けてもらうまでに時間がかかったり、管理人に預けてくれとインターホン越しに(本人から)言われたりするケースがあるのだそうだ。

事件はたいへん痛ましいもので、とうてい許されることではないが、被害者のご家庭が届け物が多いところに目をつけたこの卑劣な犯罪によって、多くの一般家庭を恐怖に陥れ宅配業者への不信感をいだかせたことへの社会的な影響は、はかりしれない。

わが家は予測していない荷物が届くことはまずないが、だいたいにおいて配達の人の声や配達の時間帯を把握しているため、大きなトラブルはなく過ごしている。

一日も早く事件が解決し、平穏な日々がもどってくれることを願っている。

けっきょく、ばらまく?

世紀の愚策と思われる12,000円のばらまき、けっきょくほんとにやるんでしょうか?
誰も本気で止めないの?

配るためにかかる手数料、人件費、いろいろなものはすべて税金(←払ってる人たちの懐から出るお金)でまかなわれるわけで。。。そんな思いをしてどうにか現金が12,000円もらえても、そのあとには増税(消費税)が待ちかまえている。地方公務員の時間と労力をそんなことのために使うんだったら、同じ金額でもっと意義のあることは、いくらでも思いつくはず。

1ヶ月くらい、何か特定のものを値下げするとか。
医療や福祉関係者の労働時間の緩和や、待遇の改善をするとか。
地方でひとり暮らしをする高齢者などの福祉対策を厚くするとか。

ああ、書いていてむなしくなってきた。しょせん会員制のホテルのバーで飲んで「安い」とか言う首相だもんな。。。

日本通訳協会が閉鎖発表

asahi.comより
日本通訳協会が閉鎖発表 あす実施の通検試験は中止

わたしは大昔、英語に関係ある資格試験は片っ端から受けていた時期があるのだが(英検、商業英語試験、通訳検定の下のほう、英語にそんなに関係ないけど秘書検定…)通訳検定の上のほうといえば、難しい試験の代名詞として、あこがれていた。

う〜ん、あんな地味そうで、たいして手広く事業してそうに見えなかったところでも、つぶれるときはつぶれるんだね。。。

つくば市の医療ミス賠償訴訟、患者側勝訴

手術ミス賠償訴訟、患者側が勝訴 茨城・つくばの病院

 茨城県つくば市の筑波メディカルセンター病院で99年に受けた直腸がん手術で後遺症が残ったとして、患者だった同市の男性が病院側を相手取り、慰謝料など約3515万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、水戸地裁土浦支部であった。中野信也裁判長は「手術に使う器具で腸管を損傷させた可能性がある」と手術ミスを認め、病院を運営する財団法人筑波メディカルセンターに約1367万円の支払いを命じた。

先週の木曜くらいだったか、テレビでこの事件のあらましを紹介していた。患者は手術後2週間の意識不明、集中治療室において一命をとりとめたが、退院後に肉眼ではっきりわかる傷痕(穴)が残った。別病院の医師にそれを確認したところ、そこから見えているのは腸だったとのこと。

男性は裁判官から心ない言葉で和解勧告を受け(勝てない裁判で長引くより、いまのうちに早くカネをとれ…大意…といった内容だったらしい)、その心痛もあって1ヶ月後に病院の前で焼身自殺をした、とのことだった。

ただでさえ長引く日本の裁判だが、医療裁判は専門的な見解が一般人にはわかりづらい上、原告が著しく健康を害していた場合には本人が最後まで見とどけることが困難というつらい面がある。裁判の迅速化が望まれると同時に、医療問題を的確にプロの目で仲裁もしくは助言してくれる第三者機関の存在がほしいところ。そういったものはすでに何度も検討されているのだろうが、早く実現してくれることを祈っている。

ジャパンスネークセンター

原宿の事件で(アパートのプラスチックケースで51匹の毒蛇を飼っていた男が逮捕された件)引き取られたヘビが展示されているという、ジャパンスネークセンターについて検索したら、こんなおもしろいページがヒットした。

『ジャパン・スネーク・センター』 蛇だらけへ、勇気を持って進む

ヘビの写真が苦手な人は見ない方がいいだろうが、それより何より、これを書いた方のギャグセンスに脱帽すると同時に、センターのしょぼさ(老朽化?)が気になってしまう。もう少し手をかけたほうがいいのでは。。。

実はわたし、おさないころにここに出かけたような気がしてならない。群馬県のどこか(たぶん記憶では太田だったのでここでほぼ間違いないだろう)に、ヘビが展示されている場所があって、なぜかポスターには恐竜がいっぱい描かれていた。親に「恐竜がいるのかどうか係の人に聞いて」としつこくねだり、気の毒な親はほんとうに聞かされたのだが、いるわけない。当時は20世紀の世の中だ(笑)。あのポスターはなんだったんだろ。

でも、親も気の毒だったけど、やはりポスターに問題あったよなぁ。

ロスの事件に思うこと

サイパンからロスに移送された三浦(元・アメリカでの)容疑者、まさか自殺ということになるとは…。ご冥福を心からお祈りする。

日本の司法当局がアメリカの今回の裁判に資料提供などの協力をしたのかどうかは失念したが、三浦さん側が強く日本政府に捜査協力をしないよう訴えかけていたのは覚えている。よく考えてみれば、自分たちの国で無罪になった人間がアメリカでまた逮捕されたわけで、協力するのは(するとすれば)たいへんおかしな話だ。

アメリカの検察がどんな証拠を持っていたのかは不明だが、すでに老年に近づいていた三浦氏が、さらにアメリカ国内で長期にわたり拘束、そして裁判の結果如何によっては長期の服役になりかねない状況は、年齢的・精神的にあまりに酷であったといえる。

たしかに、日本国内で(殺人事件の本体としては)無罪といっても、それ以前の殴打事件で服役したほか、拘置期間が長かったように思う。Wikipediaの記述によれば合計で16年のあいだ社会から隔絶されていた。それだけの期間の拘束と社会的な制裁にくわえて、アメリカでの新たな長期裁判とそれにともなう拘束は、おそらく他人が想像できるような苦しみではなかったはずだ。

無罪なら戦えばいいと、理屈をいうのは簡単だが、その拘束そのものが正当であるかについても、疑問の余地がある事件。

なぜ、自殺をとめられなかったのか。なぜ、(殺人罪ではなく)共謀罪での立件は法的に問題なしとの見解が(アメリカの司法当局の判断として)なされたのか…。この先ずっと、深い問題を投げかける事件となった。